パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2014年9月-10月パタヤ沈没日記

駐在員のミアノイだった屋台おばさん/バービアでミアノイを探せ

投稿日:2014年10月8日 更新日:

沈没生活16日目

とある屋台のおばさん

昼飯に鶏の唐揚げを購入しようと屋台に近づいた。
すると、屋台のおばさんから日本語で話しかけれた。
ドレニスル?
最初は日本語だと気づかなかった。
たまにパタヤでも日本語が話せるタイ人やファランにいて、突然話しかけられることがある。
でも、まったく日本語が来るとは予期していないので、頭がついていかないのだ。

これ15バーツ、これ20バーツ
おばちゃんは意に介せず、続けた。
ちゃんと数字も言える。

「なんで日本語話せるの?」とこちらはタイ語で質問。
昔、シーラチャーで働いていたという。
なるほど。
「カラオケ屋でしょ?」
と、言うと、シーッと指を口元に当てながら、うなずくおばさん。
周囲のゴーゴーバーを見まわしていた。
昔の話よ。シャチョーさん、いっぱいいた。
「ミアノイだったの?」

ミアノイとは、タイ語で、愛人とか妾とか二号さんとかいう意味。
ミアが「妻」の意味で、ノイが「小さい」。小さい妻で、妾となる。

つまりは、おばさんは日本からやって来た駐在員に囲われていたわけか。
うん。お金いっぱいくれた
と、遠くへ目線をやる。
「でも、いま、もうおばさん。だからこうやって働いているの」
そう笑いながら言い放ち、おばさんは唐揚げを袋に入れていた。

なんか、パタヤの屋台売りのおばさんにもいろいろな過去があるもんだねえ。
バンコクやシーラチャーやアユタヤあたりには、もっとたくさんいそう。
日本人として、ちょっと複雑な気分。
でも、おばちゃんの作った唐揚げ、うまかったよ。

ガイトーット

 

ミアノイ探しにバービアめぐり

夜。
一週間前にペイバーした、22歳Iちゃんのバービアへ顔を出す。
やっぱりIは不在。ずっと田舎へ帰ったままだと言う。
このバービアには、他にも気になる子が3人ほどいるが、そのうち二人も最近顔を見ない。
もう一人の気になる子、Bちゃんと少しだけ会話。
ちょっと顔は大きめだが、綺麗な造作をしている。
ファランに受けそうな顔立ちだが、ファランは苦手なのだそうな。英語は話せるのにね。
ビール2本だけ飲んで、チェックビン。

 

これまた数日前にペイバーした24歳の新人バービア嬢のところへ。
まあ、ここは以前からのなじみのバーなので、ちょこちょこと顔を出している。
が、ペイバーして以来、そのバービア嬢を見かけていない。
生理といって帰ったくらいだから休暇でも取っていたか、それとも生理は嘘で他に上客がいるのか。
気にしてもしかたない。

おっと、そのバービア嬢がいた。
軽く挨拶。
とりあえず元気そうだ。
もう生理は終わったと言っている。
ペイバーしろということか。
う~ん、今日はパス。
でもせっかく再会したので、レディドリンクをかけてビリヤード勝負してみた。
3本勝負で2本先取したら、おごってあげるよと。

で、結果は…
わたしの勝ち。
でも、おごってあげた。

結局、レディドリンクをおごるんだけど、せっかくなら楽しまないとね。

しばらく話してから、チェックビン。
名残惜しそうな彼女を尻目に、バーをあとにした。

すでにビールは4本飲んだ。
ほろ酔い気分である。
もう帰ってもよかったのだが、どうにも釈然としない。

新規開拓だ!
ミアノイ探しだ!

 

ブッカオをひたすら歩いて物色。

アクションストリートへ突入。

アクションストリート

普段は、ぐるっと一周して素通りすることが多いが、この日はどこかの店には必ず入るぞと決意。
まずまず見た目がよさそうなバービア嬢に誘われ、席についた。

とりあえず自分のビールだけ注文。
相手をしてくれたのは、25歳のウドンタニー出身のバービア嬢。
よく見るとかなり腹が出ている。子どもがいるのでしょうがないとはいえ、油断しまくりの体型だ。
色白で顔立ちはすっきりしているのだが、残念。

あなた、タイに恋人か奥さんがいるでしょう?
と、質問された。まあ、よくある質問だ。
「いないいない。マイミーフェーン、マイミーパラヤー、マイミーミア」
と、返事。
「でも、ミアノイはたくさんいるよ。5人ね。」
で、バービア嬢を指さし、
「きみが6人目だ。ミアノイ ナンバーホック」
周囲で会話を聞いていたバービア嬢たちにも、けっこう受けた。

が、冗談でもミアノイにしたいタイプではなかったので、ビール一本飲んだところでチェックビン。
でも楽しく飲めたかな。レディドリンクを奢っていなかったので、少し多めにチップを置いていった。

 

胡蝶蘭バービア

次いで、近くにあるバービア「胡蝶蘭」を久々にのぞいてみた。
相変わらずレディボーイが先頭にたって接客している。
が、ほとんど客はおらず。
席に座れとうるさかったが、特に目を引くバービア嬢もおらず撤退。

今日はなんの収穫もなくおしまい。
ミアノイを作るには、まだ遠い。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2014年9月-10月パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.