*

バービアめぐりからのビーチクラブで5年ぶりゴーゴー嬢に再会

沈没日記21

大々的バービアめぐり

ちょろっと本気を出して、バービアめぐりをしようかと思い立つ。

まずブッカオで出会ったのが、20代後半のやたらと乳の大きなバービア嬢。

バービア嬢

積極的な売り込みをしてきて、夜のサービスにも期待ができる。
が、スマフォのLINEトーク画面の壁紙は、ファランおやじと彼女のツーショット写真だ。
ちょっと萎える。せめて隠してほしい。
一緒に寝ようと誘われたが、なんとなく気分が乗らずにパス。

ついで、ノースパタヤへ。
ソイ3を中心としたバービアを見て回るが、まったく琴線に触れるバービア嬢がいない。
このあたりのマッサージ屋には、そこそこ可愛い子が見つかるものだが、今日はハズレ。言い寄ってくるマッサージ嬢はおばさんばかり。

ドリンキングストリート

ドリンキングストリートはがっつり2往復したが、飲みたいバービアは見つからず。アラブ人の香水の匂いとシーシャの甘ったるい香りがちょっとしんどい。
ここもパス。

ええい、ついでじゃあ、とナックルアにも足を運ぶ。

ナックルアバービア群 (3)

バービア群二つと、ナックルア通り沿いにあるバービアを見て回るが、これまたひどいラインナップ。
ほとんど素通りしてしまった。

ビーチロードを走って、一気にソイ7とソイ8へ。

ソイ7

ここのところ毎日のようにソイ7とソイ8を巡回しているが、これといってパッとしないんだよなあ。

昔から世話になっているバービアに着席。
すると29歳のやや大人っぽいバービア嬢が営業に来た。
見た目は美人だが、近くでよく見ると、目元にシワが目立つ。子供もいるようで、腹はたっぷんたっぷん。
サービスはよさそうだが、ノリ気になれないなあ。
コーラ1本で退散。

ついで、別のバービアでスレンダーなバービア嬢に呼び込みを受ける。
色白で、とにかく腕と足が細い。腹も出ていない。
28歳で子供ひとり。
歯並びの矯正中。
顔のつくりは悪くないのに、たしかに出っ歯で口元不美人だ。積極的に接吻したい口ではない。
矯正がうまくいくと、もうちょっと美人になれそう。
矯正後ならペイバー候補になるが、現状ではちょっとなあ。

どうにもうまく見つからない。
気力が萎えてきた。
いかんなあ、昔のような気力と体力全開のバービアお宝さがしができなくなってきた。
パタヤのバービア全体レベルが落ちてきていることもあるが、それでも探せば見つかるはずで、悪いのは自分だな。

そういえば、先日知り合った19歳の新人バービア嬢の姿も見えない。ペイバーされてしまったか、仕事をやめてしまったか。さっさとペイバーするか、電話番号を聞いておけばよかった。
あと、2度ペイバーした22歳新人嬢はすでに田舎へ帰ってしまった。やはり、この仕事は向いてなかったのだろう。

知り合いのバービアで、コーラ1本飲んで一息つく。
本日は休肝日のつもり。極力コーラで過ごす。
もうお腹はたっぷんたっぷんだよ。コーラばかりでカロリー高そう。

ウォーキングストリートへ

時刻はすでに深夜3時前。
ソイLKメトロをのぞくと、ほとんどのゴーゴーバーが閉店済みか閉店準備中。

このまま帰ろうかと思ったが、なんとなくウォーキングストリートへ向かってしまう。

歩行者天国が解除されて、屋台が多数出没中。
フリーランスと思しき女性やレディボーイも多数出没中。

深夜のウォーキングストリート

せっかくウォーキングストリートまでやって来たが、気分が乗らない。
特に入りたいゴーゴーバーがない。

ビーチクラブ

ビーチクラブ

ふと、ビーチクラブに入ってみようと思い立つ。
特に意味はない。

移転オープン当日に入った時はそれなりの賑わいだったが、深夜3時前という時間帯のせいもあり店内はがらがら。
大きなソファー席に他の客は一人だけ。
これならのんびり座ることができる。
この客入りだと、ビーチクラブのソファー席はいいよね。ちょっと優雅な気分に浸れる。
まあ、場内の見にくさに変わりはないけど。

ちびちびとドラフトビールを飲んでいると、正面にあるステージ上のダンサーがしきりに視線を送ってくる。
熱心な営業攻勢だなあと思っていると、こめかみに指を当てて、合図をしている。
「覚えているか?」というジェスチャーだな。

うーん、どこかで見たことがあるような…

ダンスタイムが終わって、彼女がソファーにやって来た。

あ、やっと思い出した。

5年くらい前に仲がよかった元サービスだ。
某ゴーゴーバーで働いていた。
たしか、一度だけペイバーしたことがある。

いやあ、久しぶりだな。
お互いに名前を覚えていた。大したもんだ。

まだパタヤのゴーゴーバーで働いているのね。しかも今ではダンサーだし。
というか、もう何歳になったんだよ。

年齢を尋ねると28歳と答える。

うーん、怪しい。
最初に出会ったのが5,6年前で、その頃すでに20代半ばだったはずだが。
まあ、深く追求はしないことにしよう。

昔と変わらずノリがよくて性格は明るい。
残念ながら夜のサービスはもう一つで、ペイバーしたのは一度切り。
でも、とにかく一緒にいて楽しいので、彼女の働くゴーゴーへは遊びに行っていた。
が、知らないうちに彼女はどこかへ移籍してしまっていた。

昔のことなので、スマフォもないし、電話番号も残っていない。

とりあえず、新しく電話番号だけ教えてもらった。
機会があれば、食事でも一緒に行こうかね。たぶん、ブンブンは無しで。

ちょっとやる気が落ちてきたけど、昔のなじみに出会ってテンションが戻ってきた。

5年たっても彼女は現役のゴーゴー嬢だ。
がんばって働いているなあ。
わたしも、もうちょっとがんばって遊んでみよう。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

ワットプラヤイビッグブッダ (2)

ワットプラヤイへタンブンからの、23歳新人バービア嬢とリビングドール1

沈没日記30 再会後はわたしの部屋に入り浸っている30歳バービア嬢。 この日は、昼過ぎに

記事を読む

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (2)

ジョムティエンビーチへ

沈没日記3 投宿しているスーパーベッドオテルをチェックアウト。 部屋の最終チェックすらな

記事を読む

ソイ10バービア群

プラタムナックのローカル市場と、タトゥーの増えたゴーゴー嬢

沈没日記16 プラタムナックへ 昼間はパタヤヒルとも呼ばれるプラタムナックへ。 キンナリー

記事を読む

ソイLKメトロ

またもやゴーゴーバーめぐり。でもバービアはニアップニアップ。

沈没日記15 昨晩、5月1日夜のこと。 夜7時からは、F1ロシアGPのため、LKメトロのスポ

記事を読む

バービア嬢

パタヤ初日の22歳新人バービア嬢ペイバー

沈没日記13 ソンクラーンが開けてからの話となる。 バービア新人入店情報 なじみのバービア

記事を読む

タイのツナ缶中身

カラオケ嬢と仲直りの青缶とアオカン

沈没日記37 ママーとツナ缶 修羅場から一夜が明けた。 カラオケ嬢は、正午を過ぎても、まだ

記事を読む

Image

夜の水かけは、元ゴーゴー嬢を部屋に呼び出してスプラッシュ

沈没日記7 ソンクラーン2日目夜の部 夕方から水かけ遊びを楽しみ、部屋に戻って一休み。 ず

記事を読む

ハーバーパタヤのペットショップ (1)

再会したバービア嬢が昼間部屋に来てブンブン。夜も泊まりに来るがノーブンブン。

沈没日記24 バービア嬢が部屋に来る さて、3年ぶりに再会したバービア嬢である。 彼女は、再会

記事を読む

ディスコチラシ

今回初のペイバーは20歳バービア嬢

パタヤ沈没2日目 ホテルチェンジ しばらくはホテルを日替わりで転々とする予定。 快適なケッティ

記事を読む

チャップリンインバルコニー付き (11)

26歳色白バービア嬢ペイバー。ムーガタからのブンブンはパタヤ夜遊びの王道。

沈没日記41 ホテルチェンジ2日目 一晩をともにした22歳バービア嬢を見送ってから、滞在先のベッ

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑