*

パットマカロニは、タイ版ナポリタンスパゲティ@PSボーリングプラザのフードコート

公開日: : 最終更新日:2016/04/26 グルメレポート

PSボーリングプラザ

PSボーリングプラザ (2)

セカンドロードとパタヤカン交差点にあるボーリング場ビル。

PSボーリングプラザ (3)

かつては1階にスーパーマーケットのTOPSがあった。
いつだったか忘れたが、トップスは閉店してしまった。

現在の様子
旧トップス (1)

便利だったのになあ、このトップス。

2階にあったHIS支店は、移転済み。移転先はロイヤルガーデン1階だ。
洋書ペイバーバックを扱う古本屋も潰れている。

PSボーリングプラザ (1)

うう、寂しい。

イェンジット両替屋

両替屋のYENJITは、微妙に場所を変えているが、そのまま営業継続中。レートはTTカレンシーとほぼ同じくらい。ただ、店員よってはおまけしてくれることもあり、大量に両替するなら訪れる価値あり。
ビリヤード場とPSサウナと服のアウトレットも営業している。

SPONSOR LINK

旧TOPSのフードコート

さて、1階奥にあるフードコートは風前の灯火。

旧トップス (2)

ここも、せっかくリニューアルしたのに、トップスがなくなってしまい、客足も途絶えた。
ひどいもんだ。
3店舗だけ残っている。

旧トップスサモサ (2)

旧トップスサモサ (1)
手前は、サモサの店「SAMOSA XPRESS」。インド系かな。
たぶん、食べ放題。ここもちょっと気になる。

奥にタイ料理と西洋料理のちゃんぽんの小さな店が2軒ある。

旧トップスフードコート (2)

今回は、ここでパスタを頂くことにした。

といっても、タイ風のスパゲッティだ。

パットマカロニー

マカロニをトマトソースに絡めて焼いたもの。
それが、パットマカロニー。
(パットは、炒めるのパット。つまりマカロニ炒めとなる。)
マカロニは、マカロニーと語尾をちょっと伸ばし気味に発音したほうが通じやすいかも。

メニューには、鶏肉入りがFried Chicken Macaroni、エビ入りがMacaroni Shrimpと書いてある。まあ、微妙にスペルが間違っているが気にしない。

旧トップスフードコート (1)

エビ入りが好きなのだが、エビが品切れとのことで、チキン入りを注文した。60バーツ。フードコートといいつつ現金払い。

この店は、カオマンガイも取り扱っており、カオマンガイ用のスープと一緒にパットマカロニーがサーブされた。
異な組み合わせである。

パットマカロニー (2)

パットマカロニーだけをアップで。

パットマカロニー (1)

トマトソースの量が半端ない。

甘いねえ、実に甘い。
辛さは控えめ。

でも、この店は、作り方が非常に丁寧。
注文を受けてから、マカロニをきっちり湯がいて、フライパンでしっかりと炒めている。
普通にパスタとしてもおいしい。

鶏肉とソーセージとトマトもたっぷり入っていて、意外と食べごたえのある一皿である。

口の中が甘ったるくなったら、カオマンガイスープでお口直し。
これで60バーツなら、まあまあいいんじゃないですかね。

 

はたして、本場イタリアでマカロニをこんな風にして食べているのかは知らない。
たぶん、食べてないような気がする。
日本でいうところの、ナポリタンスパゲッティみたいなもんだと勝手に推測。

というわけで、パットマカロニーもタイ料理としておこう。

なお、セントラルフェスティバル地下フードコートのパットマカロニーはこんな感じ。いくつかの店舗で同じメニューがあるんで、各店で微妙に違うかも。エビ入りで80バーツくらいだったような。

パットマカロニ

ローカル食堂では、あまり見かけない。主にフードコートで取り扱っているみたい。

他にも、何度か食べたことがあるが、今のところ、PSボーリングプラザ1階奥の店のパットマカロニーが一番おいしかった。
まあ、かなり大味な料理なんで、グルメなイタリアン好きにはまったくおすすめできませんが、微妙に野菜も摂取できるんで、意外とヘルシーかも。いや、これだけトマトソースをぶち込んでいたら、やっぱりカロリー高いかな。
個人的には好物です。
PSボーリングプラザのフードコートは、いつなくなってもおかしくないんで、食べたい人はお早めに。

SPONSOR LINK

関連記事

ポークチョップ (2)

サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

以前紹介したサードロードにある安く美味いステーキ屋、ガオライサイサーム。 ⇒ローカルだ

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

khonkaen-ramen-9

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい

イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。 ブリラ

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

central-marina-food-park-khao-soi-1

セントラルマリーナ(ノースパタヤビッグC)のフードコートでカオソーイを食べる

先日、とりあえず改装工事を一段落させて、オープンしたばかりのCentral Marina(セント

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。 ラオスでは

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 一休 より:

    こんばんは。

    topsは本当に便利でしたね。

    初めてパタヤgogo嬢とデートしたのが、ここのボーリング場でした。

    フルーツ、サラダ、寿司、弁当、惣菜、使えたのに・・・

    懐かしいです。ありがとうございました。

    • 千夜一夜 より:

      昔はソイ10あたりのホテルによく宿泊していたので、パタヤ到着後は、トップス2階のイェンジットで両替して、トップスで日用品を買うのが定番コースでした。
      サラダバーは人気でしたよねえ。

アドステア

The Bay Pattaya (3)
ノースパタヤの新ショッピングモール、The Bay。完成すれどテナント入らず。

ノースパタヤ、ビーチロードソイ5に新しいショッピングモールが完成し

Buakhao paradise pattaya room (8)
Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

→もっと見る

PAGE TOP ↑