パタヤ近況

パタヤのバーツ両替レートとアンヘレスのペソ両替レート

投稿日:

フィリピン・アンヘレス旅行からパタヤに戻り、いきなりの体調不良で一週間近く寝込んでしまった。
昨日ようやく回復したので、パタヤの街を少し見て回った。
気になるのが両替レート。ここ最近はバーツのレートを全然チェックしていなかった。
アンヘレスでの両替レートも合わせて見比べる。
円安はつらいよ。

広告



パタヤの両替レート

昨日のTTカレンシーの両替レートがこちら。

1円=0.2607バーツ

つまり、1万円=2607バーツとなる。

相変わらずの低水準となっている。
2500台に落ちないだけマシか。

ざっくりと、1バーツ=3.8円

あと、円以外を見て驚いたのが、USドルとユーロがほとんど同じレートということ。
1ドル=36.20バーツ
1ユーロ=36.25バーツ

1ドル=1ユーロってことになる。
それだけドルが強いってことなんだろうけど、いつの間にこんなことに。

アンヘレスの両替レート

これは先週のアンヘレスのフィールズアベニューの両替レート。

1万円=4020フィリピンペソ

なんとまあひどいレートか。
(ドルは、100ドル=5550ペソ)

前回2019年8月アンヘレス訪問時は、1万円=4850ペソで、ドルは5190ペソだった。
円は大幅に下がり、ドルは大幅に上がった。
この3年で、というか、ここ数ヶ月の円安ドル高で一気に動いたのだと思う。
ドルで資産を持っておけばなあと後悔してももう遅い。

現在は1ペソ=2.5円で計算しないといけない。
1ペソ=2円が当たり前だったのに、もうそれは昔の話。

円安と開国

現在のレートはこうなった。

1バーツ=3.8円
1ペソ=2.5円

10年前は1バーツが2.5円だったのになあ。
今や1ペソが2.5円だ。

ちょっとだけ昔を知る人間にとっては、本当にこの円安はしんどい。
しかもパタヤもアンヘレスも物価が上がっている。
アンヘレスの夜遊び相場は確実に上昇していた。BF4000となっているのでちょうど1万円だ。
10年前は3000円で遊べたのにねえ。

と愚痴ばかり言ってもしょうがない。
これが現実だ。

タイもフィリピンも国を開いている。
簡単に入国できる。
そして、日本も陰性証明書をいよいよ免除する。日本人にとって絶好の海外旅行の好機が訪れる。
円安はきつい。たしかにきつい。きつすぎる。
タイもフィリピンも物価が上がっている。これまたきつい。
でもパタヤもアンヘレスも生き残っている。普通に遊びに行ける。
2,3年ぶりにパタヤやアンヘレスへ行きたいと考えている人は多いはずだ。
円安と物価高は本当にしんどいものがあるけれど、パタヤとアンヘレス好きは負けずに訪問してみよう。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.