*

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 グルメレポート


パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。
ここからパタヤ湾を一望することができる。

パタヤヒル展望台 (4)

そのすぐ近くにあるカフェ。
以前、展望台を訪れた際はあいにくと閉店だったが、その後、再訪問して無事に入ることができた。
パタヤの海と市街地を見下ろしながら飲むコーヒーもいいもんですよ。

SPONSOR LINK

展望台カフェ

展望台(VIEW POINT)へ向かう入り口の脇にカフェがある。
グーグルマップによれば、店名は「Coffee Break Pattaya

↓まっすぐ行くと展望台。右端に見えるパラソルがカフェ入り口となる。
パタヤヒル展望台カフェ (3)

カフェ販売所
パタヤヒル展望台カフェ (1)

ワゴン車を改造した店構えとなっている。
英語メニューがあるんで注文は簡単です。
コーヒーは40バーツくらいから。
わたしは、アイスラテを注文して、45バーツだった。

隣には、トーストのお菓子も販売している。

パタヤヒル展望台カフェのチョコパン (2)

Toast with Condensed Milk-Butter 30B
など、トーストの上に甘いシロップやバターを塗って焼いたお菓子となる。
わたしは、チョコレートトーストを注文してみた。30バーツ。

また、近くには別の屋台もあり。
パタヤヒル展望台カフェ (2)
ぜんざいみたいなお菓子やつみれなど。ここで購入してカフェ店内に持ち込めるかは不明。

チョコレートトーストはまったく問題なかった。

注文を終えてから、店内へ入っていく。

パタヤヒル展望台カフェ (2)

崖になっており、段差がついている。
意外と広々しており、テーブルもたくさん。
満席には、なかなかなりそうにない。

パタヤヒル展望台カフェ (7)

パタヤヒル展望台カフェ (4)

パタヤ湾とパタヤ市街が一望できる。

ほどなくコーヒーとチョコトーストも到着。

パタヤヒル展望台カフェのコーヒー

パタヤヒル展望台カフェのチョコパン (1)

アイスラテは、ごくごく普通の味です。ちょっと氷が多くて、中身は少なめかな。
ちなみに、なかなか注文したアイスラテが到着しなくて、催促してしまった。たぶん、店の人が忘れていたか、ワゴン車前で出来上がりを待っておく必要があったのかも。最終的にはきちんと席まで持ってきてくれたけど。
チョコレートトーストは、スムーズに到着した。
まあ、味は見たまんまです。チョコの甘さとほくほくのトーストの組み合わせが絶妙、かどうかは人それぞれ。二人でシェアするくらいがちょうどいいでしょう。

妙におしゃれなテーブルが置いてあった。ミシン台の再利用。

パタヤヒル展望台カフェ (5)

そのミシン台に座ったのが、妙にハイソっぽいタイ女性だった。ブランド物っぽい服を着て、サングラス姿。
一人でやって来て、ずっとサングラスをかけたまま、ファッション雑誌を読みふけっていた。
なぜ、こんな丘の上まで来て一人でコーヒーを飲むのか。

あとの客は、タイ人カップルや韓国人観光客が多かった。ファランが少々。

わたしのように男一人の客はいませんでしたな。

柵の外は、こんな感じ。
パタヤヒル展望台カフェ (8)

断崖絶壁とまではいかないが、急峻な斜面となっている。

わたしが訪れたのは午前中。
入口側は日陰になっていたが、海に一番近いテーブルには直射日光が当たっており暑かった。

おそらく、太陽が昇りきると店内全体が直射日光にさらされるものと思われる。

営業時間は、よくわからない。
近くの展望台は午前7時から夜9時の開門なんで、似たような時間帯かもしれない。

パタヤヒル展望台の看板

2月初旬に訪れた時は、こんな注意書きがしてあった。
パタヤヒル展望台カフェ (1)

2月3日から5日まで休業。6日にオープン。たまに臨時休業するようだ。
とはいえ、詳しい営業日や営業時間ははっきりしません。。
ただ、昼間は暑いです、間違いなく。午前中か夕方に行くことをおすすめします。

展望台カフェへの行き方

地図

徒歩で行くのは不可能ではないけれど、かなり厳しい。
レンタルバイクが一番楽。プラタムナックに入って、ひたすら頂上を目指せばいい。

↓奥の坂道を登ると、パタヤヒルトップの展望台へ
プラタムナックからヒルトップへの道 (6)

バイクの運転はちょっという人は、バイクタクシーかソンテウチャーターでどうぞ。バイタクなら麓(ウォーキングストリート付近)から60から80バーツほど。ソンテウチャーターは150バーツほどだろうか。

ビッグブッダなどパタヤヒル方面の詳しい解説はこちらを参考に。
より詳しい行き方も載せています。

ビッグブッダ・ワットプラヤイ (12)
関連記事:パタヤヒルのビッグブッダ(ワットプラヤイ)と展望台【パタヤ観光スポット】

観光ついでにコーヒーを飲んで帰りましょう。
まったりできていいですよ。
男一人で行くのはおすすめできませんけどね。

SPONSOR LINK

関連記事

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

ae-restaurant-breakfast-9

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

ファランな朝食シリーズです。 今回はソイエキサイトにお邪魔しました。 100バーツで、イング

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 774 より:

    ブログ主さんへ
    3時から5時が休業とありますが、営業時間じゃなくて、営業日だと思います。上が仏暦、下が西暦表示ですね。たまに拝見させて頂きますが、タイ語の理解度が中途半端なようなので、よくわからないことは知人のタイ人に聞いてからアップされたほうがいいですね。本ブログはかなりの読者がいるようなので。

    • 千夜一夜 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      完全にわたしの勘違いです。たしかに3日から5日のことですね。16は日付ではなくて2016年のことですね。タイ語以前の話です。失礼しました。
      タイ語の看板やメニューはタイ人から確認を取ってから記事にしているつもりですが、たまに漏れが出ています。たしかに中途半端なタイ語力です。もっと勉強します。

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑