パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤ近況

パタヤビーチの現状と、ビーチ再開後の新しい規則について

投稿日:

現在、パタヤビーチの利用禁止が続いている。
ビーチに足を踏み入れただけで検挙の対象となる。禁固刑と罰金が課される恐れあり。
昨日、少しだけパタヤビーチの様子を見てきた。

パタヤビーチの現状

パタヤビーチの全面閉鎖に変わりはない。

パタヤビーチ2020年5月 (5)

パタヤビーチ2020年5月 (6)

ビーチ入り口には、幾重に進入禁止のテーブ。

ビーチのど真ん中に大きな看板がこれ見よがしに設置されている。

パタヤビーチ2020年5月 (8)

泳ぐなかれ、くつろぐなかれ、集まるなかれ、飲むなかれ、食べるなかれ。
各国言語で警告している。違反すると最大で懲役1年と罰金10万バーツだ。

看板越しにパタヤサインを見る悲しさよ。

パタヤビーチ2020年5月 (3)

でも、夕焼けは綺麗。

パタヤビーチ2020年5月 (9)

砂浜も綺麗になった。

パタヤビーチ2020年5月 (2)

ビーチに足を踏み入れるのは、ハトか犬くらいなもの。
センタン前など数箇所に監視拠点のテントが設置してありパトロールも随時行われている。
ビーチに立ち入り人間は誰もいない。

パタヤビーチ2020年5月 (7)

おっと、砂浜に草が生えている。
雑草魂ここにあり。

ビーチ沿いのサイドウォークは利用可能だ。
ジョギングやウォーキングなどの運動目的利用にかぎる。単独行動が必要。集会は禁止となっている。

パタヤビーチ2020年5月 (4)

ざっと見たところ、一部で座っている人もいたものの、散歩やジョギングをしているだけの人がほとんどだった。
数人程度で散策しているグループもいたが、特に注意されている様子はなかった。車座になって宴会したら一発アウトだろうが、動いているかぎりは大丈夫みたい。

なお、センタン上階から夕方のパタヤビーチを見下ろすとこのような景色。

パタヤビーチ2020年5月 (1)

なんか、いいよね。
パタヤビーチ、意外と美しい。

広告



パタヤビーチの再開と新しい規則

気になるのはパタヤビーチの再開だ。

まだ正式決定ではないが、規制緩和第3フェイズに合わせて、6月1日からラン島が再開されることになりそう。

関連記事:6月1日よりパタヤ・ラン島再開へ

ラン島のビーチも開放されるかは現時点では断言できないが、おそらくは利用可能になるだろう。

ラン島ともども、パタヤビーチも6月1日から再開するかもしれない。
すでにパタヤローカル系のSNSでは、6月1日パタヤビーチの再開の噂が飛び交っている。

ただし、公式発表はまだないので、もう少し詳細を待つ必要あり。

現時点ではあれだけ厳重に進入阻止している状態のパタヤビーチがあと数日で開放されるのか。
まだなんともいえない

なお、パタヤ市広報の発表によれば、パタヤならびにジョムティエンビーチにおけるビーチチェア・パラソルの営業規則を変更する予定とのこと。

従来は、毎週水曜日が休業日に指定されていた。
それを、月に1回火曜水曜木曜日の3連休にする。

また、パタヤビーチの再開後は、ソーシャルディスタンス確保のため、ビーチチェアやパラソルの配置を見直す必要があるとのこと。

パタヤビーチ2020年2月 (11)

このような以前の間隔では営業できないようだ。

新しい休業日とパラソルの新配置については、まだはっきりとはわからない。
パタヤビーチの再開が決まれば、おのずと新しい規則も発表されるだろう。

追記:パタヤビーチ再開は6月1日か

本日29日朝にパタヤ市長から再度発表があり、6月1日にパタヤのビーチは再開となる見込み。
水泳、ビーチチェア利用などすべてのアクティビティが使えるとのこと。
ビーチチェアの間隔は1メートル以上必要。
なお、6月1日実施の規制緩和第3フェイズでもビーチでのアクティビティは全面解禁となる予定。バナナボートやジェットスキーも利用可能。
パタヤビーチの再開ならびに規制緩和については、最終的にはチョンブリ県知事の認可が必要となる。31日までには正式決定が下される。もう少しだけ待つべき。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.