パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ステーキ・洋食

ソイブッカオの老舗洋食レストランNicky'sの99バーツプロモーション

投稿日:

ソイブッカオの南側にあるNicky's(ニッキーズ)。
なんでも10年以上続く老舗レストランだそうだ。
日替わりスペシャルがずっと気になっていたが、価格的に若干高めでなかなか入店する機会がなかった。
そんな中、99バーツのプロモーションをやっているのを発見。
これならばとさっそく利用してみた。

広告



Nicky's Bar & Guesthouse

正式には、Nicky's Bar & Guesthouseという店名のようだ。
Nicky's on Buakhaoという呼び方もする。

入り口脇に屋外テーブルが少々。
ここで飲食するというより、喫煙所となっている。店内禁煙のようだ。

初めて入ったが、なかなか広くてシックな内装。

エアコン完備で涼しい。

客がファランばかり。
午後2時半の入店だったが、わりと客は多かった。
ファラン常連客がメインのようで、アジア人の単独客はたぶん珍しい。若干アウェー感はあるが、まあ別に気にしない。

メニュー

通常メニュー

タイ料理

月曜日から木曜日の午後1時から限定で、99バーツプロモーションを行っている。
内容は毎日少し変わるようだ。

内容は店頭に掲示してある。

ソーセージロール
オールタイフード(シーフード以外)
フィッシュフィンガー
エッグベネディクト
プラウマンズ
チキンシュニッツェル
トリフル
スティッキートフィープディング

なんだか耳慣れない料理もある。
プラウマンズやトフィープディングはイギリスの名物料理だとか。

同じ内容のメニューは店内でも見せてくれる。

ブレックファーストは午後1時までアーリーバードスペシャルで99バーツ。

見本写真を見るかぎり、ボリュームがありそうだ。これもかなり気になる。

また、ニッキーズ名物の日替わりスペシャルも健在。

この日は、ホームメイドパイが149バーツ。
BBQベイビーリブが199バーツ、ラムチョップが249バーツ。

チキンシュニッツェル

オーダーしたのはプロモーションのチキンシュニッツェル。
通常価格は149バーツのところ99バーツなのだからお得。

ドリンクは水が35バーツ。けっこういい値段だ。

テーブルの上には各種調味料が揃う。定番のブラウンソースやウスターソースやケチャップ、それに醤油もある。

しばらく待って、シュニッツェルが運ばれてきた。

でかい。ひたすらでかい。
叩いて薄くした肉を使うのがシュニッツェルだが、それにしてもでかい。
比較対象がなくて把握しづらいが、この皿はかなり大きなもの。その大皿の大半をシュニッツェルが占領している。

衣はさくさくしていて、なかなかいける。ちょっと焦げているのはご愛嬌か。
胸肉を使っているのだろうけど、パサパサしておらず柔らかい。

そのままでも食べられるが、ケチャップをつけたり、ウスターソースをかけて食べるとなおよし。
好みの問題だが、ブラウンソースよりウスターソースが好き。
がつがつ食べられる。

付け合せにフレンチフライとサラダ。
すべて完食すると、腹パンパンになった。
このシュニッツェルが99バーツはお得だ。

地図と営業時間

ソイブッカオの南側。
LKメトロから徒歩5分もかからない。

営業時間は、午前8時から午後10時くらいまで。

まとめ

初めてのニッキーズだったが、料理はおいしかったし、ボリュームもあり満足。
店内の雰囲気はいかにも常連欧米人向けといった感じで、初めての人は敷居が高く思えるかも。気にしなければ大丈夫。
99バーツのプロモーションはおそらく数ヶ月前に始めたものと思う。以前はなかったはず。
タイが開国して観光客がパタヤに戻って来るようになっても継続するかはわからないが、今しばらくは続けると思う。
他のプロモーションメニューも食べてみたいし、同じく99バーツのブレックファーストも気になる。
近いうちに再訪してみたい。

広告

-ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.