*

パタヤの洪水とコヨーテ嬢の思い出

公開日: : エッセイ

最近の大雨で、パタヤはここ10年で最悪の洪水に見舞われたらしい。

ビーチロードには、急遽、排水ポンプが配備されたが、それでも間に合わず。
当局も手をこまねいているわけではないが、対策が追いつかないのが現状。

pumps-4
出典:Pattaya Mail(http://www.pattayamail.com/localnews)

 

先日までのパタヤ滞在中は、後半に雨がよく降った。
それでも洪水まではいかなかった。

わたしが根城にしているソイブッカオ近辺の洪水は、それほどひどくない。
膝辺りまでの冠水がせいぜい。

pattayaの冠水

まあ、写真を見ればわかるように、それでも迷惑な話だけど。

でも、パタヤタイ付近はもっとひどいらしい。

コヨーテ嬢との思い出

2年ほど前、パタヤでアパート暮らしをしていた頃の話。
懇意にしているコヨーテ嬢がいた。
イサーン出身の20歳。

コヨーテ嬢

元々は、店舗専属のコヨーテダンサーをしていた。下着3枚着用の重装備。
その店が潰れてからは、エージェント所属の派遣コヨーテへ転身。
10日間の契約で1万バーツと言っていた。
でも、レディドリンクのノルマが厳しいらしく、実際は満額もらえないそうだ。

仕事がない日には、わたしの部屋にやって来ては泊まっていった。

大雨が打ちつける夜、
「部屋の中にまで水が入ってきた~!」
と、悲痛なメールが届いた。

本来ならわたしのアパートに遊びに来る予定だった。
が、当然のようにキャンセル。
雨はなかなか降り止まない。
わたしも外出できず、部屋で一人寝だった。

翌日、そのコヨーテ嬢がわたしのアパートにやってきた。
昨日の状況を聞かされる。

彼女のアパートはパタヤタイにあって、部屋は1階だそうな。
大雨で床上浸水の被害。
ベッドまでぐちょぐちょに濡れたらしい。

もう大変、と半笑い状態でグチをこぼしていた。

コヨーテ嬢2

でまあ、部屋に来た以上、やることは一つ。

わたしの部屋は4階だ。
床上浸水の心配ゼロ。
ベッドは乾ききっている。
むしろ下半身が洪水状態。
ベッドの上は夜の氾濫。
しかも、彼女は床上手だ。
最後は、汗やら何やらでベッドの上がぐちょぐちょに濡れた。
これがホントの床上浸水

ああ、彼女は、まさに夜の排水ポンプ。
わたしの洪水は根こそぎ吸い取られてしまったのだった。

そのまま彼女はお泊り。

翌朝、ちゃっかりお小遣いをおねだりされた。
千バーツ札を握りしめ、掃除しなくちゃと言い残して、彼女は帰っていった。
わたしの財布からもきっちりポンプで汲み取ったわけね。

うーん、タイの女性はたくましい。
洪水に負けるなよ。

 

いつの間にか、彼女との仲も疎遠となり、会うこともなくなった。
一度、ウォーキングストリートの某バーでコヨーテとして働いている現場に遭遇したくらい。
その後、見かけることはなくなった。

雨にも負けず、元気にやっているだろうか。
大雨が降るたびに彼女を思い出す。


関連記事

ブッカオバービア群

北部タイ語のちょっと危ないスラング

パタヤでチェンマイ語 パタヤのバービアで働く女性の大半はイサーン出身だ。バンコク近郊やペチ

記事を読む

nongkhai-mekong-riverside-8

イサーンで聞くボーボーニヤンニヤンに萌える。タイ語とイサーン語とラオス語。

イサーンとラオスは元々同じ文化圏。 使われている言語も当然似ている。 政治的歴史的変遷もあり

記事を読む

girl

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

友人にナンパを託す 2年ほど前の話。 わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。

記事を読む

ソンクランバービア嬢

ゴーゴーバーに転職するバービア嬢。田舎っ子Pちゃんがスレっ子へ。

パタヤに星の数ほど存在するバービアとそこで働くバービア嬢たち。 そのほとんどが、年齢的にもルックス

記事を読む

イサーン語スラング

タイ語学校では教えてくれないイサーン語スラング。でも使っちゃダメよ。

英単語でイサーン語の発音ができるというおもしろい画像のご紹介。 それもイサーン語のスラングです。

記事を読む

謎のオブジェ

タイ夜遊び旅行を楽しむには、テキトーさと笑い飛ばす力があればいい

タイにかぎらず、東南アジアやインドなどを旅行していると、どうしてもイライラしてしまうような事

記事を読む

バービア結婚パーティ

ゲーレオ。50歳のファランは老けていないのか?

知り合いの元バービア嬢が最近結婚した。 相手は元アメリカ海軍所属のファラン。 彼女は34

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

カマグラ

カマグラ ミーマイ?パタヤの夜の強い味方

パタヤの薬局にて 今年2月頃、友人とパタヤ滞在中の話。 どうしても夜のお薬が欲しいという

記事を読む

バンコク銀行ATM

続・日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。あなたはそれでも送金しますか?

覚えているだろうか、あの魔性の女プーちゃんを。 齢21にして、日本人やファランを転がし、送金を受け

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑