*

ワンライ、パタヤ最大のソンクラーン水かけ祭り当日レポート

公開日: : パタヤ沈没日記2016年4月~

沈没日記11

ワンライ

ワンライ、もしくはワンラーイとは、盛大に水かけををするお祭りの日のこと。

ワン=日
ライ=流れる

詳しくはないが、ワンライは、チョンブリー地方の風習のようだ。

4月17日バンセーン
4月18日ナックルア
4月19日パタヤ
4月20日バンチャーン(ラヨーン方面)

というふうに順番に進んでいくらしい。
ワンライとともに移動していく祭り好きの強者がいるとかいないとか。

タイのソンクラーンは13日から15日まで。
でも、ワンライがあるため、パタヤではその間も水かけは続く。つまりパタヤのソンクラーンは一週間もある。
一番盛り上がるのは19日。

18日は、夜遅くなっても各所で水かけをおこなっていた。
深夜1時のソイブッカオでも、ところどころで水かけしており、油断できない状況だった。

パタヤのワンライ

さて、あけて19日。
パタヤのワンライ当日だ。
昼過ぎに本格的な水かけスタート。

さすがに昼間からずっと水かけするのはしんどいので、夕方5時くらいに街へ繰り出すことにした。

うーん、派手にやっているなあ。
特に子どもたちがおおはしゃぎだ。

レディボーイもはしゃいでいる。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (6)

ソイLKメトロをのぞいてみる。

ソンクラーンワンライLKメトロ (2)

ドランクンダックバービア前で、泡パーティをやっていた。

あとは意外と静か。
今日はバー関連もけっこうお休みみたい。

ビーチロードとセントラルフェスティバル

バービアで知り合ったアルバイト女子大生を誘って、セントラルフェスティバルのコンサートへ遊びに行くことになった。友人の女子大生もう一人も一緒。
なぜかレディボーイも付いてくる。色っぽさでは、3人の中で飛び抜けている。

ビーチロード到着。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (7)

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (8)

この日のビーチロードは歩行者天国になっている。
すごい人出だ。
縁日屋台がずらりと並び、各所にステージが組まれていてコンサート。

歩くたびに白い粉を顔に塗られたり、水をかけられる。
若いタイ人男が多いなあ。
女子大生二人とレディボーイが格好の標的にされている。
この時とばかりに女の顔に触れようとしているかのようだ。
わたしを狙うのは、ゲイっぽい男ばかり。
うう、勘弁してほしい。

お目当ては、セントラルフェスティバルで行われているイベント会場だ。
今年のスポンサーはシンハー。シンハーライトを全面に押し出している。

ソンクラーンワンライセンタン前

とんでもない人の数。
人並みをかき分けて進んでいく。
レディボーイが先導してくれて、なんとか前進。意外と使えるレディボーイだ。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (9)

警備するのは、タイの軍人。
顔に粉を塗られても怒る素振りはなし。
ご苦労さまです。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (10)

階段を降りる。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (11)

ずんずん進んで、ステージ近くへなんとかたどりつく。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (13)

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (14)

巨大な放水器で、がんがん水が撒かれる。
直撃するとあっという間にずぶ濡れに。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (16)

ステージ上ではスカバンドが演奏。
縦ノリジャンプの大盛り上がり。

上からは水が降る。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (17)

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (15)

もうむちゃくちゃだ。
全身ずぶ濡れで、人混みに押しつぶされそうになりながら、踊る。

嵐と豪雨の中で行われた伝説の第1回フジロックフェスティバルを思い出す。いや、行ってないけど。
まあ、これくらいの人混みの中のライブ観戦は、過去のサマーソニックやその他オールスタンディングのライブで慣れっこになっている。スリップノットやスレイヤーのライブに比べればかわいいもんである。
ライブは別にどうということはないが、放水の嵐が凄まじい。顔面直撃が数秒続いたりもする。
しかも日が暮れてきてからの、ずぶ濡れ状態はきつい。
もう若くないな。夏の屋外ロックフェスに行きまくっていた20代の頃の体力は残っていなかった。

ビールも飲んでいるし、猛烈にトイレに行きたくなった。

会場にトイレはないと言われる。で、どうせわからないから、その場でしろとレディボーイに言われる。
そりゃあ、これだけ放水されていれば、尿が水で流されていくだろうけど、さすがにそれは無理。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (1)

セントラルフェスティバル内へ避難することにした。
エアコンが効いていて、寒いの何のって。
2階のトイレで用を足す。間に合った。

ついでに、コンサート会場の様子を上から撮影。

こうなる。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (2)

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (3)

うわあ、このまっただ中にいたわけね。

ビーチロードへ戻って、通りを歩く。
すっかり日も暮れてしまったが、まだまだ祭りは続いている。

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (5)

ソンクラーンワンライビーチロードとセンタン (4)

一緒に歩いているレディボーイが大人気。
次から次へとタイ男やファラン男に言い寄られている。
レディボーイはマッチョファラン好きらしくて、自分からも言い寄っている。
困ったやつだ。
でも、このレディボーイはけっこういいやつで、ビールもおごってくれた。

ワンライカノムジン

カノムジンとカオカームーで食事。
大しておいしくはないが、ほっと一息付けた。

そのままウォーキングストリートまで遊びに行こうかと思ったが、体力的にきつくなってきた。
女子大生も足が痛いとか言っているし。
レディボーイは遊ぶ気まんまんだったが、ここらへんで撤退。

バービアに戻って、さらにビールと水かけで遊ぶが、完全に電池切れ。
もう無理。
おっさんの体力では持たない。

女子大生とレディボーイに別れを告げて、部屋に帰る。
体が冷え切っている。
こりゃあ、翌日は風邪引いて高熱出して寝込む人がたくさん出るだろうなあ。

ワンライの深夜

熱いシャワーを浴びてから、一眠り。
ようやく体力が回復したので、深夜2時過ぎ、ふたたび外出。

ソイLKメトロ内は静まり返っている。

ソンクラーンワンライLKメトロ (1)

かろじて、ビラボンバービアと、ショーガールズだけ営業していた。
大半のゴーゴーバーは休みだったか、閉店を繰り上げた様子。

サードロードをバイクで走ってみると、ローカルパブの前ではまだ水かけをやっている。
ただ、通行人には手を出さず、従業員と客が遊んでいるだけ。
健全だね。

深夜のサードロード

ブッカオの水かけはほぼ終了。
もうみんな体力的に限界でしょう。
早く帰って寝ましょう。

結局、ウォーキングストリートの状況は不明。
夜遅くまで水かけしていたのかな。

 

これにてワンライ終了。

女子大生二人+レディボーイとずぶ濡れになりながら、楽しい時間を過ごすことができたような気がする。

長かったパタヤのソンクラーンもおしまい。

3年ぶりのソンクラーン参加となったが、ひさしぶりなのでけっこう楽しかった。
でも、1週間連続水かけは勘弁してほしい。
年に一回、ワンライだけでいい。
来年の参加は微妙。タイミング次第かな。

在住者にとってはうんざりするだろうけど、旅行者には楽しめると思います。
まるまるソンクラーン1週間とかぶる日程は避けたほうが無難だが、2,3日くらいなら許容範囲でしょう。
水かけや祭りが嫌いな人は、ソンクラーンは避けましょう。特に夜遊び目的だと、昼も夜も苦労するだけですね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ソイ6

エレクトリックブルーからソイ6へ。ソイ6のショートタイムブンブンでチップ800バーツ。

沈没日記17 昼飯は、ソイニュープラザにある唐揚げ屋でお持ち帰り。 名称は知らないが、パタヤ

記事を読む

ドンムアン空港喫煙所

帰国へ。パタヤ沈没生活終了と後書き。

沈没日記最終回 起床は午前6時、の予定だったが、さすがに睡眠時間3時間はちょっときつい。 う

記事を読む

ウォーキングストリート2016年夜

すったもんだでウォーキングストリートのコヨーテ嬢が部屋に来る

沈没日記31 ウォーキングストリートでリビングドール1を冷やかしてからの話。 時刻はすでに深

記事を読む

19歳女子学生バービア嬢

バービア嬢の実の娘19歳をふたたびペイバー

沈没日記12 ソンクラーンは終了したが、ソンクラーン前に体験したペイバーネタが一つ残っている。

記事を読む

チャップリンインバルコニー付き (11)

26歳色白バービア嬢ペイバー。ムーガタからのブンブンはパタヤ夜遊びの王道。

沈没日記41 ホテルチェンジ2日目 一晩をともにした22歳バービア嬢を見送ってから、滞在先のベッ

記事を読む

パタヤ駅

パタヤ沈没スタート。初日は関係各所バービアへの挨拶まわりから。

パタヤ沈没1日目 というわけで、パタヤに到着した。 早くも沈没生活の再開である。

記事を読む

カラオケ嬢 (1)

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6

記事を読む

雨のLKメトロ

またもバービア嬢が泊まりに来る。ステーキとブンブンの日々。

沈没日記29 22歳新人バービア嬢の3度目のペイバーを終えて、彼女を見送る。 どうにもす

記事を読む

ハーバーパタヤのペットショップ (1)

再会したバービア嬢が昼間部屋に来てブンブン。夜も泊まりに来るがノーブンブン。

沈没日記24 バービア嬢が部屋に来る さて、3年ぶりに再会したバービア嬢である。 彼女は、再会

記事を読む

寿司屋台 (1)

ついにパタヤラストナイト。最後は挨拶まわりで締めくくる。

沈没日記44 起床したのは午前10時過ぎ。 ベッドの上では、元ゴーゴー嬢が気持ちよさそうに寝

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Taka より:

    パタヤでのソンクラーン、とても楽しそうですね!
    タイには何度も行っているのですが、悲しい事にソンクラーンを一度も味わっていないのですよ。
    4月の半ばの時期はなかなか都合が付かなくて・・・・
    でもこの記事を読み、来年こそはぜひ出陣したいですねぇ。
    パタヤではワンライというものがあるのですね。
    ソンクラーンは3日だけだと思っていたのですが、パタヤでは1週間あるようなので、滞在期間中ドップリソンクラーンも悪くないと思ってしまいました(もうこりごりだと思うかも知れませんが)。

    セントラルフェスティバルのあの広場がこんなに人で埋め尽くされるのも驚きでした。
    いつもは待ち合わせに使うようなのんびりした空間なのですけどねぇ。

    今回の日記を読んで思ったのですが、以前の氏の日記でスクーターズバーの紹介がありましたが、その記事の中で氏はてっきり往年のモッズやパンクミュージック等のUKロックが好きなのだと思っていましたが、まさかスリップノットが出て来るとは思いませんでした(笑)。

    もう20年近くなりますかねぇ。
    初めて彼らを見た時には衝撃を受けました。
    思えば2000年前後はレイジ・アゲインスト・ザ・マシーンやリンプ・ビズキッドとか、元気のいいグループが沢山いたなぁと。。。。。
    と、思わず余計な事を書いてしまい申し訳ありませんでした。

    • 千夜一夜 より:

      1週間はさすがに長過ぎです。途中でうんざりします。好きな人は毎日やってますけどね。

      基本はブリティッシュ・ビート系か60年代R&Bですが、昔はヘヴィロックも好きでした。
      まさに2000年頃で、レイジとかマリリン・マンソンとかNINとかコーンとかのライブも行ってましたね。熱かったです。サマソニは一回目から観に行ってますよ。

  2. hn より:

    大変でしたね❗
    自分もサードロード沿いのホテルだったのですが19日だけは午前中から見たことない放水でした。自分はお昼にブッカオ沿いの行きつけのバーに行き、通行人に水かけてました。ちゃんと氷代は支払いました。2日連続です。その後、バーのオバサンの親族と子供たち6人でビーチロードに繰り出しました。午後1時くらいでしたが、凄かったです。オバサンと別れ、1日中、ブラブラしてましたが、夜になると寒いので、飽きます❗バーの嬢も若い子は水掛の餌食になるのを恐れて、外出しない人も多いみたいです。2種類に別れますね。メチャクチャ弾ける若い嬢と全く外にでない嬢。自分の嬢は全く外出しなかったです。濡れたらセクシーなんだけど!ソンクランは健全に遊ぶのが正解かも知れません。

    • 千夜一夜 より:

      サードロードは19日だけ派手にやっているみたいですね。深夜でもパブの前でやってました。
      水かけは、一日中やるもんじゃないですね。2,3時間でいいですわ。

  3. Silver Bullet より:

    お疲れ様でした

    ちなみにGWにパタヤに行くのは初めてなのですが、7月、8月、9月に比べて暑いのでしょうか?

    • 千夜一夜 より:

      GWは、そこまで暑くないですよ。まあ、暑いのは暑いですが。
      雨も少ないです。たまに降るとは思いますが、9月の雨期に比べるとマシです。

  4. マック より:

    お疲れ様でした。
    期せずして、パタヤ滞在がソンクラーンと完全に被ってしまい、毎日ずぶ濡れでした。

    夜9時頃LKメトロを覗いたら真っ暗でしたから、元々お休みだったようです。
    ウォーキングストリートも大半のゴーゴーはお休みでした。
    ハッピー系列は前日が休みだったのでこの日は営業中。
    パレスは休み無し、嬢たちからクレーム出ないんですかね?

    自身2度目のソンクラーンでしたが、兎に角濡れずにウォーキングストリートまでたどり着けないので、夜遊び目的ならこの時期は避けるべきですね。

    それにしても、氷水は止めてくれ...

    • 千夜一夜 より:

      いやあ、大変な時期のパタヤ滞在でしたね。夜遊び目的なら、しんどいです。
      氷水は、心臓が止まりそうになります。ほんと、勘弁してほしいです。
      LKメトロはやっぱり休みだったんですね。ショーガールズだけ開いていましたが、誰もLKメトロを歩いてないし、寂しそうでした。
      ハッピーグループは18日パーティやってましたね。知り合いのダンサーが参加していたので、フェイスブックで画像をちらほら見かけました。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑