タイ入国情報

どうなる5月のタイ入国規制緩和?PCR検査とタイランドパスとTest&Goの廃止は?

投稿日:

タイでは5月に入国規制の緩和が予定されている。
明日4月22日に開催されるプラユット首相を議長としたCCSA本会議で決定される見込みだ。
本会議に先立ち、観光スポーツ省、タイ国政府観光庁、保健省大臣、疾病対策局、首相府、国家安全保障会議などから、それぞれ規制緩和に関する話が出ている。
すべて未決定の提案段階のものだが、言うことが微妙にばらばら。
明日の本会議での最終承認を待つしかないが、気になる人も多いだろうから、情報をまとめておく。

広告



タイ入国規制緩和提案

首相府報道官によれば、4月22日に首相を議長としてCCSA本会議を開催する。
海外からの入国者の感染は少なく、国内感染も制御可能なレベルにある。ただ、感染予防措置はさまざまなレベルで調整する必要がある。経済復興を進め、入国規制を緩和し、開国に備える。
これが首相の意向とのことだ。

保健省や国家安全保障会議から規制緩和に関する提案事項が明らかとなっている。
まだなにも正式決定となっていないが、提案されるであろう事柄についてまとめる。

・ワクチン未接種者の隔離検疫期間短縮
現行ルールでは、ワクチン非接種の隔離検疫期間は5日間となっている。これを短縮する方向で検討する。

・Test&Goの調整
観光省はタイランドパスとTest&Goの終了を提案すると述べていた。アヌティン保健大臣は明日のCCSA本会議にていTest&Goの廃止を提案するとのこと。ただし、CCSAの運用責任者でもある国家安全保障会議事務総長は、現時点ではTest&Goとタイランドパスの即時終了はできないが、調整は必要だと述べている。

・PCR検査をATK検査へ置き換えないし検査廃止へ
現行Test&Goでは、タイ入国後に事前予約したホテルでのPCR検査が求められているが、これを空港到着時のATK(迅速抗原検査)に変更する。もしくは、検査自体を廃止する可能性がある。

・陸路国境のフルオープン
タイ国内すべての陸路国境を開放することを検討。現在は、ノンカイ、ウドンタニ、ソンクラー、サトゥーンに限られているが、これを全国に拡大する。空路入国と似たような入国ルールになるが、制限はより少ないだろうとしている。

・5月1日開始
新しい入国規制措置は、よほどの状況悪化がないかぎり、5月1日に発効するだろう。

ざっくり以上のような内容だ。

どうやら、タイランドパスとTest&Goの5月1日終了はさすがになさそう。
でもPCR検査のATK検査への変更ないし検査撤廃の可能性は高そうだ。
PCR検査がなくなれば、Test&Goでの到着日のホテル宿泊も不要となるだろう。
現行の2万ドル以上の医療保険加入義務がどうなるかについては情報がない。1万ドルに下げるという案が有力のようだ。一気に撤廃もありうるが、ATKでの検査を行うなら陽性者への隔離治療代が必要となるため、医療保険加入義務は継続となるかもしれない。

タイランドパスとTest&Goが継続となるものの、PCR検査が不要となり医療保険加入がなおも義務ならば、Test&Goでのタイランドパス申請登録内容は以下のようになるだろう。

・パスポート
・ワクチン接種証明書
・医療保険加入

かなりシンプルになる。

本日4月21日にCCSA小会議にて提案内容について予備議論が行われたようだが、詳細はまだ明らかとなっていない。
決定するのは明日22日のCCSA本会議においてだ。

タイ国内規制緩和・娯楽施設再開

入国制限だけでなく、タイ国内の規制措置についても緩和が検討される。

・濃厚接触ルール緩和
現行の濃厚接触ルールでは濃厚接触者の隔離期間は7日間だが、これを5日間に短縮する。

・学校再開
学校での対面授業を再開できるようにする。

・ゾーニング見直し
感染状況に応じた色別ゾーニングを見直す。具体的には、店内飲酒が不可となっているオレンジゾーンを減らすことになるだろう。

・娯楽施設再開は見送り
バーやパブなどの娯楽施設の再開を求める声をは大きいが、即時再開は難しいと保健省疾病対策局。ソンクラン明けの状況を1-2週間は観察する必要がある。状況が落ち着いていけば再開を考えるという。

まとめ

すべては提案段階のもので、現時点では何一つ正式決定はしていない。
CCSA本会議の開催は4月22日。ここで決定される。いや決定先送りの可能性もあるが、なんらかの決定は下されるはずだ。
本日木曜日のCCSA定例会見は明日22日に延期された。本会議後の会見で決定事項が明らかになるだろう。
最低でもPCR検査のATK検査への置き換えは実現しそうだが、どこまで踏み込んだ入国規制緩和が承認されるのか。
なんらかの承認があったとして5月1日に施行されるのか。
5月1日以降にタイ旅行を考えている人は要注目だ。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.