パタヤ近況

ウォーキングストリートにネオンサインが戻る。バービア群も再開続々。

投稿日:

12月3日にパタヤはレストラン店内飲酒が条件付きで解禁された。
しばらくは様子見を続けていたバーが多かったが、今週に入ってから各地で続々と営業を再開。
あくまで表向きはレストランではあるが、中身はバービアだ。
ウォーキングストリートではわずかながらにネオンサインも復活。ミュージックバーやバービアが再開した。

広告



フーターズ

ビーチロード沿いのレストランやバーでも再開が店内飲酒付き営業が相次いでいる。

長らく閉鎖されていたHooters(フーターズ)は営業再開した。

Hopsは12月3日にすでに再開済み。

ソイ8入口近くににあるLisa on the Beachはミュージックバーとしてすでに営業再開している。

ソイ7バービア再開

ソイ7は、一部のバービアが再開した。
少し前からレストランとして営業しているバーレストランはあったが、今回は普通にバービア形態での再開となる。

一度解体して新しく作り直したエリアのバービアが営業している。実質的に新規オープンだ。

どうみてもレストラン形態ではなく、食事の提供も見当たらない。それでもオープンである。

ただ、その先の旧来のソイ7バービア群は壊滅状態のまま。

真っ暗。
ほとんどのバービアがFor RentないしFor Saleで、営業再開を断念している。
このあたりのバービアが開くのはまだまだ先になるだろう。
ツリータウン界隈との喧騒が嘘のなような暗闇ぶりだ。

とりあえず、数店だけでもバービアがオープンした。
ソイ7にとっては大きな前進だ。まずは第一歩。

ソイダイアナ

ソイダイアナ沿いにあるバービアもいくつか再開。
さらにソイダイアナバービア群も再開した。

再開店舗はまだまだ少ないが、ひさしぶりのソイダイアナにネオンサインが戻った。

ちなみに、バービア群の向かい側には新築コンドミニアムのEDGE。すでに入居も始まっている。
立地条件最高のコンドミニアムだ。

ソイ10バービア群

ソイ10のセカンドロード入口付近にあるバービア群にも、わずかにネオンサインが復活。
2,3店舗が営業再開したようだ。

ウォーキングストリート

入ってすぐのエリアは真っ暗。
でも、その先に明かりが見える。
大きなモニターは、King Seafoodの宣伝だ。
King Seafoodだけでなく、併設のKing Cafeも営業再開した。

808にネオンサインが点灯し、ゲートも明るく光っている。

が、2階への階段は閉ざされたまま。
1階のミュージックバーだけが営業再開している。

その先にあるルシファーも同様。

ルシファーはやっていないが、1階のミュージックバーは営業再開した。

以前お伝えしたとおり、i-bar&insominia系列のNew York Dinerは営業再開済み。
この周辺はかなりの数のバイクや車がとまっており、パタヤローカルの間ではi-bar再開は周知の事実となっている。

このようにウォーキングストリートにはネオンサインが復活しつつある。

さらに、Tantra(タントラ)の看板に光が灯された。ドアが開かれ、店内も明るい。どうやら関係者たちが集まっているようだ。
確定情報はないが、再開しそうな雰囲気が漂っている。
とはいえ再開するとなっても、あくまでレストランでなくてはいけない。
バンコクのナナプラザのようにゴーゴーレストランとして再開するつもりなのかもしれない。
ただ店の前にテーブルを並べるスペースはない。ドアを開けたままで、あくまでオープンエアレストランとするのか。
昨年の第1波明けで、真っ先に動いたのがタントラだった。
今回の第3波明けでもタントラが再開第1号となるのか。
本日以降の動きが気になるところ。

なお、Pin-upは、看板の整備を行っていた。

ピンナップもそろそろ動き出しそうだ。

バービアでは、ソイ14と15の三叉路角にある店が再開した。

ソイ15入口のIce Barはすでに再開済み。

名称は、V Lounge food and Drinksとなっているようだ。
全スタッフは100%完全なワクチン接種済みとのこと。

ウォーキングストリートにネオンサインが戻ってきたといっても、本当にごく一部だ。
全体的に暗いまま。
これは昨年のロックダウン以降ずっと同じ傾向が続いている。ナイトライフ娯楽施設が営業可能な期間であっても、再開店舗は一部だけで、あとは閉ざされたままだった。
在住外国人はウォーキングストリートに遊びに行かないからだ。ファランの多くがソイブッカオ界隈で飲むことを選択する。
短期外国人旅行者が戻ってこないとウォーキングストリートが全面オープンすることはない。

とはいえ、ミュージックバーの再開にともない、夜にウォーキングストリートを歩く人は確実に増えている。
特に若い層のファランとローカルタイ人が増えた。
少しずつ、本当に少しずつウォーキングストリートが復活していく。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.