*

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

公開日: : グルメレポート


LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。
通称、「LKメトロ前ラーメン屋」

LKメトロ屋台5

ここのバミーナムはおいしいと何度もお伝えしてきた。

関連記事:ソイLKメトロ入り口のおすすめバミー屋台

LKメトロ入り口のバミーナム

すっきり味のスープが、飲み歩いたあとのシメに最適だ。
LKメトロやブッカオを根城にして遊んでいて、最後にここのバミーを食べるという人もきっと多いはず。

わたしもこの屋台ではずっとバミーナム一筋だった。

が、最近、イエンターフォーの魅力にはまりかけている。

そういえば、このラーメン屋でもイエンターフォーを扱っていたっけ。
よし、食べてみよう。

SPONSOR LINK

イエンターフォー

注文は、「イエンターフォー センヤーイ」と告げればいい。

センヤーイは極太麺のこと。イエンターフォーには、極太麺と相場が決まっている。いや、別に好きな麺を頼めばいいのだが、悪いことは言わないから、センヤーイにしたほうがいいと思う。

ソイLKメトロのダイアナ側入り口前バミー屋台

屋台上部に掲げられたメニューでは1番となる。
英語で、プリズン・ブレイク・トレイラー・ヌードルとか書いてあるが、意味はよくわからん。深い意味がありそうだが、なぜ脱獄犯追跡麺なんだ?

ここの屋台は寡黙なおじさんが取り仕切っているようだが、全体的に手際はいい。

ほとんど待つことなくイエンターフォー到着。

LKメトロ入り口のイエンターフォー (2)

ルアット(豚の血を固めたもの)がどん。
その下には、 紅腐乳(タオフージー)というペースト状のタレがたっぷりと。

この絵面だけを見て、食欲が湧く日本人は少ないでしょうね。
がっつり混ぜてあげましょう。

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

こうすると、ちょっとは美味しそうに見えるかな。

すでに麺がピンク色に染まっている。
厚揚げが好き。
あとは、ルークチンが少々。
イエンターフォー定番の具材ばかり。

イカも入っているな。
種類はまったく不明だけど、このイカが曲者。
ムーガタ屋にも置いてあるが、ひどい味なんだよねえ、このイカ。
特に安いムーガタ屋では、最悪の食感と味。ゴムをかじっているとしか思えないレベル。
イカなんだろうけど、イカには思えないイカ。

ゴムのようなイカだけが残されたムーガタ鉄板
ムーガタのイカ

が、このイエンターフォーに入っているイカは、まだ食えるレベルのイカだった。
調理しているところを見ていると、注文ごとにきちんと個別に湯がいているようだ。
元々の材料がいいのか調理の手間のおかげなのかはわからないが、そこそこおいしく食べられるイカだ。

イカばかりで申し訳ない。

イエンターフォーは、酸味と辛味が特徴。
麺料理というより、具がたくさん入っているスープ料理ととらえたほうがいいかも。

ここのスープは、酸味も辛味もややマイルドで食べやすい。バミーのスープもそうだが、あまり濃厚なものは作らないようだ。
ちょっと刺激が足らない人は、おなじみの調味料で味を整えてほしい。
ナンプラーは入れなくもいいかな。唐辛子と酢をメインで。

まだまだイエンターフォー初心者のわたしなんで、ここのイエンターフォーのレベルがどうの程度かは断言できませんが、おいしくいただけたのも確か。
たまたま相席となったタイ人もイエンターフォーを注文していて、うまそうに完食していましたね。

お値段40バーツ。満足です。

 

イエンターフォーは独特の色合いの風味なんで好き嫌いの分かれるところだし、普通にクイティアオに比べると好き好んで食べようという外国人も少なめ。

深夜のシメにはバミーナムのほうがよさそうだけど、あえて、イエンターフォーも試してみてほしい。

意外とイケますよ。

現在のところ、イエンターフォーでおすすめなのは、パタヤタイにある食堂かな。

イエンターフォー (1)
関連記事:イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

ここはスープもうまいが、練り物系がおいしいです。イカもまともです。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ名無し食堂のガパオムー

【定点観測】ブッカオ名無し食堂のガパオムーサップ

ソイブッカオの中ほど、LKメトロ近くにある食堂。 毎度おなじみブッカオの名無し食堂だ。

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

【追記】熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

boat%e3%80%80breakfast-1

【パタヤのファランな朝食】BOATのアメリカンブレックファースト70バーツ

パタヤのファランな朝食シリーズです。 今回は、セカンドロード沿いにあるBOATにお邪魔しま

記事を読む

アドステア

アドステア

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

Asoke noodle soup (4)
手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見

→もっと見る

PAGE TOP ↑