パタヤ近況

両替レートは2700割れ、ソイ10の現状、ソンクランとマスクのゴリラ像

投稿日:

本日のパタヤの様子を少々。
最近は調べものなどやることが多くて、あまり外出していない。
寒くなったり暑くなったりで体力が奪われたり、レートが下がっていることも外で遊ぶ気力を減衰させる要因となっている。
パタヤは観光客が増えつつあるのは確か。
日本人はあまりみかけないが、韓国人らしき姿は増えている。アラブ・インド系は日々増加中だ。

広告



パタヤビーチ

パタヤはまた暑くなった。
先日はいきなり夏から冬に変わったと思わせるほどの寒さに襲われたが、また夏が戻ってきた。
暑い。
雲が出ているものの、それでも暑い。

砂浜の上で遊ぶ人はほぼいない。
ビーチチェアは空席だらけ。
逆にいえば、まったりとした雰囲気のパタヤビーチだ。

レートがついに2700割れ

本日のTTカレンシーのレートを見てきた。

1円=0.2690

1万円を両替すると、2690バーツにしかならない。
ついに2700割れだ。
2700台をぎりぎり維持してきたが、ついに決壊崩壊。
このまま円安が加速すれば、2500台もありえる。
1バーツ=4円で計算しないといけなくなってしまうのか。
それだけは勘弁してほしい。

タイバーツで生活している人は日本円への両替の好機がやって来た。
ゴールデンウィークあたりに日本一時帰国を考えているなら、そろそろ両替時かもしれない。

逆にロシアルーブルは高くなった。
4月2日は0.320だったのが、本日は0.350へ。
デフォルト寸前ともいわれる通貨よりも日本円のほうが下がるとはどういうことなんだ。
泣けてくる。

ソイ7

復活を期待するソイ7。

ソイ7のセカンドロード側入り口のドイツ料理屋台のNORDZEEはあっさりと撤退した。

先日紹介したばかりだが、いずこかへ来てしまった。
もともとジョムティエンに店があったので、また元の場所に戻ったのかもしれない。
やはり観光客のいないソイ7での営業は厳しかったのか。

旧セブンイレブン前はまたしても荒れ地に。何もなく、ただの駐輪駐車場。

ソイ7内の新築ホテルのblack woodsは営業継続中。

パンデミックの真っ最中にオープンし、なんとか踏ん張っているような状況。
ここは、SHA Extra+認証を受けており、Test&Goでのパッケージプランも実施している。

価格帯はやや高めだが、パタヤビーチが近い立地の新築ホテルでTest&Go滞在初日に泊まりたい人にはいいかもしれない。

Agoda⇒blackwoods Hotel Pattaya (SHA Extra Plus)

系列のフリッパーロッジとフリッパーハウスも営業。
ソイ7とソイ8でまともに営業しているホテルはまだ少ない。

現在のパタヤの観光客の客層では、このあたりに投宿する人は少ないということ。
でもインド・アラブ系の観光客は見かけるようになった。
あと週末はタイ人国内旅行者がビーチ近くのホテルを利用することが多い。
平日はがらがらだ。

ソイ10

短期旅行者が多く宿泊するエリアがソイ10。
日本人のリピーターは数知れず。
が、パンデミック発生以降、暗い通りとなっている。

ページ10はずっと営業を継続。

イースティニーレジデンスは閉鎖中。

ミニマートにNOW OPENと張り出してあるが、むろんやっていない。

サワディーシービューは廃墟の雰囲気が漂う。

電柱が今にも倒れてしまいそうだ。

Agodaでホテル予約状況を見ていると、シーミースプリングの予約を受け付ている。ソイ10には3つのシーミースプリングがあるが、いずれも予約可能。
これはいよいよソイ10も復活への動きか。
念のため現地の様子を確認。

シーミースプリングの看板はビニールシートで隠されたまま。

閉鎖して真っ暗という雰囲気ではないが、営業していないように見える。

シーミースプリング2のほうも同様。看板が覆われている。

シーミースプリング3は以前から営業再開しており、今も営業継続。

これは単なる推察だが、1と2を予約したら、キャンセルされるか3へ案内されるのかもしれない。

なお、Deep Blue Z10とセレノテルは営業している。

昼間のソイ10を歩く人はほぼ皆無だ。

寂しいかぎり。

LKメトロ

昼間のLKメトロへ。

先日、ついに2年ぶりの営業再開となったショーガールズ。
VIPの文字が看板に追加され、店内にはVIPエリアを新設したそうな。

向かい側のBACHELORは、新しい電飾が昼間から点灯されているものの、営業再開はまだのようだ。
そろそろ再開しそうだが。

LKメトロは、ほぼ完全復活状態に近い。
夜は本当ににぎかやだ。

ただし、閉店は午後11時。
LKメトロは元々閉店時間厳守の方針で、少なくとも午後11時には完全に電気を消してしまう。
11時過ぎには真っ暗となる。
中には暗い中ひっそりと営業を続ける店もあるが、現在は11時で終了と思っておいたほうがいい。

ソンクラン中も店内飲酒営業時間は午後11時までと定められた。
パタヤの飲食や観光業界から営業時間延長の嘆願が出ていたが、あえなく却下。
11時閉店は継続だ。

ソンクランとマスク

ソイ19にあるSLEEP WITH ME PATTAYA Hotel。
ホテル入口前には、名物ゴリラさんがいる。
季節に合わせた衣装を着用し、クリスマスシーズンはサンタコスとなる。

現在は、アロハシャツ着用のソンクラン仕様だ。
大きなマスクも着用している。

今年のソンクランの期間中の規制措置では、路上での水かけは禁止だ。というか、どこでも水かけ禁止。
私有地内での水かけまでは明確に禁止されていないが、マスク着用は必須。
マスク姿で水かけバトルなど不可能だ。

よって、今年のソンクランは水かけは無し。
ゴリラさんも暑そう。それに息苦しそうだ。
早くゴリラさんが制限なくその勇姿をみんなに見せてほしいものだ。

今年のソンクランは水かけなし。
店内飲酒は午後11時まで。

暑いパタヤで水かけなしで酒は制限。
昼間は水かけで涼を取り、涼しくなる夜中に酒を飲むのが楽しいものだが、今年のソンクランは不可。
来年のソンクランにはゴリラの大暴れに期待しよう。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.