パタヤ近況

パタヤの昼はソイ6もマッサージもバービアも通常通りに営業

投稿日:

本日29日より、感染拡大防止のために規制強化となったパタヤ。
バーやパブなどのナイトライフ娯楽施設の営業に対して制限が課せられる。

関連記事:チョンブリ・パタヤでも感染者急増。バーやカラオケへの規制強化が出される。
関連記事:パタヤのナイトライフ施設は24時閉店、ダンス禁止、感染防止策厳守で営業に。ロックダウンはせず。

閉店は24時。
ソーシャルディスタンスや消毒などの措置を講じることが営業の条件となっている。

規制強化初日、夕方のパタヤを見て回ってきた。

広告



パタヤビーチ

今年前半のロックダウン時には、ビーチも閉鎖され、砂浜に入ることも禁止されていた。
が、今回の規制強化では、ビーチは対象になっていない。
本日のパタヤビーチは普段どおりに開放されている。

夕日がきれいだ。
ビーチパラソルの営業もしている。
遊歩道ではジョギングする人も多い。

ソイ6

普段通りに営業。
ほんの少しだけフェイスシールド着用を見かけた程度。
客は普段どおりに少ない。
日没前のわりといい時間帯だが、通りを歩く外国人はまばら。端から端までで3,4人しか見かけなかった。

MP

HONEY2の営業を確認。
サバイルームは駐車場にロープが張られており、営業しているかは未確認。
もともとパタヤのMPで再開しているのはこの2軒のみ。
残りの店はクローズのまま。

マッサージ屋

健全古式マッサージ屋も、ソイハニーやソイチャイヤプーンの怪しいマッサージ屋も普通に営業している。

バービア

ソイブッカオ沿いやLKメトロ内にあるバービアは昼間から営業開始。
むろんアルコールの提供はありで、ファラン客が当たり前に飲んでいる。
マスクやフェイスシールドを着用している店はあまり見かけない。

ジェントルマンズクラブ

昼間の遊び場であるジェントルマンズクラブも通常通りに営業。

ソイブーメランでは、表に出ている呼び込み多数。フェイスシールド少々。
アクアだけが営業していなかった。ベイビーブームはすでにクローズ済み。

ソイボンコットのクラブ4長屋も営業。

ソイチャイヤプーンのDenでは、呼び込みがほぼ全員フェイスシールド着用。

ウォーキングストリート

まだ夕方のため、店はオープンしていない。

アトランティスなど一部店舗はすでに開店準備を始めていた。

バカラも開店準備中。ハッピーアワーは午後8時から午後9時半、ドリンク79バーツ。

ミュージックバーでも開店準備をしている。
808、インソムニア、パンダクラブといったディスコは不明。

閉店時刻が24時厳守という命令につき、営業できる時間は極端に短くなる。
営業再開を果たしているバーやパブやディスコであっても、今日以降営業するかは不透明。

とりあえず、バービアとソイ6とジェントルマンズクラブは普通に営業していることがわかった。
あとは深夜0時閉店がどこまで厳しく実施されるかだ。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.