パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

大型連休初日のパタヤ。パタヤビーチでは屋台祭りとコンサート開催。

投稿日:

タイでは、11月19日と20日が特別に祝日と指定された。
よって木曜日から日曜日までの4連休となる。
大型連休にして、国内のレジャーや旅行を活性化させようという狙い。
パタヤにも多くのタイ人が遊びに来ると見られる。

広告



天気

本日のパタヤは晴れ。
が、空は妙に霞がかかっている。

パタヤビーチからいつもは見えるパタヤサインがもやに隠れてしまっている。

気温はそれほど高くないが、少しじめっとした天候だ。
歩いていると汗をかく。
それでも暑季に比べると、かなり過ごしやすい。

レート

レートは、1万円=2900バーツ。

バーツ、強い。
経済は落ち込んでいるはずだが、なぜだかバーツは強いまま。
東南アジアの中では強さをもっともキープしているそうだ。

パタヤビーチで祭り開催

パタヤカンとの交差点より北側のビーチで、なにやら大掛かりなイベントを開催している。

正式名称はよくわからないが、屋台と音楽の祭りのようだ。

ソイ6の斜め前あたりにメインゲートらしきものがある。

ビーチの上に食べ物屋台がずらりと並ぶ。

ソファーとテーブルも設置。

日除け布付きの席もある。

砂浜の上にこのタイプの客席が並ぶのは、パタヤビーチでは珍しい。
ナックルアやジョムティエンの奥のほうでは、カフェやレストランがビーチの上でテーブルを並べることがあるが、パタヤビーチでは不可。イベントということで許可されているのだと思う。

屋台の数は多いが、延々と屋台が続いているわけではなく、屋台群がいくつかに分散している形。

全部の屋台をまわろうとすると、けっこう歩く必要あり。

波打ち際のすぐ近くにも屋台が出ていて、なかなかおもしろい。
普段のパタヤビーチでは、このような光景がまず見られない。
というか、初めて見たかも。

ペットボトル回収箱が可愛らしい。

ビーチ沿いの遊歩道上にも屋台やフードカーが出ている。

ビーチ上にはステージを設置。

 

コンサートを開催するようで、タイムテーブルが貼ってある。

本格的に屋台が営業し、コンサートが開かれるのは夕方以降。
夜がメインだ。
昼間は暑いんで、涼しくなる日没後じゃないと行動できない。

祭り会場以外のパタヤビーチは人がまばらだ。

ビーチパラソルは通常通り営業。
屋台で食べ物を買ってパラソルの下で食べるもよし。
(通常よりも遅くまで営業している可能性あり)

パタヤビーチでの祭りは、11月19日から22日まで開催。
まさに4連休に合わせている。

本日は初日のため、それほど客は多くなさそう。
ビーチロードも特に渋滞はしていない。

セカンドロードはがらがらだ。
明日とあさってのパタヤビーチはにぎわいそうな気がする。

ちなみに、セントラルフェスティバルやターミナル21でもストリートフードフェスを開催中。
現在のパタヤは国内のローカルタイ人を呼び込む方針で、こういった食べ物や音楽関係のイベントばかりとなってきた。

祭り会場のすぐ近くにはソイ6があるが、ほとんど人は歩いていない。
バーも売りに出ている。
ソイ7やソイ8も同様。ほとんどのバーが閉鎖されている。
パタヤに遊びに来たタイ人はバービアには行かない。
ビーチでまったり過ごすか、ディスコに行くくらいなもの。
短期外国人旅行者向けの施設は壊滅状態なままだ。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.