*

ペナン空港からジョージタウン・チュリア通りへはラピッドペナンのバスがおすすめ。安くて快適。


アジア周遊旅行15

シンガポールからのフライトでペナン国際空港に到着。
これから、わたしはジョージタウンのチュリア通りへ向かいたかった。

タクシー、レンタカーなどもあるが、やはりバスが一番安い。しかも快適。
節約系個人旅行者なら、ほぼバス一択でしょうね。

まずは、ペナン空港に到着してからの流れをみてみる。

SPONSOR LINK

ペナン国際空港到着後

ペナン国際空港 (3)

到着フロアは1階。

それほど広い空港ではないので、ターミナルビルはコンパクトにまとまっている。

タクシー手配所
ペナン国際空港ターミナルビル内部 (1)
やたらとレンタカーの窓口が多い。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (2)

これ全部レンタカー会社だ。
日本のオリックスもありました。

両替所もある。細かいレートは忘れたが、それほど悪くなかったような。
わたしは海外キャッシングしたかったので、ATMを探す。1階のATMは稼働しておらず、2階に登る必要があった。

2階は、出発フロアーになっていて、奥にチェックインカウンターがある。

国際線出発ゲート入口
ペナン国際空港ターミナルビル内部 (4)
あと、KFCなど食事を取れるスペースに。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (3)
その一角にATMコーナーがあった。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (5)

5台ほど並んでいる。
CIMB BANKを利用してみた。
これにて無事にマレーシアリンギットを入手。

つづいて、ジョージタウン行きのバス乗り場へ。

ペナン空港ラピッドペナン社バスのりば

ペナンのバスといえば、RAPID PENANGである。
空港のバスのりばは、ターミナルビル1階を出て、左手にある。

ペナン島空港バス (3)

ビルを出たところでタクシーの勧誘をしきりに受けるが、無視してバスのりばへ。

何台かはバスが待機しているのですぐにわかるはずだ。

これはターミナルビール2階が見下ろしたところ。6台くらいバスが集まっている。
ペナン島空港バス (2)
おおざっぱなバスルートも掲示してある。
ペナン島空港バス (4)
ペナン空港はペナン島南部に位置していて、ジョージタウンは北部だ。意外と離れているのがわかる。

小さな受付台があって、係員に行き先を告げれば、どのバスに乗ればいいのか案内してくれる。この人は英語が通じるので問題なし。

ジョージタウン(チュリア通り)行きラピッドペナンバス

わたしは、ジョージタウンのチュリアに行きたいと告げた。
案内されたのが、このバス。

ペナン島空港バス (5)

JETI行きと書いてある。
事前情報では「U401E」のバスがジョージタウン行きとのことだったが、このJETI行きの番号は不明。でも、このJETI行きで間違いない。
JETIとはジョージタウンにあるフェリー乗り場のことだと思われる。

もしも、バトゥフェリンギやタンジュンブンガなどジョージタウン以外の場所へ行きたい場合は、係員に聞けば正確なバスを教えてもらえる。

バスの運行間隔は不明。

料金は、ジョージタウンまで2.7マレーシアリンギットとなっている。
支払いはバス乗車時に運転手に行き先を告げてから、料金箱に投入する。
注意点としては、お釣りは出ないこと。
小銭まできっちり用意しておく必要がある。
わたしは、手持ちの小銭がなかったので、空港内の売店まで戻って缶コーヒーを購入して小銭を用意した。

切符現物
ペナン島空港バス (6)

車内の様子
ペナン島空港バス (7)
ペナン島空港バス (8)
日本の市内バスよりも大きな作りで、座席数には余裕がある。
座り心地も悪くない。

これで2.7リンギット(約70円)はお得でしょう。

バスは快調に走る。

ペナン島長距離バスターミナルを経由。
ペナン島空港バス (9)ペナン島長距離バスターミナル

もしもクアラルンプールからの長距離バスでペナン島にやって来た場合、このターミナルで降ろされることになるはず。その場合は、ここでラピッドバスのJETI行きに乗り換えれば、ジョージタウンまで行けることになる。

ついで、ペナンのランドマークである「コムタ(Komtar)」へ。
ここにもバスターミナル(市内バスと乗り合いバス、私営長距離バスなど)があって、乗客の乗り降りが多い。
ペナン島空港バス (10)コムタ

それから、やや狹い道へ。
チュリア通りを走行しているようだ。

すぐに運転手が「チュリア」と告げてくれた。
ここで下車する。

まさに下車したばかりのバスが遠ざかっていくところ
ペナン島空港バス (1)
バス停の表示あり
ペナン島チュリア通りバス乗り場 (2)

ここはチュリア通り(Lebuh Chulia)のど真ん中。

ペナン島チュリア通りバス乗り場 (1)

交差点になっていて、横断歩道もある。
すぐ近くにセブンイレブンもある。
ペナン島チュリア通りセブンイレブン

空港からチュリア通りまでの所要時間は約40分だった。
大きな窓があって車窓からの眺めもばっちり。
エアコンも効いていて快適でしたね。

関連地図

チュリア通りからペナン国際空港へバスで移動

往路と逆の方法を取ればいいだけですね。

乗り場はチュリア通りの反対側にいくつかある。

あとは、バスを待つだけ。

ペナン島チュリア通りバス乗り場 (3)

これは空港発のバスだが、表示が逆になるだけなので、すぐにわかる。
簡単です。

ペナン島では、ラピッドペナンのバスを利用して快適に移動しましょう。

ペナン島ジョージタウンでのホテル・ゲストハウスについては次回以降に。
グルメ情報やナイトライフ情報もアップしていきます。

SPONSOR LINK

関連記事

シンガポールからペナン島タイガーエア (4)

シンガポールからペナン島へのフライト。タイガーエアTR2428便搭乗記。

アジア周遊旅行14 早朝6時半過ぎに、もぞもぞと起床。 ドミトリーの他の宿泊客たちはまだ

記事を読む

ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (3)

ダンノックからハジャイへはロットゥーでお気軽移動

アジア周遊旅行22(ダンノックからハジャイへ) ダンノックはおもしろい町だった。 も

記事を読む

ハジャイからクラビへの途中にあるサービスエリア (3)

ハジャイからクラビへは、ロットゥーとバイタクとソンテウを乗り継いで5時間半。疲れる旅です。

アジア周遊旅行25(ハジャイからクラビ移動編) ハジャイは1泊だけにした。 いろいろとお

記事を読む

ピーチ航空 (1)

アジア5カ国周遊旅行まとめ。ルートと実際の使用金額など。

アジア周遊旅行40(総括編) 18日間に渡ったアジア周遊旅行。そのまとめをお送りしたい。

記事を読む

ペナン島ゴールデンアップル同楽旅社あと (3)

沢木耕太郎「深夜特急」に登場するペナン島の同楽旅社は、うらぶれた娼館のまま健在だった。

アジア周遊旅行17(ペナン島編) 沢木耕太郎著『深夜特急』第2巻はペナン島が舞台となる。 フ

記事を読む

nanaplazasuckers

バンコク・スクンビット夜遊びスポットめぐりしつつ、ビアガーデンでお持ち帰り

アジア周遊旅行38(バンコク夜遊び編) ペナン島から陸路でマレー半島を北上していき、ついにバン

記事を読む

カオラック経由プーケット発バス

カオラックからラノーンへバス移動

アジア周遊旅行33(ラノーンへ) カオラックで健全な夜を過ごしてから翌朝のこと。 恒

記事を読む

香港発クラーク行きセブ・パシフィック (2)

香港からクラーク(アンヘレス)へ。セブパシフィック5J149便搭乗記。

アジア周遊旅行記4 本日は、香港からフィリピン・クラーク(アンヘレス)へ向かう。 搭乗す

記事を読む

アンヘレスクラーク国際空港 (1)

アンヘレス(フィールズアベニュー)からクラーク空港へ行く方法

アジア周遊旅行11 アンヘレス滞在5泊を終えて、夕方のフライトでシンガポールへ向かう。

記事を読む

シンガポールゲイランの公認置屋

シンガポール・ゲイランの夜は、公認置屋とホーカーズへ

アジア周遊旅行13 アジア周遊旅行日記はシンガポール編に突入する。 とはいえ、シンガポール滞

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑