タイ国内情勢

タイ国内状況2月13日:新規感染者126人、市場閉鎖と市場再開

投稿日:

2月13日のタイ国内状況。
新規に確認された感染者数は昨日よりもさらに減少。
タークとパトゥムタニの市場で積極調査を実施。
サムットサコーンの水産市場は再開へ。

広告



タイ全国の感染状況

2月13日発表、タイの新規感染確認者は126人
(累計24,405)

外国からの入国:10人
国内感染(病院にて検査):37人
積極調査:79人
死亡:0人(累計80人)

病院での検査37例内訳
バンコク7
サムットサコン29
ペチャブリ1

積極調査79例内訳
サムットサコン24
ターク52
パトゥムタニ1
ペチャブリ1
サムットソンクラーム1

外国からの入国10人は隔離中の検査で陽性が確認されたもの。出発地は、トルコ、ドイツ、アメリカ、UAE、マレーシア、インド。国籍別はタイ人5、アメリカ人2、オーストラリア2、インド人1。

国内で確認された感染者に占めるサムットサコーンの割合は、126人中54人。
タークは126人中52人。
国内症例のほとんどがサムットサコーンとタークの積極調査で確認された。

今年に入ってからの感染者数の推移

左から病院で見つかった国内新規感染者、外国からの入国、積極調査と並ぶ。

タイ保健省によるアジア各国の統計

日本は減少傾向にあり。
マレーシアは横ばい、韓国は増加傾向に。

サムットサコーンの22の水産市場が再開へ

昨年12月19日に閉鎖されたサムットサコーンの22の水産市場が来週月曜日より再開するとのこと。
ただし最大のクラスター源とされるエビ市場の再開はまだで、再開時期は不明。
再開予定の22の市場で働く3,772人を検査したところ、陽性が確認されたのは21人、陽性率は0.56%。
週末の3日間でサムットサコーンの市場で清掃キャンペーンを実施する。

参照:https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2067375/22-wet-markets-to-reopen

パトゥムタニでの積極調査

パトゥムタニの生鮮市場で積極調査を実施。
本日結果が発表となり、3日間のテストで124人の陽性が確認された。
パトゥムタニにある2つの市場は閉鎖されている。

参照:https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2067627/124-positive-tests-at-pathum-thani-wet-market

チョンブリ感染状況

2月13日発表、チョンブリの新規感染確認は0人
(累計650人)

昨日は12日ぶりにチョンブリ県内で新規感染者が確認されたが、本日の発表ではまたゼロとなった。

昨年12月に発生した感染新波のチョンブリ県内新規感染者数を示したカレンダー

新規感染者連続ゼロ記録はまた一から再スタートとなった。

感染新波発生後は毎日実施されていた政府ブリーフィングは、2月12日から14日まで休みとなっている。
次回のブリーフィングは2月15日を予定。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.