*

ソイカオタローに行ってみた【パタヤダークサイドのジェントルマンズクラブやバービア】

公開日: : 夜遊び情報

パタヤダークサイド

パタヤのスクンビット通りの東側に広がるエリアのことを、イーストパタヤと呼ぶ。
別名、「パタヤダークサイド PATTAYA DARKSIDE

何がダークなのかはよくわからないが、とりあえずそう呼ぶのがならわし。

欧米人の長期滞在者やリタイア組が多く住むといわれている。
ビーチからはかなり離れており、一般的な旅行者にはまったく縁のない地区だ。

わたしも自力で訪れるのは今回が初めて。
これまで、車で何度か通ったことがある。
たとえば、カンボジアへのビザランで使う乗り合いワゴン車は一人ひとりをホテルやアパートまで送っていくのだが、その際にカオタローへ立ち寄ることが多かった。

ダークサイドで有名なソイが、ソイカオタロー、ソイカオノイ、ソイサイアムカントリーあたりだろうか。

今回は、レンタルバイクでソイカオタローを訪れてみた。
というか、バイクがないと、訪問はまず不可能。

ソイカオタロー

地図

地図を見ればわかるように、スクンビット通りを越えたところからソイカオタローがはじまっている。

バイクで行くなら、テパシット通りから行くのがわかりやすい。
テパシットからスクンビットに出て左折。ほんのすこしだけ進んで、すぐに右折するとソイカオタローの入り口となる。

ノースパタヤ方面から来るなら、スクンビットをひたすら南下。
標識にKHAO TALOの文字が見えたら左折となる。

スクンビットのソイ番号でいえば、たぶん83。

カオタロー (9)

ここからさらに線路を渡った先がソイカオタローのメイン地区となる。

テパシット通りには10バーツの乗り合いソンテウが走っており、ソイカオタローの入り口まではソンテウと徒歩で到達可能。でも、その先が長い。
やはりバイクがないと厳しい。

スクンビット通りからソイカオタローに入ったところ

カオタロー (10)

踏切
カオタロー踏切

おっと、こんなところにも10バーツクイティアオ屋を発見。

カオタロー10バーツクイティアオ

カオタロー内部に入ると、ごくごく普通の街並み。

Khaotalo Hill Resortの看板

カオタロー (8)

他にもコンドミニアムが建設中。

市場もある。

カオタロー市場

カオタローヒルというくらいで、なだらかな上り坂が続く。

カオタロー (15)

店の左右には、タイ人ローカル向けの店もあれば、欧米人向けのレストランやカフェやバーも混じっている。

大きなゲートがあって門番が常駐しているタウンハウスも多い。

BIG C miniやコンビニもあり
カオタロー (16)

外国人でも生活にはそれほど不便はなさそう。
特に治安が悪いような雰囲気もない。

さらに奥へ進む。

カオタロー (17)

ローカル度が増してくると思いきや、かなり豪奢なたたずまいのタウンハウス入り口があったりする。

カオタロー (18)

調べてみると、Siam Royal Viewという高級ヴィラのようだ。

カオタローの奥の奥まで進むと、閑静な住宅地となる。

ソイカオタローのジェントルマンズクラブ、バービアなど

さて、ダークサイドの遊び場といえば、ジェントルマンズクラブだろうか。

一番わかりやすいのが、ブーズラウンジ(BOOZE LOUNGE)

カオタローブーズラウンジ

ここは、かなり有名。パタヤのケーブルテレビでもよくCMを流している。
少し前までは、ブッカオにも支店があったが、現在は別の名前に変わっている。
ここソイカオタローが本家本元のようだ。

午後1時から7時まではハッピアワーで、ビールが40バーツ。安い。

ブーズラウンジからさらに丘を登っていった先の交差点にあるのが、こちら。

PACHA PATTAYAKIK BAR
カオタローPACHAとKIKBAR

ローカルな一角に忽然と怪しい店が現れるのでびっくりする。

PACHA PATTAYA(パチャパタヤ)
カオタロー PACHA

KIK BAR(キックバー)
カオタロー KIKBAR

同じ建物だが、入り口は別。
実際に入店はしていないので、詳細は不明。
でも、ほぼ間違いなくジェントルマンズクラブだろう。

さらに道を進むと、またも怪しいバーがあった。

カオタロー怪しいバー

St.George&Dragonが店名でいいのだろうか。
怪しさ全開だが、これまた詳細不明。
わたしには、ここに入る勇気がなかった。
誰か突撃してみてほしい。

あとは、ソイカオタロー沿いに普通のスポーツバーやバービアがちらほらとある程度。

NAT BAR
カオタローバービア (1)

AJ’s BAR
カオタローバービア (2)

 

ソイカオタローや隣のソイカオノイ、ソイサイアムカントリーも含めたダークサイド全体では、ジェントルマンズクラブやバービアがたくさん点在しているようだ。
今回調査したのはカオタローのみ。

ただまあ、短期旅行者がわざわざ訪れる必要はないかなあというのが正直な感想。
パタヤ中心部からはあまりにも遠すぎる。

ジェントルマンズクラブ系は昼間からオープンしている。
おそらく午後1時オープンだろう。
昼間の時間帯にツーリングがてらに訪れるみるのはいいかもしれない。
がっつり遊びたい人は素直に夜まで待って、ウォーキングストリートやパタヤ中心部のバービア巡りをするのがいいと思われます。
 
↓わたしは未読だが、Gダイアリーでも特集されていたようだ

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

pattaya-20161017-4

パタヤは復活。はたして夜遊びは是か非か?

週明けのパタヤの様子である。 昼間はもうほぼ通常のパタヤと変わらない。 わずかに黒い服を着た

記事を読む

whiterooms-motown-2

ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

ソイLKメトロに新しいバーが2つ出来ている。 一つは、1,2ヶ月ほど前に開業したと思われるCA

記事を読む

pattaya-walkingstreet-20161016-2

10月16日深夜のウォーキングストリートではゴーゴーバー営業中。バカラとスーパーガール訪問レポート。

昨日、10月16日は仏教の祝日にあたり、禁酒日となっていた。 服喪期間ということもあり、てっきり、

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

nana-plaza-1

バンコク・スクンビット界隈の夜遊びスポットの現状レポート

パタヤの夜遊びに関しては、ほぼ復活している。 では、バンコクはどうなのか? 一昨日の夜、スクンビ

記事を読む

korat-mp-6

コラート夜遊び情報2016年最新版。MP、古式按摩などなど。

コラート(ナコンラチャシーマー)の夜遊び状況を2日間に渡って調査してきた。 2012年から13

記事を読む

Bliss (1)

BLISSのナゴヤの女がおもしろい。あと、アルカトラズ、アイアンクラブ、リビングドールショーケース。

いつもより早め、夜10時過ぎのウォーキングストリートを訪れた。 深夜の時間帯に比べると、かなりにぎ

記事を読む

アメジストのクリスマスツリー

ソイLKメトロ周辺新規オープン店情報。2015年12月クリスマスイブ。

本日はクリスマスイブ。 ゴーゴーバーやお店の飾り付けもすっかりクリスマスモード。

記事を読む

ドールハウスDOLLHOUSE (1)

クリスマスのウォーキングストリートと、新規オープン店「DOLL HOUSE(ドールハウス)」訪問レポート

12月25日クリスマス本番当日の夜、ウォーキングストリートを訪れてみた。 とはいえ、現場に

記事を読む

walking-street-201612

2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王崩御から30日の娯楽自粛期間は

記事を読む

アドステア

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑