*

【ラノーンの夜遊び】ラノーンでソンテウに乗ったらミャンマー人カラオケ置屋ゾーンへ迷い込んだ

アジア周遊旅行35(ラノーン夜遊び編)

ホテルで軽くシャワーを浴びてから外へ出てみると、すでに日が暮れはじめていた。

ラノーンは、ミャンマーとの国境の町。
タイの観光ビザを取ったばかりだしミャンマー側へ渡るつもりはなかったが、とりあえず国境は見ておきたい。

ラノーンのソンテウ

ホテルのフロントで、イミグレーションへの行き方を尋ねると、赤いソンテウに乗れと教えてくれた。
料金は20バーツ。たまに30バーツ請求されることもあるそうだが、基本は20バーツとのこと。

大通り(Chaloem Phrakiat)に出て、ソンテウをつかまえる。
確かに赤い。そして小さい。

ラノーンバスターミナルソンテウ (3)
(これは別のソンテウで、実際はこれよりも小さくてボロかった)

荷台の床は木製だ。

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (1)

天井が異常に低い。こんなソンテウは初めてだ。
外の景色がまるで見えない。

どこで降りればいいかわからず、ソンテウの走るままにまかせる。
途中で料金所があって、運転手が払っていた。

ラノーンミャンマー人カラオケ置屋付近 (3)

港湾内のような雑然とした場所を走ること数分、ここが終点のようで、全員降ろされた。
料金は黙って20バーツ払えばオッケーだった。

カラオケ置屋発見

ラノーンイミグレーション方面行き赤ソンテウ (2)

わけもわからずソンテウを降りてみた。

なんじゃここは。

明らかにミャンマー人と思われる人たちが闊歩している。
決して全員が全員ではないけれど、男性は腰巻き(ロンジー)を履いて、女性は顔に粉(タナカー)を塗っている。

タイであって、タイでない。

さすが国境の町。しかも港の近くだ。

かなりやさぐれた雰囲気だが、それほど危険は感じない。
というか、かなり怪しい。
こういった場所には、夜の盛り場があるもの。

ラノーンミャンマー人カラオケ置屋付近 (2)

 

おっと、いきなり見つけた。

店の看板はないけれど、店内にはカラオケの機材とソファーが置いてある。
その店先には、タナカーを塗った女性たちが座っている。
港で働く女性とは明らかに違う服装である。

これは、間違いなくカラオケ置屋だ。
噂には聞いていたが、こんなところにあったのね。

(遠目で撮影したところ。左側がカラオケ置屋と思しき場所。)
ラノーンミャンマー人カラオケ置屋付近 (1)
が、まだ開店前っぽい。
女性たちは、タナカー以外の化粧をしたり、食事を取っている最中だ。

でも、わたしが近づくと、にっこりと微笑んでくれる。

どこか素朴な雰囲気だなあ、ミャンマーの女性は。
まあ、営業スマイルだろうけど。

特に遊ぶつもりもなかったので詳細な料金体系などは聞いておらず不明。

大まかな地図だけ載せておきます。

ラノーンのミャンマー人カラオケ置屋と関連施設地図

「カラオケ置屋」と書いてある辺り。場所はおおまかです。
赤いソンテウに乗って終点で降りてから、100メートルほど元に戻ったところ。数軒ほど並んでいるんで、すぐにわかります。

タイ国内でミャンマーを味わいたい人は冒険がてらにどうぞ。

帰りは、またソンテウに乗ればいいだけ。

パタヤのソンテウと同じで、手をひらひらさせれば止まってくれる。

降りる時は、ブザーがないので運転手に直接声掛けすること。
「ロン ティーニー(ここで降ります)」とでも言えばオッケー。

ちなみに、帰りはイミグレーション近くからソンテウに乗った。

このソンテウが、派手なデコレショーン付きで笑えた。

ラノーンソンテウ

ラノーンのソンテウは自由でいいなあ。

なお、イミグレーションはこんな感じ。
ラノーンイミグレーション (1)
ラノーンイミグレーション (2)
日が暮れているせいか、ほとんど人気はなかった。

ミャンマー人置屋は見つからず

夜になってから、市内中心部でミャンマー人置屋を探すことに。

事前情報では、市内にも置屋があるとのことだった。

チャロームプラキアット周辺をひたすら歩き回った。
が、それらしい場所は一向に見つからない。
というか、バーやパブすらほとんどない。

こうなれば、バイタクの運ちゃんが頼みだ。
が、そのバイタクすら一台も見つからない。

まだ宵の口なのに。

数キロは余裕で歩いたが、本当にバイタクがいない。
これは、きついぞ。

しかたがないんで、ホテル近くのフードコートでバカ食いしてしまった。

ラノーンフードコート (1)

このフードコートは便利。
タイ料理からステーキまで何でも揃う。

ラノーンフードコート (2)

カオマンガイのミックスで50バーツ。
ペットボトルの水は8バーツと良心的ローカルプライスだ。

ナリンプレイスホテル近くの屋台群もいい。
買い食いし放題。

ラノーン屋台

おやつ系屋台と唐揚げ屋台と充実していた。

で、こんなに栄えている場所にはバイタクが付き物なのだが、ちっともバイタクがいない。

どうなっているんだ、ラノーン。
まだ夜の9時だぞ。

もう疲れた。

カオラックに続き、これまた情けないことに、ラノーンの夜遊びスポット捜索を断念してしまった。
港のミャンマー人カラオケ置屋ゾーンがわかったので、それでいいか。

あと、温泉に入る時間もなかった。
せっかくのラノーンだが、ほとんど何もしていない。
もったいないなあ。

まあ、次回来ることがあれば、温泉とカラオケ置屋で遊んでみよう。

 

明日は、ラノーンから一気にバンコクへ行く。
この旅の最終中継地点となるはずだ。
ゴールが見えてきた。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ピーチ航空 (1)

アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

アジア周遊旅行40(総括編) 18日間に渡ったアジア周遊旅行。そのまとめをお送りしたい。

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

クラビプラナンフローラハウスホテル室内 (4)

【クラビ・アオナンビーチのおすすめホテル紹介】プラナンフローラハウスホテルとアオナンスマイルホテル

アジア周遊旅行記29(クラビホテル紹介編) クラビで一番有名なビーチがアオナンビーチだ。

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

クラーク発シンガポール行きタイガーエアー (2)

クラーク空港発シンガポール行きタイガーエアTR2703便搭乗記。クラーク空港国際線利用方法。

アジア周遊旅行12 タイガーエアでクラークからシンガポールへ向かう。 搭乗するのは、タイ

記事を読む

ハジャイの燕巣屋台 (1)

ハジャイ名物の燕巣を食べてみた。マレー料理とカオカームーも。

アジア周遊旅行24(ハジャイグルメ編) ハジャイといえば、めくるめく華僑の街。 通りを歩

記事を読む

カオラックナントンビーチビアガーデン (1)

カオラックのナントンビーチってこんなところ。ジェルンホテル宿泊レポート。

アジア周遊旅行31(カオラック案内) クラビからのバスが到着したのは、カオラックのナントン

記事を読む

nanaplazasuckers

バンコク・スクンビット夜遊びスポットめぐりしつつ、ビアガーデンでお持ち帰り

アジア周遊旅行38(バンコク夜遊び編) ペナン島から陸路でマレー半島を北上していき、ついにバン

記事を読む

クラビアオナンビーチからカオラックへの道 (6)

クラビからカオラックへは、ロットゥー乗り換えのたらいまわしに会う

アジア周遊旅行30(クラビからカオラック) クラビはいいところだった。 アオナンビーチは

記事を読む

アドステア

アドステア

Bachelor (2)
【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だ

no image
ザ LD ブティック宿泊レポート。サードロードなら新築で広い部屋のホテルが700バーツ。

Agodaのパタヤのホテル地図をチェックしていると、見慣れぬホテル

Drinking street
ノースパタヤで軽くバービアめぐり。ドリンキングストリートとソイ3バービア群。

沈没日記4 友人二人はパタヤ4日目。 3日目の昨晩、初パタヤの

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

→もっと見る

PAGE TOP ↑