*

パタヤの洪水とコヨーテ嬢の思い出

公開日: : エッセイ

最近の大雨で、パタヤはここ10年で最悪の洪水に見舞われたらしい。

ビーチロードには、急遽、排水ポンプが配備されたが、それでも間に合わず。
当局も手をこまねいているわけではないが、対策が追いつかないのが現状。

pumps-4
出典:Pattaya Mail(http://www.pattayamail.com/localnews)

 

先日までのパタヤ滞在中は、後半に雨がよく降った。
それでも洪水まではいかなかった。

わたしが根城にしているソイブッカオ近辺の洪水は、それほどひどくない。
膝辺りまでの冠水がせいぜい。

pattayaの冠水

まあ、写真を見ればわかるように、それでも迷惑な話だけど。

でも、パタヤタイ付近はもっとひどいらしい。

コヨーテ嬢との思い出

2年ほど前、パタヤでアパート暮らしをしていた頃の話。
懇意にしているコヨーテ嬢がいた。
イサーン出身の20歳。

コヨーテ嬢

元々は、店舗専属のコヨーテダンサーをしていた。下着3枚着用の重装備。
その店が潰れてからは、エージェント所属の派遣コヨーテへ転身。
10日間の契約で1万バーツと言っていた。
でも、レディドリンクのノルマが厳しいらしく、実際は満額もらえないそうだ。

仕事がない日には、わたしの部屋にやって来ては泊まっていった。

大雨が打ちつける夜、
「部屋の中にまで水が入ってきた~!」
と、悲痛なメールが届いた。

本来ならわたしのアパートに遊びに来る予定だった。
が、当然のようにキャンセル。
雨はなかなか降り止まない。
わたしも外出できず、部屋で一人寝だった。

翌日、そのコヨーテ嬢がわたしのアパートにやってきた。
昨日の状況を聞かされる。

彼女のアパートはパタヤタイにあって、部屋は1階だそうな。
大雨で床上浸水の被害。
ベッドまでぐちょぐちょに濡れたらしい。

もう大変、と半笑い状態でグチをこぼしていた。

コヨーテ嬢2

でまあ、部屋に来た以上、やることは一つ。

わたしの部屋は4階だ。
床上浸水の心配ゼロ。
ベッドは乾ききっている。
むしろ下半身が洪水状態。
ベッドの上は夜の氾濫。
しかも、彼女は床上手だ。
最後は、汗やら何やらでベッドの上がぐちょぐちょに濡れた。
これがホントの床上浸水

ああ、彼女は、まさに夜の排水ポンプ。
わたしの洪水は根こそぎ吸い取られてしまったのだった。

そのまま彼女はお泊り。

翌朝、ちゃっかりお小遣いをおねだりされた。
千バーツ札を握りしめ、掃除しなくちゃと言い残して、彼女は帰っていった。
わたしの財布からもきっちりポンプで汲み取ったわけね。

うーん、タイの女性はたくましい。
洪水に負けるなよ。

 

いつの間にか、彼女との仲も疎遠となり、会うこともなくなった。
一度、ウォーキングストリートの某バーでコヨーテとして働いている現場に遭遇したくらい。
その後、見かけることはなくなった。

雨にも負けず、元気にやっているだろうか。
大雨が降るたびに彼女を思い出す。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

サメット島バービア嬢2

パタヤガールとの初めての小旅行はサメット島だった。ちょっと淡くも苦い思い出。

バービア嬢との出会い もう何年も前の話。 2回目のパタヤ訪問時に、スワンナプーム空港閉鎖

記事を読む

Gダイアリー

久々にGダイアリーを購入してみたら最強マップが増えていた

タイ好きの紳士の雑誌といえばGダイアリー。 購入したのは、G-DIARY2015年11月号。目下の

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

パタヤのバービアで若くてかわいい新人バービア嬢は見つかるのか?その探し方。

バービア遊びの醍醐味 バービア遊びの醍醐味としてよく言われるのは、 ・ダイヤの原石探

記事を読む

ウォーキングストリート

おそるべきタイ有引力の法則。タイ中毒者のための処方箋はあるのか?

ゴールデンウィークもそろそろ終了。 期間中にタイで遊ばれた方もすでに帰国している頃でしょうか。

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

バービア嬢、ゴーゴー嬢を囲うには一ヶ月いくら必要か?超ロングペイバー。

夜の女性を囲う 好きになってしまったタイの夜の女性がいるとしよう。 あなたはすでに帰国。

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

ウォーキングストリート2015

彼女は床上手?夜のサービスを尋ねるならこのタイ語、ボリカーンディーマイとアオゲーンマイ

タイで夜遊びしている以上、お相手となる女性のサービスはとても重要なポイント。 せっかくバーファイン

記事を読む

スクリーンショット_050916_020340_PM

「世界一周ホモのたび by 熊田プウ助・ サムソン高橋」がおもしろい

バックパッカー系海外旅行ブログやツイッターで話題になっている本がある。 タイトルがいい

記事を読む

Gift

カラオケ嬢が欲しがるお土産は3つ。でも最高のお土産はアレだよ。

タイ訪問まであと少しだが、カラオケ嬢とは毎日のようにLINEのビデオコールでやりとりしている

記事を読む

girl

ホテルのフロントレディをナンパせよ指令

友人にナンパを託す 2年ほど前の話。 わたしはパタヤにアパートを借りて長期滞在していた。

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑