*

旅のはじまりは、いつものパタヤ

公開日: : 最終更新日:2014/11/19 01.コラート・ピマーイ・コンケーン編, パタヤ発アジア夜遊び紀行

Nちゃん2

手配した航空券

ついに始まったパタヤ発アジア夜遊び紀行。
出発前夜は、どきどきしてなかなか眠れなかったのを覚えている。
海外旅行に出かける前はいつもそうだ。 遠足前夜の小学生とちっとも変わらない。

用意したのはユナイテッドのマイレージプラスでゲットした特典航空券。
この長期旅行のために、普段から、しこしことマイルを貯めておいたのだ。

日本→バンコク→ジャカルタ→(陸路移動)→バンコク→日本 (タイ国際航空利用)

という、オープンジョーと呼ばれる特殊なタイプ。

正確には、バンコク経由ジャカルタ行きのチケットで、バンコクにストップオーバーする形となる。
これでも必要マイルが3万だけだった。
(2014年から必要マイル数が変更になったので、現在は無理。)

本来なら、復路のジャカルタとバンコク間も搭乗する必要がある。
が、ジャカルタからバンコクへは陸路で行くからと、チケット発券時にあらかじめキャンセルしておいた。
特典航空券の場合は大丈夫だろうけど、予め指定しておいた区間に搭乗しないと、ノーショーとして手数料を取られるケースもあるので。

一応、すべての日程は決めてある。 日本帰国のフライトは約4ヶ月先に設定しておいた。
けれども、ほぼオープンチケットの扱いなので、日程変更は自由だ。
まさに、自由な旅。

これがマイレージ特典航空券の利点。
急用ができたり、急病になったり、飽きたりしたら、すぐに日程変更して帰国することができる。
もちろん、特典航空券枠に空きがあればの話だけど。
また、条件によっては変更手数料がかかる。

複数都市にまたがって旅行するときは、ストップオーバーを利用したり、オープンジョーチケットを手配すると旅がすこぶる。

はじまりはパタヤ

とはいえ、まずは慣れ親しんだパタヤから旅は始まる。

日本からの同行者が二人いた。
人生においても、パタヤに関しても大先輩の二人である。

最初の10日間ほどは3人でパタヤで遊ぶ事になっていた。
まあ、これまでのパタヤ短期滞在と変わらない感じで過ごそうと決めていた。

バービアでペイバーして、数日間まったり過ごすパターン。

最初の数日、お相手の名前と働いているバービアの場所のメモが残っている。
が、ちっとも思い出せない。
レックちゃんとアムちゃん。
うーん、ありふれた名前すぎて、まったく顔が浮かんでこない。
写真も撮っていない。
たぶん、記憶に残す必要がないと、わが煩悩まみれの脳みそが判断したのだろう。

強く記憶に残っているのは、ノースパタヤのバービアで出会ったナムちゃん
これまたありふれた名前だけど、ばっちり記憶に残っている。
イサーン出身。19歳。
顔は、まあまあかわいい。
おまけに巨乳である。
だが、お腹もぷっくりと出ている。

一度ペイバーしてからは、ずっとナムちゃんと一緒。 ホテルのプールで遊んだり、連日のように映画を見に行ったり、ムーガタを食べに行ったりと、ありふれたパタヤ滞在。

Nちゃん1

ナムちゃんは、名前に反して、泳ぎがとてつもなく下手くそだった。 ほとんど溺れかかっていたくらい。

ちなみに、このプールは「ドゥアンナムイン」というホテル。
わたしの当時の定宿だった。

突如、コラートへ行くことに

さて、同行していたK氏には、以前にバービアで知り合った懇意の女性がいた。
もうすでにバービアをやめて故郷のコラートに戻っているが、K氏の訪泰に合わせて、パタヤへやって来ていた。

で、わたしの友人二人は10日で帰国。 K氏のお相手も当然、故郷のコラートへ戻る。

ここでK氏に提案された。
一緒にコラートの実家へ行ってみては?

いずれ彼女の実家へ挨拶に行くことになるかも。
でも、さすがにいきなりイサーンの田舎へ行くのは抵抗がある。
彼女がどんな家に住んでいるのか、下見して来てほしい。

そんな感じの、提案というより依頼だった。
いつも金銭的にお世話になっているK氏の頼みである。
断るわけにはいかないだろう。

それに、これもいい機会だ。
いずれ、わたしもイサーンには行くつもり。
地元民と一緒にパタヤからイサーンへ行ければ、これほど強い味方はいない。
そんなわけで、元バービア嬢の実家訪問決定。

旅の行き先なんて、成り行きまかせ。
そんな旅行のほうが楽しい。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

シンガポール空港

シンガポールからタイ、パタヤへの帰還。インドネシア編終了。

シンガポールからタイへのフライト ゲイランでの宿泊を終えて、朝を迎えた。 長居無用のシンガポール

記事を読む

showgirls

最後のパタヤアパート沈没生活

サメット島から帰ってからも、2ヶ月ほどパタヤのアパート沈没生活を続けた。 もう完全に惰性で過ごして

記事を読む

コラートバスターミナル

三度目のコラートへ。ローカルレストランとゴーゴーバー探訪。

モーチットからバスでコラートへ モーチットのチケット売り場がタイ語表記ばかりで、少々わかりづらい。

記事を読む

バービア嬢実家4

イサーンへ。バービア嬢の実家へ遊びに行く

パタヤからバスでコラートへ さて、友人K氏の彼女である元バービア嬢の実家へ遊びに行くことになった。

記事を読む

ルアンパバーン2

ルアンパバーンの置屋でラオっ娘とイケナイ遊び。ルアンパバーン夜遊び情報。

世界遺産の町、ルアンパバーン ルアンパバーンかルアンプラバーンか、まあどっちでもいい。

記事を読む

万里の長城

日本~北京~パタヤ~コラート

北京へ まだまだ続くアジア夜遊び紀行。 日本への一時帰国を挟んで、ふたたびパタヤへ。 もち

記事を読む

chiangmai-doisuthep

パタヤからチェンマイへ。チェンマイ観光少しだけ。

パタヤ発タイ・ラオス夜遊び周遊旅行。 まず、夜行バスでパタヤからチェンマイへ向かう。 パタヤから

記事を読む

laos-flag

ラオス夜遊び旅行まとめ。ルートや費用、ガイドブックなど。

フエサイからスタートした今回のラオス夜遊び旅行。 終点はビエンチャンだった。 簡単にまとめてみた

記事を読む

バタム島置屋嬢1

バタム島はロング派の聖地なのか?

スラバヤから一気にバタム島へ ドリーを体験できて、スラバヤはもう満足。 商業都市だけに、長居

記事を読む

vang-vieng1

バンビエンは若いリア充ファランの溜まり場だった。でも置屋もあるよ。

ルアンパバーンで2泊してから、バンビエンに向かった。 ルアンパバーンからバスに揺られること6時間。

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑