タイ国内情勢

タイ航空が新年お祝い遊覧フライトを実施

投稿日:2020年12月5日 更新日:

タイ国際航空が、2021年1月1日に遊覧フライトを実施すると発表した。
題して、New Year Celebration Flight。
ロイヤルオーキッドホリデイがTAT(タイ観光局)とコラボしたイベントとのことだ。

広告



タイ航空元日遊覧飛行

運航日:2021年1月1日

当日のスケジュール

09:30 スワンナプーム空港のチェックインカウンターでスタッフがお出迎え

11:30 タイ航空特別便TG8999がスワンナプーム空港を離陸。機内ではタイ航空の誉れ高きタイ北部料理のランチを提供。タイ航空からのスペクタルな機内パフォーマンスをお楽しみください。

12:30 高名な文化宗教の歴史学者であるKhata Chinbunchon博士の導きにより、ポジティブエナジーと繁栄を願って、詠唱と祈祷を一斉に捧げましょう。

14:30 精神の糧を得て、ポジティブエナジーとともに、スワンナプーム空港に着陸。

料金
エコノミークラス:6,999バーツより
ロイヤルシルククラス:12,999バーツより

詳細ならびに予約は以下のページより

⇒https://www.thaiairways.com/en_TH/book/offers/royal_orchid_holidays/magical-flying-new-year.page

来年こそはのタイ航空

最初に告知を見た時は、てっきり初日の出が拝める遊覧飛行だと思っていた。
なかなかいいアイデアじゃないかと。

が、中身を見ると、真っ昼間のフライト。
しかも、ポジティブエナジーだとかよくわからん単語が並ぶ。

いや、ターゲットはタイ人だろうし、外野が余計な口を挟むのは野暮ってもの。
そういった需要があると見越して企画したのだろう。

ぜひともポジティブエナジーとともに2021年はいい年にしたいものだ。

 

なお、タイ航空は、2021年1月より、バンコク・日本路線の運航再開を予定している。

成田発バンコク行きTG643便(11:45発→17:05着)は2021年1月6日より週3便(水・木・日曜日)
バンコク発成田行きTG642便(23:55発→07:40翌日着)は2021年1月5日より週3便(火・水・土曜日)

関西発バンコク行きTG623便(11:00発→15:45着)は2021年1月10日より週1便(日曜日)
バンコク発関西行きTG622便(23:59発→07:20翌日着)は2021年1月9日より週1便(土曜日)

2020年は破産裁判所に会社更生手続きを申請したタイ航空。壊滅的な年といえる。
2021年こそは、本当にいい年にしてほしい。
ポジティブエナジーが一番必要なのはタイ航空そのものじゃないかと。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.