パタヤ近況

タイ新規感染者2万人超え、タイバーツ両替レート3000超え、街はどんどん暗くなるパタヤ

投稿日:

8月4日発表のタイの一日あたりの新規感染者がいよいよ2万人を超えた。
8月3日よりロックダウンが最低でも2週間の延長となり、おそらくは8月末まで続くことになるだろう。
パタヤではひたすらロックダウンの日々に耐えることになる。

広告



パタヤ市内

夜は9時から外出禁止令が出ている。
昼間の外出は禁止されていないが、外に出るとしたら、食料や生活必需品を買い求めるついでに、街の様子を軽く見て回る程度のこと。

ブッカオ名無し食堂は、このところ、営業している様子がない。

年中無休で24時間営業だったのは遠い昔の話に思える。

ブッカオソイ15入り口のセブンイレブン脇の屋台群は全滅。

Ying Cofeeとイサーン料理屋台は営業していない。
コーヒー屋台はファランから、イサーン料理屋台はタイ人からそれぞれ人気があったはずだが、今は閉店。
チョンブリ保健局発表の感染者タイムラインによれば、ブッカオソイ15のセブンイレブン前で感染者が出ており、ひょっとしてそのことと関係があるのかもしれないが、断定はできない。
単にロックダウン措置で営業をあきらめただけかもしれないが。

ソイブッカオ北側のツリータウンと常設市場付近だけはなおも活気がある。
むしろ屋台は増えている。
暇を持て余したファランがあちこち徘徊したり、集まって談笑したり、ただただ座って時を過ごしている。
今のパタヤでは、他に行くところはない。
昨年のロックダウン時から、ずっと同じ状況が続いている。
ツリータウンにファランが集結する。

ソイハニーにある老舗格安ホテルのサワディーサンシャインはずっと閉鎖されたまま。

ベニヤ板でバリケードが築かれているが、吹きさらしのロビー付近は廃墟と化した。
内装も外壁もぼろぼろだ。
このあたりの閉鎖店舗前は、ホームレスの人たちの寝床となって久しい。

セントラルフェスティバルは、8月3日よりデリバリーのみでレストラン営業再開が認められた。
通常通りに営業可能なのは、スーパーマーケットと薬局だけだ。
出入りする車はスーパー目当てだろうか。
あとはGrabなどのフードデリバリーのバイクだらけ。
街中を走っているバイクはとにかくデリバリーが目につく。

ビーチロードの交通量はかなり減ってきた。
また、ビーチロード脇に駐車車両も減った。
チョンブリ県内のビーチや海岸エリアは地元の漁師以外の利用が禁止されている。パタヤビーチも当然閉鎖された。

ウォーキングストリート

どうせ意味はないとわかっていても、ついつい気になるのがウォーキングストリート。

いつ来ても廃墟でしかない。

 

その廃墟加減も日に日に進んでいるように思える。

この景色を見ていると、ウォーキングストリートが元の姿を取り戻すことがあるのか、あるとしてもどれほどの時間がかかるのか、暗澹たる気持ちになる。

なお、ナイトライフ店舗の営業が再開さえすれば、LKメトロとツリータウン周辺はすぐに復活するはずだ。
短期観光客が来ずとも、在住ファランがこぞって集まってくる。

パタヤの両替レート

8月4日午後、パタヤで有名な両替所、TTカレンシーのレート表示。

1万円=3,010バーツ。

おお、ついに3000の大台に来た。
毎日外出しているわけではないので、昨日のレートは未確認。
昨日も3000以上あったかもしれないが、この目で3000台のレートを目にしたのは本当に久しぶりだ。

ずっと2900台をうろうろしたが、ようやくというべきか、3000台に到達した。
これで、1バーツ=3.32円となる。

いつものように、国際送金と比較してみよう。

Wiseで10万円をタイバーツにして送金する場合。

手数料が917円で、最終的な受け取り金額が30,128バーツ

10万円-917円=99,083円

この99,083円を両替して送金することになる。(厳密には国際送金ではないが)

為替レートが3.28865
これを、1万円あたりに換算すると、3,040バーツとなる。
為替レート自体は、TTカレンシーよりも良い。

ただし、両替所では手数料不要だが、Wiseでは手数料がかかる。この分を考慮する必要がある。

10万円を送金して、手数料を差し引き、実際に受け取るのが30,128バーツ。
1バーツ=3.319円
1万円=3,012バーツ

手数料を考慮しても、WiseのほうがTTカレンシーよりもレートがいいという結果になった。

現在のパタヤではTTカレンシーくらいしか両替所が営業しておらず、ここが最高値だと思われる。
よって、パタヤで現金両替するよりも、Wiseを使って送金したほうがレートがいい。
バンコクではTTカレンシーよりも良いレートの両替所があるかもしれない。もしあったとしても、1万円あたり10バーツ程度の差だろう。
また、レートは随時変動するため、タイミングによっては優劣が逆転することもある。

とりあえずパタヤで生活していて、タイの銀行口座を持っているなら、パタヤで現金両替するよりも、Wiseで送ったほうがよさそう。

Wise

まとめ

夜は真っ暗。
明るい昼間でも、外に出れば、それはそれで暗い気分になる。
近所のコンビニや商店では相変わらず卵が売っていない。肉も品薄。
営業している食堂も減ってきた。
多少なりとも元気なのはツリータウン周辺だけ。
バーツ安は、日本円を元手に生活している者からすればありがたいけれど、この状態のパタヤでは特に金を使うこともない。生活に必要な分を日本から直接に送金するだけ。
なんだか暗い話ばかり書いていて我ながら嫌になるが、これが現実だからしょうがない。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.