*

サードロードのローカルパブやラウンジを攻略せよ指令

公開日: : 夜遊び情報

新しく日本からパタヤへ遊びに来る友人とメールでやりとり。
なんでも、サードロード方面のパブやラウンジに興味があるそうだ。

うむ。
たしかにわたしも気になっている。

サードロードのパブ

サードロードを夜遅くなってからバイクで走っていると、小さなローカル向け飲み屋がいくつも開店しているのが嫌でも目に入ってくるだろう。

昼間はこんな感じ
サードロードのパブ

サードロードのパブ名称不明

いわゆるパブだ。
看板はほとんどタイ語のみだし、客も明らかにタイ人ばかり。

KARAOKEやトムボーイの店は、女性向けの飲み屋で、ホストがたくさんいて接客してくれる。
この手のホストクラブは、サードロードだけでなく、ブッカオ沿いにもちょっとだけあるし、ソイチャイヤプーンあたりにも多い。
わたしに用はない。
でも、サードロードには、オープンスタイルの店構えで、生バンドが入っていたりDJがいたりして、さらには明らかに客ではなさそうなホステスっぽい女性が店内にちらほら見受けられる店もある。
狙っているのは、こちら。

サードロードには、安くておいしいローカル屋台やレストランがたくさんある。
最近のグルメレポートでも、サードロード近辺を取り上げることが多い。

で、先日取り上げたラーメンチャンピオンでカツカレーを食べている時にも、ちょっと気になる女性を店内で見かけた。

見た目は、20歳前後で、服装はちょっと小綺麗なドレス系。かといって、夜のお姉さん丸出しの格好でもなければ、化粧でもない。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーで働いているような女性とは雰囲気が違う。
それでも、あきらかな素人ともまた違う。
勝手な推測では、ラーメンチャンピオンの近所のパブで働いているホステスではないかと。
なんというか、素人と夜のお姉さんの間くらいの立ち位置か。
まあ、ほんとかどうかはわかりませんがね。

あと、明らかなトムボーイも見かけた。

ラウンジ系

さらには、店先にホステスがずらりと並んでいるようなパブもある。
この手のホステスを揃えている店は、パブと違い、ラウンジと呼べばいいのだろうか。

ブッカオから近いサードロード沿いで有名なのは、ピカソ(Picasso)
ソイレンキーからサードロードに出て、南へ右折してすぐのところ。
夜に通りかかると、店先に女性陣が並んでいるのですぐにわかる。

が、どうやら閉店してしまったようだ。

ピカソ

先日調査してみると、何やら工事中だった。
看板が残っているので、ただの改装工事かもしれないが。要追跡調査。

あと、ソイLKパビリオンにあるTHE TIME(ザ・タイム)もわかりやすい。
ここも夜遅くなると、店先のイスにホステスたちが待機している。

THE TIMEザ・タイム

わたしは実際に飲んだことがないので詳細不明。

 

ほんと、よくわからない世界。
ローカルなことはローカルタイ人に聞くのが一番。バービアのマネージャーをしている20代のタイ人男に事情を聞いてみた。

やはり、サードロードにはパブやラウンジがいっぱいで、高い店から安い店まで、ピンきりだという。
タイ人の飲み方としては、ウィスキーをボトルで入れて、ミキサー(ソーダとかコーラとか氷)で割って、みんなで飲むのが一般的。
でも、ビールだけもいい店もあるそうな。

遊び方は、パブに入って、ホステスのお姉さんと一緒に飲む。
ペイバーのシステムは基本的に無し。
仲良くなって、電話番号を交換して、仕事終わりにアフターで遊ぶ。
これが流れらしい。

まあ日本のキャバクラみたいなもんかな。

サードロードでもノースパタヤ方面に行くと、ラウンジやパブの大型店が多い。明らかな韓国系ラウンジや日本式カラオケ店もあるが、これらは除外しよう。

パタヤカンからサウスパタヤの間は、小さなローカルパブが多い。

で、ローカルタイ人の友人にすすめられたのが、ラムーというパブラウンジ。

ラムー外観 (3)

ミーサオスワイユーユー(綺麗な女いっぱいだよ)」と力説していた。
でも、高いそうだ。

とりあえず第一候補に入れておく。

ただ、ローカル向けパブの中には、治安の悪いところもあって気をつけろという。

このPing!あたりは、あまり客層が良くないとか。
パブping!!

よくパタヤのローカルニュースでも、未成年者入場や薬物検査で警察の手入れを受けたなんてニュースが流れてくる。
乱闘騒ぎも珍しくないみたい。
スクンビットまで行くと、さらに危ないとか何とか。
夜のスクンビット通りでは、警察の検問をよく見かけるしね。

そういったところには気をつけつつ、サードロードのパブやラウンジを調査することにしよう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年7月


関連記事

Working girl (1)

パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょうど夕闇が迫る時間帯。 出勤嬢

記事を読む

champaign-cyotes-2

オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコヨーテクラブがオープンしている

記事を読む

Walking street midnight

深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好きだ。 まだまだ観光客はいるが

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

Sukhumvit soi 33 (8)

バンコク・スクンビットソイ33ではじめて夜遊びしてみた。カラオケとかマッサージとかバービアとかバニラとか。

バックパッカーとして最初にバンコクを訪れたのは今から20年前のこと。 スクンビット界隈で遊び始めて

記事を読む

Walking street 201704 Palace

GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリートへ出向いてきた。 LKメ

記事を読む

Pattaya soi6 (2)

規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか【6月27日追記あり】

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部元男性)が手招きしてくる素敵か

記事を読む

スカイフォール

禁酒日前夜のパタヤの様子と今晩の開店情報

本日、2月22日は、マカブーチャ(万仏祭)という祝日のため、タイは禁酒日。 2月21日夜のパタ

記事を読む

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)

ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブができていた。 名前は、VE

記事を読む

Pattaya klang karaoke street

パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集するようになった。 以前からあ

記事を読む

アドステア

アドステア

Chonburi Department Of Land Transportation Banglamung (1)
パタヤでタイの運転免許証を取得してきた。2017年最新情報。

昨日のこと、パタヤの陸運局でタイの運転免許証を無事に取得してきた。

Pattaya immigration (4)
【2017年7月最新情報】タイの居住証明書の取得方法。パタヤイミグレーション。

タイの居住証明書をパタヤのイミグレーションで無事に取得してきた。

Jasmine coffee and restaurant (12)
サードロードのカフェ、JASMINE COFFEE & Restaurant。ブレックファーストもあるよ。

サードロードのソイ19入口にあるカフェ、JASMINE COFEE

NINJA
パタヤ初心者アテンドの夜。ソイ7からソイハニー経由LKメトロまで。

海の日の連休を利用して日本からパタヤ初心者の知人が来ていて、軽くアテン

Jumbo Sushi (1)
【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI。カツ丼が好き。

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つ

→もっと見る


PAGE TOP ↑