*

夜の水かけは、元ゴーゴー嬢を部屋に呼び出してスプラッシュ

沈没日記7
ソンクラーン2日目夜の部

夕方から水かけ遊びを楽しみ、部屋に戻って一休み。
ずぶ濡れになったズボンとパンツを履き替える。
女子大生のぴちぴちボディと戯れていたら、ムラムラきてしまった。
が、彼女はペイバー不可。
パンツは乾いたが、下半身はうずいたままだ。

仲の良い元ゴーゴー嬢に連絡を取ってみる。
前回のパタヤ沈没時の最終夜に一緒に過ごした元ゴーゴー嬢である。

元ゴーゴー嬢とムーガタ

ハッピーグループ勤務時代に知り合い、その後も仲良くしている。
すでに30歳を越えているが、いまだに独身子供なし。
少々ボディの劣化が始まっているとはいえ、まだまだ現役感が強い。
サービスは抜群である。

むらむらした時には最高のお相手だ。

すぐに連絡が取れたが、田舎から親戚がパタヤへ遊びに来るようで、一緒にいられるのは夜12時くらいまで。
親戚が田舎へ帰るのは8日後で、それまではロング不可という。
一緒に寝て夜と朝にやるのが理想的だが、やむなし。

15分ほど待ったところで、元ゴーゴー嬢到着。
仕事が早いし、時間もきっちり守る。
もし遅れる場合でも連絡は欠かさない。
実によくできている。

時刻は夜9時過ぎ。
挨拶もそこそこ、さっそく服を脱ぐ。

夜のお祭り開始。

相変わらずのサービス満点ぶり。
わたしの水鉄砲も絶好調である。

喉の奥まで銃身をくわえ込むのが好きと宣言する元ゴーゴー嬢。
さぞやファランに鍛えられたのだろう。
ハリー・キャラハンのようなS&W44マグナムを相手にしていれば、そりゃあ強くもなるわ。
両津勘吉が振り回しているようなニューナンブでは太刀打ちできない。

が、長いだけで銃ではない。コンパクトサイズも小回りがきいていいもんである。

上から下へ、下から上へ、右から左へ、左から右へと縦横無尽に照準を変えていく。

彼女の下半身もピヤック。
しっかりと濡れている。

銃に油を差す必要なし。
実に滑らかかつ大胆な銃さばきが可能だ。

おっと、彼女はドギースタイルもお好きなようで。
これもファラン仕込みか。

わがニューナンブもそれそろ限界だ。
圧縮に圧縮を重ねた水鉄砲は暴発寸前。
最後は我慢しきれずにスプラッシュ。

夜の水鉄砲は、一滴残らず空になってしまった。

アスチ ユッユッ

と、元ゴーゴー嬢はご満悦。
自らの仕事ぶりに納得がいった様子だ。

例の白い液体のことを、タイ語でアスチ。
普通にナムとも言うんで、これも水かけ遊びとしておこう。

これにて、夜のソンクラーン終了。
実に濃厚なブンブンであった。

一戦後は、夜12時までベッドでいちゃいちゃ。
昔、学校でマッサージを習ったことがあるという彼女が、素っ裸のままずっとマッサージをしてくれた。

アクロバチックなタイマッサージというより、腺を優しく押さえるスタイルのマッサージで、実に気持ちいい。
つい、うとうとしてしまう。

2時間もたっぷりマッサージしてくれた。
なんていい子なんだ。

時間が来たので、お別れ。
お手当は1000バーツ。
いつもは2000だが、ショートということで問題なく受け取ってくれた。
ほんと、いい子だなあ。

笑顔でバイバイ。
むらむらした時は、また彼女を召喚しよう。

女子大生と水かけ遊びして、酒飲んで、ブンブンして、マッサージして、寝る。

使ったカネ、1400バーツ。
うーん、パタヤはやっぱりいいよね。
素晴らしい一日だった。

Go ahead,make my day!


関連記事

カラオケ嬢 (1)

カラオケ嬢が早朝に再降臨して最後のブンブン。さらばパタヤ。

沈没日記45 (つづき) 早朝コーリング パタヤラストナイトから一夜明けた。 午前6

記事を読む

ソイ7 (2)

女子大生とカンボジア人バービア嬢にふられて、ファランと一緒のカラオケ嬢に偶然出くわす

沈没日記39 カラオケ嬢からの連絡なし カラオケ嬢からの連絡はまだない。 以前の半同棲時期でも

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月の出費と現在のテンション。

パタヤ沈没日記22 今回のパタヤ滞在は2ヶ月の予定だが、すでに1ヶ月が通過している。 前半戦

記事を読む

スクリーンショット_061216_081914_PM

カラオケ嬢が目の前で韓国人の元へ逃げていく

沈没日記42 これでホテルチェンジ3日目。 ソイアルノタイへ移動となる。 投宿したMプ

記事を読む

ソンクラーンお清め水

ソンクラーン初日は、女子大生アルバイトバービア嬢と水かけ遊び

沈没日記5 昨日4月13日はソンクラーン初日だった。 初日といっても、場所によってはフラ

記事を読む

マイクショッピングモール前 (4)

マイクショッピング前屋台村で友人たちと軽く飲んでから、MPハニー1見学

沈没日記32 これは禁酒日明けの話となる。 禁酒日前夜と当日の様子は、すでに書いた。

記事を読む

パタヤ駅

パタヤ沈没スタート。初日は関係各所バービアへの挨拶まわりから。

パタヤ沈没1日目 というわけで、パタヤに到着した。 早くも沈没生活の再開である。

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (2)

禁酒日の夜のパタヤは大雨。最後はウォーキングストリートのゴーゴー嬢と808へ遊びに行く。

沈没日記26 昨日(5月20日)は、ヴィサカウイーチャという仏教の祝日にあたり、タイ全土は禁酒

記事を読む

ムートートとガパオプラームック

カラオケ嬢とのキーキアットな日常ふたたび

沈没日記35 前夜、まさかの再会を果たし、そのままお持ち帰りしたカラオケ嬢。 眠りについたの

記事を読む

pattaya

パタヤ&バンコクのタイ2ヶ月滞在の生活費や夜遊び代の総出費

そういえば、毎度恒例の沈没生活総出費報告をしていなかった。 まあ、いつもどおりです、はい。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ちゃいまい より:

    ヤバイ、マジでうやらましいです、これこそパタヤ!
    そして文章の素晴らしい事!
    昔自分はソンクラーン前にロングでペイバーしてそのままその子の田舎にレンタカー借りて行った事を思い出したまし。その子の大学にも行ってセパタクローとソフトボールのキャッチボールをした事を鮮明に思い出した、来年こそは、、、

    • 千夜一夜 より:

      いやあ、楽しい一日でしたよ。
      田舎へのレンタカー道連れ旅とは、貴重な経験じゃないですか。

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑