*

「 2007年初タイ夜遊び旅行 」 一覧

はじめてのナタリーはとんでもないラインナップだった/初タイ夜遊び旅行まとめ

ふたたびバンコクへ 初タイ夜遊び旅行も本日が最終夜。 狂った町パタヤをあとにして、バンコクに戻る。 バイタクでバスターミナルへ移動。50バーツ。 そこからエカマイ行きのバスに乗った。 カ

続きを見る

パタヤ2日目は賢者モード。ひたすら友人を待つ

【パタヤで友を待つ】 さて、初めてのタイ夜遊び旅行。パタヤ2日目である。 一晩で3発もやったので、今日は完全に賢者モード。 昼間から宿の下のバービアでだらだらとコーヒーを飲んで過ごしてい

続きを見る

はじめてのパタヤ夜遊びは、ロング500バーツと破格値だった

バンコクからパタヤへ ナナプラザへたどり着けずに終わった翌日、パタヤへ向かった。 東京音頭の宿泊者から、エカマイでバスに乗ればいいと教わる。 が、パタヤ行きのチケット売り場がわからずうろうろして

続きを見る

はじめてのスクンビットは都会のジャングルだった。ナナプラザへの遠い道のり

【スクンビットへ】 無事(?)にパッポンでゴーゴーバーの筆おろしを終えた翌日。 友人は所用のため別行動。 わたしは、一人でスクンビットへ。 どうやらスクンビットには「ナナプラザ」と

続きを見る

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。ゴーゴーバー編

翌日にはバンコクを離れ、スコータイ、アユタヤなどを普通に観光してまわった。 アユタヤやスコータイでも夜遊びスポットを探してみたが、少しも発見できなかった。 日本に帰ってから、ネットでいろいろ検索し

続きを見る

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。MP編

  1999年のカンボジア旅行のあとも、タイ、ラオス、インド、シンガポールなどへ旅行していた。 が、風俗や夜遊びはまったく無し。 これまた、いたって健全なバックパッカー

続きを見る

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑