*

【アンヘレスの食事処】SMデパートのフードコードは使い勝手良し

公開日: : グルメレポート


今回のアンヘレス滞在で2回通ったのが、SMと呼ばれる大型ショッピングモールのフードコードだ。
なにかと食事どころに困るアンヘレスであるが、ここに来れば、それなりのバリエーションの料理を、それなりの味で、それなりの量を、それなりに安い価格で、それなりにおいしく食べることができる。
まあ、グルメを求めてアンヘレスへ旅行する人は稀だろうけど、初心者でも気軽に食べるならSMのフードコートはおすすめです。
パタヤでいうならセンタンのフードコートみたいなもんですな。

SPONSOR LINK

SMデパートアンヘレス

SMとは、シューマートの略だそうで、元々は靴屋から出発したとか何とか。
ウォーキングストリートからは歩いて10分ほどかかる。
フィールズアベニューを少し進み、ジョリビーの脇を通って、大きなジプニーターミナルを抜け、陸橋を渡った
先がSMとなる。

ジプニーターミナル
アンヘレスSMデパート (2)
陸橋
アンヘレスSMデパート (3)

地図

入り口で空港のような金属探知ゲートをくぐって、警備員の検査を受けてから入場するあたりは、治安の悪いフィリピンならではか。

アンヘレスSMデパート (1)

中は、日本のショッピングモールと変わらない清潔さなのでご心配なく。
まあ、でかいです。

SMのフードコート

SMデパートの1階を中央付近まで進んで、中央広場近くを右手に曲がった奥がフードコードとなっている。

広場には、回転木馬や逆バンジーのような遊具がたくさん。
アンヘレスSMデパート (4)
奥まで進むとフードコートがある。

アンヘレスSMデパートフードコート (9)

タイとは違ってクーポン制になっておらず、各店でそのまま支払う仕組み。

アンヘレスSMデパートフードコート (2)

フィリピン料理はわずかしかない。
ステーキ、ハンバーガーなどの洋食系、日本料理、韓国料理、タイ料理などの外国料理がメイン。
フィリピン料理はどうなってるんだ?

シシグ

SIZZLING PLATE
アンヘレスSMデパートフードコート (11)

このステーキ屋が人気だった。
100ペソ代で鉄板アツアツのステーキが食べられる。

せっかくなので、フィリピン料理のシシグをオーダーしてみた。Sizzling Sisig。

そういえば初めてアンヘレスを訪れた時も、ここでシシグを食べたような気がする。

今回のシシグがこちら。
アンヘレスSMデパートフードコートシシグ
シシグは、味付きの挽肉を焼いた料理。
肉は濃い目の味付けだが、生卵がのせてあり、混ぜて食べるとかなりマイルドになる。
ご飯に合う一品だ。
が、サフランライスっぽいご飯は、ベチャベチャであまりいけていない。これなら普通の白ご飯のほうがいい。まあ、フィリピンの白ご飯はパサパサだし、焼き飯を頼んでもベチャベチャのご飯になるわけで、これがデフォルトなのかも。

友人は、ポークステーキを食べていて、味はいたって普通とのこと。

アンヘレスSMデパートフードコート (5)
どちらも、120ペソ。日本円で260円くらい。まあ日本円で考えると安いけど、現地価格だとわりといいお値段かも。

ちなみに、ペットボトルの水は各店一律20ペソ。やや高め。
アンヘレスSMデパートフードコート (7)

イカの姿焼き

翌日は、ステーキ屋隣のシーフード系料理屋へ。IHAWJUANが店名かな。

アンヘレスSMデパートフードコート (3)
ここで、イカの姿焼きをオーダー。
130ペソ。

アンヘレスSMデパートフードコート (12)

いや、これはうまいでしょ。
小皿に入ったタレは、醤油味ですな。文句なし。
付け合わせの小鉢は、ビーフンの焼きそば。まずまず食べられます。
ご飯もステーキ屋のサフランライスよりもおいしい。

でも、これをフィリピン料理と呼んでいいものか。
イカ焼きと醤油と焼きそばだもんなあ。

友人は、韓国料理屋でビビンバを食べていた。120ペソ。
この店も人気でしたね。

アンヘレスSMデパートフードコート (10)

味のほうは、これまたいたって普通で野菜も取れるし友人は気に入っていた。

SMデパート内のその他のレストラン

フードコートを表に出てすぐ横には、日本料理屋がある。焼肉屋か。

アンヘレスSMデパートフードコート (8)

さらには、トンカツ屋もオープン予定。
他にもラーメン屋オープンの看板の見かけた。

日本資本による経営なら味はいいかも。
値段はそこそこしそうだが。

ちなみに、SM内にはユニクロのテナントも入っている。
SMのユニクロ
料金は日本で買うよりも高めの設定。
靴下が4足セットで590ペソ(1300円ちょっと)。

また、SM内のスーパーマーケットにも小さなフードコーナーがあって、こちらは軽食やお菓子中心。
軽くつまみ食いするにはもってこい。

スーパーマーケット入り口にあるチキン屋さんはおいしそう。タイでいうところのガイヤーンですな。

アンヘレスSMデパートフードコート (1)

一匹丸ごとで200ペソ。450円くらいなんで、タイより少し安い。
以前食べたことがあるけど、タイのガイヤーンよりマイルドな味付けで、人によっては物足りないかも。
チキンはウォーキングストリート内でも売っていて、バーに持込可能です。

あと、SM全体にチェーン店系レストランが多数入っている。
KFC(ケンタッキー)もあって、セットが100ペソ以下とやけに低価格設定。
チキンサンドセットなんかは、70ペソくらいだったような。
でも、一番人気はやっぱりジョリビーなのであった。

というわけで、アンヘレスで食事に困ったら、とりあえずSMデパートへ行けば何とかなります。
せっかく海外まで行くなら、もっとローカルな食事どころを開拓したいところだけど、アンヘレスはちょっと面倒だなあ。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

koh-chang-seafood-restaurant-9

カブトガニも食べられる。タイ・チャン島の安くてうまいシーフードレストラン。

タイ東部の島、チャン島(チャーン島、コチャーン)。 島だけあってシーフードが豊富なのは当たり前

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

RETOX朝食 (4)

RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

ソイレンキーにオープンしたブリティッシュスタイルのスポーツバー、RETOX(リトックス、もしくは

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

thips-cafe-8

カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

パタヤカンとサードロード交差点にあるThip'S Cafe。 パタヤでは老舗の部類の入

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

アドステア

アドステア

D Xpress apartment (9)
ソイブッカオ近くのサービスアパート、D エクスプレス アパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

ソイブッカオとサードロードの間にあるサービスアパートメントに泊まっ

Prajanban foods (12)
カオトムプラジャンバンは、いつも安定したおいしさ。カエルも食べてみたよ。

日本から友人がパタヤへ遊びに来たら、必ず立ち寄るタイ料理レストラン

J Club (4)
日本を意識したジェントルマンズクラブ、J CLUB訪問レポート。CLUB 4クローズ情報。

けっこう前から看板は見かけていたJ CLUB。 店舗は完

Gaen Moogata (18)
蟹がうまい!シーフードも食べ放題のゲーンムーガタ、199バーツ

パタヤのムーガタシリーズ最新作。 初訪タイの知人のために、タ

Working girl (1)
パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょう

→もっと見る

PAGE TOP ↑