*

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB

ビーチクラブ (1)

昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前にビーチクラブがようやくオープンしていた。
4月27日時点では、開店準備中だった。
呼び込みに聞いてみると、「オープン トゥデイ」とのことで、4月28日が初日で間違いないようだ。
まるで日本のゴールデンウィークに照準を合わせたかのようで、おもしろい。

ビーチクラブ (3)

せっかくなんで、入ってみた。

とにかく横長。
それが第一の感想。
ハッピー前にあったバービア群の一部を取り壊して、むりやりゴーゴーバー用の建物を作ったわけで、それほど広い敷地ではない。
特に奥行きがほとんどない。
よって、横へ広がっている。

全体が見渡せないことに関しては、パタヤのゴーゴーバーで最悪レベル。

入り口正面の壁沿いに、小さめのステージがいくつか。ショータイムはここで行われる。

凹型の大きなソファー席がいくつも並んでいる。
凹のくぼみの部分に低いお立ち台。ここに二人のダンサーが踊っている。
それが順番に移動していくスタイル。まあ、昔のビーチクラブの様式に戻ったとも言えるのだが。
目の前のダンサーとの距離感のなさは、特筆すべき。
すぐに仲良くなれそうだ。

全体を見渡すことはほぼ不可能なので、ダンサーが目の前に移動してくるのを待つか、自分で移動しながら探すしかない。ただ通路も狭いんで、ゆっくり歩くのは難しい。

赤を基調とした店内は、どこか日本のキャバレーを彷彿とさせる。
こういう雰囲気のほうが好きな人もいるかな。
ソファーの感じもキャバレーっぽいなあ。

座り心地はいいんで、何人かで遊びに来ると楽しいかも。
一人客は、大きめのソファーに他の客たちに挟まれて座る形になってしまい、ちょっとしんどい。

出勤ボードをざっと見たところ、50人くらい。ちゃんと数えてないが、店内にダンサーがあふれていたんで、だいたいそんなところだろう。
ダンサーのレベルは、それほど高いとは思えなかった。
特に目を引く女性は見当たらなかった。

ビーチクラブ (2)

ドラフトビールはハッピーグループの定番69バーツ。
バーファインは未確認。ハッピーやバカラと同じだとすると、800バーツ。チップは、ショート3000、ロング5000と言われそうな気がする。バカラほど強気ではないはずだが、言い値はそんなところじゃなかろうか。

全体的な雰囲気は嫌いじゃないけど、しばらく再訪はいいかなあというのが正直な感想。
新築だけあって、ほのかにペンキの匂いが漂っているのも気になった。

ともかく日本のGWに間に合ったビーチクラブの移転新装開店。
昔を知っている人も知らない人も、せっかくなんで、一度くらいはのぞいておきましょう。

SHARKはSPICE CLUBへ

スパイスクラブ (1)

かつてビーチクラブがあった場所は、現在はスパイスクラブとなっている。
そのスパイスクラブは、以前お伝えしたように、シャークグループとなった。

さて、ソイ15からシャークに入店しようとしたら階段が閉ざされている。
案内係が待機していて、「レディはみんなスパイスクラブにいる」と告げられた。

シャーク自体が完全に閉店してしまったのかは不明。

スパイスクラブに入ってみると、シャークのポロシャツを着たサービスもいた。

ダンサーが数がとにかく増えている。
話を聞いてみると、やはりシャーク所属のダンサーたちは、スパイスクラブで働いているとのこと。

元々スパイスクラブで働いていたダンサーにシャークのダンサーが加わったわけで、なかなかのダンサー数。
たぶん40人か50人くらい。
ステージ上は、ぎっしりダンサーで埋まっている。
しかもノリがいい。
日本人好みからファラン好みまで、幅広く揃っている印象。
さすがにバカラの一軍レベルの容姿を備えたダンサーは見当たらないけど、そんなに悪くないぞ。
ビーチクラブよりも、スパイスクラブ&シャーク連合軍のほうが楽しい。
けっこう気に入った。
ここならリピートしてもいいと素直に思わされた。

というわけで、新装開店のビーチクラブ対シャーク・スパイスクラブ連合軍の戦いは、スパイスクラブの勝ち。
以前のスパイスクラブは何ともパッとしなかったが、シャーク勢が加わって楽しさ倍増。
急遽、ウォーキングストリートでおすすめのゴーゴーバーへ躍り出た。

スパイスクラブ (2)

曜日ごとにお得なドリンクあり。
ドラフトビールは毎日80バーツ。

うーむ、シャークグループ、なかなかやるなあ。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

walking-street201612

大晦日直前のウォーキングストリートとバービアの様子。争奪戦必至。

新年直前、パタヤ・ウォーキングストリートのゴーゴーバーをいくつかまわってみた。 昨晩の

記事を読む

VIPERバイパー外観

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。 パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘が

記事を読む

アンヘレスウォーキングストリート

パタヤとアンヘレスを比較。夜遊び、ゴーゴーバー、ホテル、治安は?

男の楽園とも言うべき、パタヤとアンヘレス。 海外夜遊び好きなら避けて通れない二大スポットだ。

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (1)

意外と営業店舗多し。昨晩、禁酒日のウォーキングストリート、ゴーゴーバーの様子。

昨日、2月22日はマカブーチャというタイの仏日だった。 酒類販売が禁止。いわゆる禁酒日だ。

記事を読む

LKメトロタッチアゴーゴー (1)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー、タッチ(touch)訪問レポート

touch 約2週間ほど前にオープンした新ゴーゴーバーだ。 場所は、ソイLKメトロのブッ

記事を読む

スカイフォール

禁酒日前夜のパタヤの様子と今晩の開店情報

本日、2月22日は、マカブーチャ(万仏祭)という祝日のため、タイは禁酒日。 2月21日夜のパタ

記事を読む

キンナリープレイス

昨日のキンナリープレイスは日本人率高し。VIPERはクローズ。ジェントルマンクラブ情報。

昨日(5月2日)の夕方に、プラタムナックを訪れた。 キンナリープレイス(KINNAREE PLAC

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

約2ヶ月ほどまえにオープンした、エキサイトクラブ。 場所はソイエキサイトのブッカオ寄り。

記事を読む

ソイ6ビール

昨晩のソイ6バービア通りの様子。寒空だけに盛り上がりも寒かった。

パタヤビーチロード・ソイ6といえば、パタヤ屈指のバービア通り。 バービアでもあるが、実質的

記事を読む

ビエンチャンソクサイフォンホテル

とにかく若い!ビエンチャン夜遊び風俗最新情報2016年1月。ラオンダオ1・2、ソクサイフォン、帝豪(ティハウ)ホテル。

2016年1月、実際に訪れたラオス・ビエンチャンの最新夜遊び風俗情報をどうぞ。 それほど目新しい店

記事を読む

アドステア

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑