*

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

公開日: : 最終更新日:2016/03/18 グルメレポート


パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。
ここからパタヤ湾を一望することができる。

パタヤヒル展望台 (4)

そのすぐ近くにあるカフェ。
以前、展望台を訪れた際はあいにくと閉店だったが、その後、再訪問して無事に入ることができた。
パタヤの海と市街地を見下ろしながら飲むコーヒーもいいもんですよ。

SPONSOR LINK

展望台カフェ

展望台(VIEW POINT)へ向かう入り口の脇にカフェがある。
グーグルマップによれば、店名は「Coffee Break Pattaya

↓まっすぐ行くと展望台。右端に見えるパラソルがカフェ入り口となる。
パタヤヒル展望台カフェ (3)

カフェ販売所
パタヤヒル展望台カフェ (1)

ワゴン車を改造した店構えとなっている。
英語メニューがあるんで注文は簡単です。
コーヒーは40バーツくらいから。
わたしは、アイスラテを注文して、45バーツだった。

隣には、トーストのお菓子も販売している。

パタヤヒル展望台カフェのチョコパン (2)

Toast with Condensed Milk-Butter 30B
など、トーストの上に甘いシロップやバターを塗って焼いたお菓子となる。
わたしは、チョコレートトーストを注文してみた。30バーツ。

また、近くには別の屋台もあり。
パタヤヒル展望台カフェ (2)
ぜんざいみたいなお菓子やつみれなど。ここで購入してカフェ店内に持ち込めるかは不明。

チョコレートトーストはまったく問題なかった。

注文を終えてから、店内へ入っていく。

パタヤヒル展望台カフェ (2)

崖になっており、段差がついている。
意外と広々しており、テーブルもたくさん。
満席には、なかなかなりそうにない。

パタヤヒル展望台カフェ (7)

パタヤヒル展望台カフェ (4)

パタヤ湾とパタヤ市街が一望できる。

ほどなくコーヒーとチョコトーストも到着。

パタヤヒル展望台カフェのコーヒー

パタヤヒル展望台カフェのチョコパン (1)

アイスラテは、ごくごく普通の味です。ちょっと氷が多くて、中身は少なめかな。
ちなみに、なかなか注文したアイスラテが到着しなくて、催促してしまった。たぶん、店の人が忘れていたか、ワゴン車前で出来上がりを待っておく必要があったのかも。最終的にはきちんと席まで持ってきてくれたけど。
チョコレートトーストは、スムーズに到着した。
まあ、味は見たまんまです。チョコの甘さとほくほくのトーストの組み合わせが絶妙、かどうかは人それぞれ。二人でシェアするくらいがちょうどいいでしょう。

妙におしゃれなテーブルが置いてあった。ミシン台の再利用。

パタヤヒル展望台カフェ (5)

そのミシン台に座ったのが、妙にハイソっぽいタイ女性だった。ブランド物っぽい服を着て、サングラス姿。
一人でやって来て、ずっとサングラスをかけたまま、ファッション雑誌を読みふけっていた。
なぜ、こんな丘の上まで来て一人でコーヒーを飲むのか。

あとの客は、タイ人カップルや韓国人観光客が多かった。ファランが少々。

わたしのように男一人の客はいませんでしたな。

柵の外は、こんな感じ。
パタヤヒル展望台カフェ (8)

断崖絶壁とまではいかないが、急峻な斜面となっている。

わたしが訪れたのは午前中。
入口側は日陰になっていたが、海に一番近いテーブルには直射日光が当たっており暑かった。

おそらく、太陽が昇りきると店内全体が直射日光にさらされるものと思われる。

営業時間は、よくわからない。
近くの展望台は午前7時から夜9時の開門なんで、似たような時間帯かもしれない。

パタヤヒル展望台の看板

2月初旬に訪れた時は、こんな注意書きがしてあった。
パタヤヒル展望台カフェ (1)

2月3日から5日まで休業。6日にオープン。たまに臨時休業するようだ。
とはいえ、詳しい営業日や営業時間ははっきりしません。。
ただ、昼間は暑いです、間違いなく。午前中か夕方に行くことをおすすめします。

展望台カフェへの行き方

地図

徒歩で行くのは不可能ではないけれど、かなり厳しい。
レンタルバイクが一番楽。プラタムナックに入って、ひたすら頂上を目指せばいい。

↓奥の坂道を登ると、パタヤヒルトップの展望台へ
プラタムナックからヒルトップへの道 (6)

バイクの運転はちょっという人は、バイクタクシーかソンテウチャーターでどうぞ。バイタクなら麓(ウォーキングストリート付近)から60から80バーツほど。ソンテウチャーターは150バーツほどだろうか。

ビッグブッダなどパタヤヒル方面の詳しい解説はこちらを参考に。
より詳しい行き方も載せています。

ビッグブッダ・ワットプラヤイ (12)
関連記事:パタヤヒルのビッグブッダ(ワットプラヤイ)と展望台【パタヤ観光スポット】

観光ついでにコーヒーを飲んで帰りましょう。
まったりできていいですよ。
男一人で行くのはおすすめできませんけどね。

SPONSOR LINK

関連記事

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

カオパットトムヤムマハーサムット (3)

カオパットトムヤムタレー。シーフード入りトムヤム味の焼き飯。

サードロードにあるシーフード満載のトムヤムクイティアオで有名となった「マハーサムット」。

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

10バーツ唐揚げ屋台 (5)

一盛り10バーツ!唐辛子唐揚げ!パタヤタイとソイボンコット交差点にある唐揚げ(ガイトート)屋台

以前の沈没日記内で少しだけ登場した唐揚げ屋台を詳しく紹介したい。 移動式屋台の唐揚

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

カイカーオ (1)

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

ゆで卵が好きだ。 ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 774 より:

    ブログ主さんへ
    3時から5時が休業とありますが、営業時間じゃなくて、営業日だと思います。上が仏暦、下が西暦表示ですね。たまに拝見させて頂きますが、タイ語の理解度が中途半端なようなので、よくわからないことは知人のタイ人に聞いてからアップされたほうがいいですね。本ブログはかなりの読者がいるようなので。

    • 千夜一夜 より:

      ご指摘ありがとうございます。
      完全にわたしの勘違いです。たしかに3日から5日のことですね。16は日付ではなくて2016年のことですね。タイ語以前の話です。失礼しました。
      タイ語の看板やメニューはタイ人から確認を取ってから記事にしているつもりですが、たまに漏れが出ています。たしかに中途半端なタイ語力です。もっと勉強します。

アドステア

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

→もっと見る

PAGE TOP ↑