*

ホイコムは、タイのタニシ。別名ホイジューブ。屋台で一盛り40バーツ。

公開日: : グルメレポート


先日、バービアで飲んでいると、シーフード屋台売りがまわってきた。

知り合いのバービア嬢がホイを食べたいという。
ホイとは、タイ語で貝のことだ。

「なんの貝?」とたずねてみると、ホイコムとの答え。
コムは、タイ語で苦いという意味になる。

一皿40バーツだから買ってよとお願いされて、40バーツならまあいいか、と承諾。
小さな牡蠣とかムール貝とかなら100バーツくらいするんで、貝で40バーツは確かに安い。

SPONSOR LINK

ホイコム(別名ホイジューブ)

屋台のおじさんが貝を湯がいて、持ってきてくれた。
どっちゃりと積まれている。

ホイコムホイジューブ (1)

うーん

これはどっからどうみても、タニシだよなあ。
まあ、ちょっと日本のタニシと形と大きさは少々違うけど、タニシにしか見えない。

とりあえず食べてみるか。

食べ方は、さざえと一緒。
巻き貝の入り口にかたいフタみたいなのがあるので、まずとりのぞく。
で、つまようじを刺して、くるんと巻きながら中身を引っ張りだす。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは、辛いシーフード用のタレにつけて、食べるだけ。

味は、いたって普通の貝。
特にうまくもなく、まずくもない。ごくごく普通の貝だよなあ。
なんというんでしょうか、日本のスーパーで買った安いシジミの味に近いか。
決してサザエではありません。

でも、サザエと一緒で、奥のほうに黒いキモがあって、それを食べると苦い。
この苦さから、ホイコム(苦い貝)と呼ばれているとか。
キモは外して食べると、そこそこイケるかな。

さらに、別名があって、「ホイジューブ」と呼ぶそうだ。

ジューブとは、タイ語でキスのこと。
食べる時に、つまようじを利用せずに直接口をつけて一気に吸い出す食べ方をすることがあり、その様がキスに似ているからホイジューブと呼ぶとか何とか。
まあ、一般的な呼称かどうかは不明だけど。イサーン地方限定かもしれない。

イサーンでは、このホイコムを使ったカレー料理もあるみたい。
川で簡単に取れるから、イサーン人にとっては身近な食材なんでしょう、たぶん。

で、後日、バンコク出身のタイ人に聞いてみたところ、屋台のホイコムは「マイスワイ(きれいじゃない)」と言われた。あまり食べないそうだ。

たしかに、どこぞのドブ川で採取してきた貝を、ろくに洗浄やドロ抜きアク抜きをすることなく、ただ湯がいているだけかもしれないなあ。

わたしは実際に10個以上食べたけど、とりあえず腹は壊しませんでした。
特におすすめはしませんが、屋台で見かけた際はチャレンジしてみてください。

貝好きなら病みつきになるかも。
バービアのお姉さんたちとジューブジューブと楽しく分けあってくださいませ。

SPONSOR LINK

関連記事

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。 ステーキ定食が55バーツから食

記事を読む

アンヘレスのぶっかけ飯チキンカレー (1)

アンヘレスでも、ぶっかけ飯を喰らう。チキンカレーで60ペソ。

東南アジアの安いローカル食事といえば、ぶっかけ飯である。 これはタイでもカンボジアでもフィリピ

記事を読む

バーンイサーンムアンヨットのチムチュム

プロンポン近くのイサーン料理レストラン、バーンイサーンムアンヨット

バンコク在住の友人に連れて行ってもらったイサーン料理レストランがこちら。 バーンイ

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

アドステア

アドステア

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

miami-hotel-bangkok-22
バンコク創業50年の歴史の重みを噛みしめろ。マイアミホテル宿泊レポート。

1965年。時はまさにベトナム戦争の真っ只中。東南アジアは混沌の極

no image
パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。

カラオケ嬢とママー1
出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日

→もっと見る

PAGE TOP ↑