フライト情報

ANAの燃油サーチャージがさらに値上げへ

投稿日:

6月1日発券分より燃油サーチャージが大幅に値上げされた。
特にJALとANAの値上げ幅は大きく、日本とタイの往復では2万円ほどの値上げとなった。
ANAは、8月1日発券分からの燃油サーチャージについて早々に発表。
さらに値上げされることになった。

広告



ANAの燃油サーチャージ値上げ

6月13日付けで発表されたANAの燃油特別不可運賃(燃油サーチャージ)の新しい告知。
2022年8月1日から9月30日までの購入分に適用される。


https://www.ana.co.jp/ja/jp/book-plan/charge/fuelsurcharge/

1区間片道あたりの額だ。運賃とは別にかかる。

日本からヨーロッパや北米に行くには往復で98,000円の燃油サーチャージとなる。

日本とタイでは片道25,800円で、往復なら51,600円。
6月1日から7月31日購入分までの燃油サーチャージは、日本-タイで片道20,400円、往復40,800円。
同じフライトであっても、8月1日以降に購入すると、片道5,400円、往復10,800円高くなる。

ちなみに5月31日購入分までの燃油サーチャージは往復で19,400円だった。
6月1日から7月31日が、40,800円。
8月1日からは、51,600円。
5月と8月を比較すると、実に3万円以上の値上がりとなる。

レガシー他社とLCC

JALとタイ国際航空の燃油サーチャージについてはまだ発表がない。
JALは近々発表しそうだが、タイ国際航空はもっとあとになるだろう。

現在のエネルギー問題をかんがみると、値下げされることはちょっと考えにくい。
この先、どこまで上がっていくのか。

各国の開国にともない、フライト需要は高まっている。
すでに安いチケットは取りづらくなっている状況に加えて、燃油サーチャージの値上がり。
海外旅行好きにはつらいところだ。

LCCの場合は、燃油サーチャージ込みの運賃となっている。
燃油代が上がれば、そのぶん運賃に上乗せする形となろう。

現在、日本とタイを結ぶLCCはZIPAIRのみとなっている。

来月にはタイ・エアアジアXが東京(成田)・バンコク(スワンナプーム)路線を就航開始させる予定だ。
7月の運賃はすでに高くなっている。これは単純にシートが少なくなっているのが原因かもしれない。
タイ・エアアジアXは、10月には、関空-スワンナプーム、札幌-スワンナプーム路線がそれぞれ運航開始予定。
本当に飛ぶのかはまだ不透明だが。

LCCも基本運賃を値上げする可能性がある。
販売価格には注視を。

8月以降に海外旅行予定があるなら、早めに航空券を買っておいたほういいかもしれない。
7月31日までに購入するなら現行の燃油サーチャージ代となる。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.