フライト情報

スクートが東京・バンコク線運航開始へ10月30日より

投稿日:

シンガポールのLCCであるスクートが、日本-タイ-シンガポールを結ぶ新しい路線を運航開始予定。
成田発バンコク経由シンガポール行きだ。
成田からスワンナプーム空港へ直行便利用できる。

広告



スクートの成田-スワンナプーム線運航開始へ

Scoot(スクート)が、東京(成田)-バンコク(スワンナプーム)直行便を10月30日に運航開始する。
毎日運航。
機材はボーイング787-8ドリームライナーを予定。


(Travel Newsより)

シンガポール-バンコク-東京というルートとなる。
東京-バンコク間は直行便利用が可能だ。

TR850 シンガポール発22:05-バンコク着23:45 バンコク発01:00-成田着08:50
TR851 成田発10:10-バンコク着15:20 バンコク発16:20-シンガポール着20:00

タイのメディアでは報道されているが、スクートのホームページや日本のメディアからの発表はまだない。
現在運航開始に向けて準備中のようだ。
まだチケットの販売はしていない。
正式決定というわけではないので、この先変更になる可能性あり。

スクートの日本路線

スクートでは、成田-シンガポール線が8月1日運航再開になったばかりだ。

flyscootのSNSでは運航再開の様子を伝えている。


⇒https://twitter.com/flyscoot

TR809 成田発10:00 シンガポール着16:30
TR808 シンガポール発01:00 成田着08:55

現状では、成田からシンガポール経由でバンコクへ行くことも可能。
10月30日以降は、成田から直接バンコクへ行けるようになる。

ちなみに、パンデミック前までは、成田発バンコク行きはドンムアン空港を利用していた。今回の新しいフライトはスワンナプーム行きとなるため、新しい路線といえる。
以前もバンコク経由シンガポール行きだったのは同じだ。

スクートの関空-シンガポール線は9月1日運航再開予定。

TR819 関空発15:15 シンガポール着21:30
TR818 シンガポール発06:25 関空着14:10

以前は関空発バンコク経由シンガポール行きを運航していたが、パンデミックとは関係なく、2019年に運航を取りやめていた。
スクートでは関空-シンガポール線の再開は予定しているが、関空-バンコク-シンガポール線の運航予定は発表されていない。

なお、2022年8月時点では、日本からタイへのLCC路線は以下のとおり。

ZIPAIR 成田発スワンナプーム行き
タイ・エアアジアX 成田発スワンナプーム行き
タイ・ベトジェットエア 福岡発スワンナプーム行き

10月にはタイ・エアアジアXが、関空-スワンナプーム、札幌-スワンナプームを運航開始予定となっている。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.