*

ペナン空港からジョージタウン・チュリア通りへはラピッドペナンのバスがおすすめ。安くて快適。


アジア周遊旅行15

シンガポールからのフライトでペナン国際空港に到着。
これから、わたしはジョージタウンのチュリア通りへ向かいたかった。

タクシー、レンタカーなどもあるが、やはりバスが一番安い。しかも快適。
節約系個人旅行者なら、ほぼバス一択でしょうね。

まずは、ペナン空港に到着してからの流れをみてみる。

SPONSOR LINK



ペナン国際空港到着後

ペナン国際空港 (3)

到着フロアは1階。

それほど広い空港ではないので、ターミナルビルはコンパクトにまとまっている。

タクシー手配所
ペナン国際空港ターミナルビル内部 (1)
やたらとレンタカーの窓口が多い。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (2)

これ全部レンタカー会社だ。
日本のオリックスもありました。

両替所もある。細かいレートは忘れたが、それほど悪くなかったような。
わたしは海外キャッシングしたかったので、ATMを探す。1階のATMは稼働しておらず、2階に登る必要があった。

2階は、出発フロアーになっていて、奥にチェックインカウンターがある。

国際線出発ゲート入口
ペナン国際空港ターミナルビル内部 (4)
あと、KFCなど食事を取れるスペースに。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (3)
その一角にATMコーナーがあった。

ペナン国際空港ターミナルビル内部 (5)

5台ほど並んでいる。
CIMB BANKを利用してみた。
これにて無事にマレーシアリンギットを入手。

つづいて、ジョージタウン行きのバス乗り場へ。

ペナン空港ラピッドペナン社バスのりば

ペナンのバスといえば、RAPID PENANGである。
空港のバスのりばは、ターミナルビル1階を出て、左手にある。

ペナン島空港バス (3)

ビルを出たところでタクシーの勧誘をしきりに受けるが、無視してバスのりばへ。

何台かはバスが待機しているのですぐにわかるはずだ。

これはターミナルビール2階が見下ろしたところ。6台くらいバスが集まっている。
ペナン島空港バス (2)
おおざっぱなバスルートも掲示してある。
ペナン島空港バス (4)
ペナン空港はペナン島南部に位置していて、ジョージタウンは北部だ。意外と離れているのがわかる。

小さな受付台があって、係員に行き先を告げれば、どのバスに乗ればいいのか案内してくれる。この人は英語が通じるので問題なし。

ジョージタウン(チュリア通り)行きラピッドペナンバス

わたしは、ジョージタウンのチュリアに行きたいと告げた。
案内されたのが、このバス。

ペナン島空港バス (5)

JETI行きと書いてある。
事前情報では「U401E」のバスがジョージタウン行きとのことだったが、このJETI行きの番号は不明。でも、このJETI行きで間違いない。
JETIとはジョージタウンにあるフェリー乗り場のことだと思われる。

もしも、バトゥフェリンギやタンジュンブンガなどジョージタウン以外の場所へ行きたい場合は、係員に聞けば正確なバスを教えてもらえる。

バスの運行間隔は不明。

料金は、ジョージタウンまで2.7マレーシアリンギットとなっている。
支払いはバス乗車時に運転手に行き先を告げてから、料金箱に投入する。
注意点としては、お釣りは出ないこと。
小銭まできっちり用意しておく必要がある。
わたしは、手持ちの小銭がなかったので、空港内の売店まで戻って缶コーヒーを購入して小銭を用意した。

切符現物
ペナン島空港バス (6)

車内の様子
ペナン島空港バス (7)
ペナン島空港バス (8)
日本の市内バスよりも大きな作りで、座席数には余裕がある。
座り心地も悪くない。

これで2.7リンギット(約70円)はお得でしょう。

バスは快調に走る。

ペナン島長距離バスターミナルを経由。
ペナン島空港バス (9)ペナン島長距離バスターミナル

もしもクアラルンプールからの長距離バスでペナン島にやって来た場合、このターミナルで降ろされることになるはず。その場合は、ここでラピッドバスのJETI行きに乗り換えれば、ジョージタウンまで行けることになる。

ついで、ペナンのランドマークである「コムタ(Komtar)」へ。
ここにもバスターミナル(市内バスと乗り合いバス、私営長距離バスなど)があって、乗客の乗り降りが多い。
ペナン島空港バス (10)コムタ

それから、やや狹い道へ。
チュリア通りを走行しているようだ。

すぐに運転手が「チュリア」と告げてくれた。
ここで下車する。

まさに下車したばかりのバスが遠ざかっていくところ
ペナン島空港バス (1)
バス停の表示あり
ペナン島チュリア通りバス乗り場 (2)

ここはチュリア通り(Lebuh Chulia)のど真ん中。

ペナン島チュリア通りバス乗り場 (1)

交差点になっていて、横断歩道もある。
すぐ近くにセブンイレブンもある。
ペナン島チュリア通りセブンイレブン

空港からチュリア通りまでの所要時間は約40分だった。
大きな窓があって車窓からの眺めもばっちり。
エアコンも効いていて快適でしたね。

関連地図

チュリア通りからペナン国際空港へバスで移動

往路と逆の方法を取ればいいだけですね。

乗り場はチュリア通りの反対側にいくつかある。

あとは、バスを待つだけ。

ペナン島チュリア通りバス乗り場 (3)

これは空港発のバスだが、表示が逆になるだけなので、すぐにわかる。
簡単です。

ペナン島では、ラピッドペナンのバスを利用して快適に移動しましょう。

ペナン島ジョージタウンでのホテル・ゲストハウスについては次回以降に。
グルメ情報やナイトライフ情報もアップしていきます。

SPONSOR LINK

関連記事

近況報告

【近況報告】移動続きの旅をしながらブログを更新するのは難しい。でも旅は楽しい。

アジア周遊旅行番外編 リアルタイム速報 ブログの更新が滞っていますが、なんとか元気にやっ

記事を読む

ダンノックのハジャイ行きロットゥー乗り場 (3)

ダンノックからハジャイへはロットゥーでお気軽移動

アジア周遊旅行22(ダンノックからハジャイへ) ダンノックはおもしろい町だった。 も

記事を読む

夜のアンヘレスウォーキングストリート (2)

アンヘレス初日は、20歳ゴーゴーダンサーをバーファインして大当たり

アジア周遊旅行6(アンヘレス1日目) ようやくアンヘレスにたどり着いた。 この日記の更新も遅

記事を読む

ペナン島チキンライスカオマンガイ (2)

【ペナン島はB級グルメ天国】チキンライス(カオマンガイ)、カレーラーメン、エビラーメン、ワンタンメン、ぶっかけ飯などなど一気に紹介。

アジア周遊旅行16(ペナン島編) ペナン島には合計3泊滞在した。 朝はゲストハウスの

記事を読む

アンヘレスウォーキングストリートでアイスクリーム

アンヘレス2日目は体調悪化で最悪の夜に。フィリピンとタイの英語&夜遊び用語の違い。

アジア周遊旅行7(アンヘレス滞在2日目) 宿泊したホテルのエアコンが強烈だった。 冷風ががん

記事を読む

クラーク発シンガポール行きタイガーエアー (2)

クラーク空港発シンガポール行きタイガーエアTR2703便搭乗記。クラーク空港国際線利用方法。

アジア周遊旅行12 タイガーエアでクラークからシンガポールへ向かう。 搭乗するのは、タイ

記事を読む

香港発クラーク行きセブ・パシフィック (2)

香港からクラーク(アンヘレス)へ。セブパシフィック5J149便搭乗記。

アジア周遊旅行記4 本日は、香港からフィリピン・クラーク(アンヘレス)へ向かう。 搭乗す

記事を読む

ダンノック街中 (8)

ダンノック(サダオ)の歩き方とホテルの探し方

アジア周遊旅行20(ダンノック編) ペナン島から国境を越えて、タイに入国。 ハジャイ行き

記事を読む

バンコク南バスターミナル (3)

バンコク南バスターミナルからカオサン、フアランポーン駅行きのローカルバス。地下鉄乗り換えでスクンビットへ。

アジア周遊旅行37(バンコク編) ラノーンを出発して10時間。 バンコク南バスターミナル

記事を読む

カオラックナントンビーチビアガーデン (1)

カオラックのナントンビーチってこんなところ。ジェルンホテル宿泊レポート。

アジア周遊旅行31(カオラック案内) クラビからのバスが到着したのは、カオラックのナントン

記事を読む

アドステア

アドステア

パタヤカンの新しいカオマンガイ屋 (1)
パタヤカンの新しいカオマンガイ屋。バミーナムもおいしい。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに新しい食堂ができていた。

ライトハウス Lighthouse
新ゴーゴー、YES!? 復活ウィンドミルとライトハウス訪問レポ

日本ではお盆休みが完全に開けた月曜日。 昨晩のウォーキングストリート

タイ・パタヤの丸亀製麺のしっぽくうどん (1)
丸亀製麺のしっぽくうどんで日本の田舎を思い出す

用事があってBIG C Extraへ行った際に、ふと気になり、丸亀

ウォーキング夜景 1
【最新2017年版】パタヤ夜遊び相場一覧。ゴーゴーバー、バービア、ソイ6、MP、いくらで遊べるの?

2017年8月最新更新。 大元は2015年4月にアップした記事となり

サイアムビューレジデンス Siam View Residence (7)
サイアム ビュー レジデンス (Siam View Residence)宿泊レポート

パタヤカンのソイ12にあるサイアムビューレジデンスに泊まってみた。

→もっと見る


PAGE TOP ↑