*

サードロードのローカルパブやラウンジを攻略せよ指令

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 ローカル系(置屋・パブ), 夜遊び情報

新しく日本からパタヤへ遊びに来る友人とメールでやりとり。
なんでも、サードロード方面のパブやラウンジに興味があるそうだ。

うむ。
たしかにわたしも気になっている。

サードロードのパブ

サードロードを夜遅くなってからバイクで走っていると、小さなローカル向け飲み屋がいくつも開店しているのが嫌でも目に入ってくるだろう。

昼間はこんな感じ
サードロードのパブ

サードロードのパブ名称不明

いわゆるパブだ。
看板はほとんどタイ語のみだし、客も明らかにタイ人ばかり。

KARAOKEやトムボーイの店は、女性向けの飲み屋で、ホストがたくさんいて接客してくれる。
この手のホストクラブは、サードロードだけでなく、ブッカオ沿いにもちょっとだけあるし、ソイチャイヤプーンあたりにも多い。
わたしに用はない。
でも、サードロードには、オープンスタイルの店構えで、生バンドが入っていたりDJがいたりして、さらには明らかに客ではなさそうなホステスっぽい女性が店内にちらほら見受けられる店もある。
狙っているのは、こちら。

サードロードには、安くておいしいローカル屋台やレストランがたくさんある。
最近のグルメレポートでも、サードロード近辺を取り上げることが多い。

で、先日取り上げたラーメンチャンピオンでカツカレーを食べている時にも、ちょっと気になる女性を店内で見かけた。

見た目は、20歳前後で、服装はちょっと小綺麗なドレス系。かといって、夜のお姉さん丸出しの格好でもなければ、化粧でもない。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーで働いているような女性とは雰囲気が違う。
それでも、あきらかな素人ともまた違う。
勝手な推測では、ラーメンチャンピオンの近所のパブで働いているホステスではないかと。
なんというか、素人と夜のお姉さんの間くらいの立ち位置か。
まあ、ほんとかどうかはわかりませんがね。

あと、明らかなトムボーイも見かけた。

ラウンジ系

さらには、店先にホステスがずらりと並んでいるようなパブもある。
この手のホステスを揃えている店は、パブと違い、ラウンジと呼べばいいのだろうか。

ブッカオから近いサードロード沿いで有名なのは、ピカソ(Picasso)
ソイレンキーからサードロードに出て、南へ右折してすぐのところ。
夜に通りかかると、店先に女性陣が並んでいるのですぐにわかる。

が、どうやら閉店してしまったようだ。

ピカソ

先日調査してみると、何やら工事中だった。
看板が残っているので、ただの改装工事かもしれないが。要追跡調査。

あと、ソイLKパビリオンにあるTHE TIME(ザ・タイム)もわかりやすい。
ここも夜遅くなると、店先のイスにホステスたちが待機している。

THE TIMEザ・タイム

わたしは実際に飲んだことがないので詳細不明。

 

ほんと、よくわからない世界。
ローカルなことはローカルタイ人に聞くのが一番。バービアのマネージャーをしている20代のタイ人男に事情を聞いてみた。

やはり、サードロードにはパブやラウンジがいっぱいで、高い店から安い店まで、ピンきりだという。
タイ人の飲み方としては、ウィスキーをボトルで入れて、ミキサー(ソーダとかコーラとか氷)で割って、みんなで飲むのが一般的。
でも、ビールだけもいい店もあるそうな。

遊び方は、パブに入って、ホステスのお姉さんと一緒に飲む。
ペイバーのシステムは基本的に無し。
仲良くなって、電話番号を交換して、仕事終わりにアフターで遊ぶ。
これが流れらしい。

まあ日本のキャバクラみたいなもんかな。

サードロードでもノースパタヤ方面に行くと、ラウンジやパブの大型店が多い。明らかな韓国系ラウンジや日本式カラオケ店もあるが、これらは除外しよう。

パタヤカンからサウスパタヤの間は、小さなローカルパブが多い。

で、ローカルタイ人の友人にすすめられたのが、ラムーというパブラウンジ。

ラムー外観 (3)

ミーサオスワイユーユー(綺麗な女いっぱいだよ)」と力説していた。
でも、高いそうだ。

とりあえず第一候補に入れておく。

ただ、ローカル向けパブの中には、治安の悪いところもあって気をつけろという。

このPing!あたりは、あまり客層が良くないとか。
パブping!!

よくパタヤのローカルニュースでも、未成年者入場や薬物検査で警察の手入れを受けたなんてニュースが流れてくる。
乱闘騒ぎも珍しくないみたい。
スクンビットまで行くと、さらに危ないとか何とか。
夜のスクンビット通りでは、警察の検問をよく見かけるしね。

そういったところには気をつけつつ、サードロードのパブやラウンジを調査することにしよう。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(8月6日更新3軒追加)


関連記事

blackvanilla-1

ソイハニーのプチ高級マッサージ屋、Black Vanilla。1時間1900バーツから。

セカンドロードのソイ11、別名ソイハニー(ソイハニーインとも言う)は、言わずと知れた怪しいマッサージ

記事を読む

Pattaya soi16 disco (1)

GW明け&禁酒日前のパタヤ・ウォーキングストリート

ゴールデンウィークの明けた月曜日深夜のパタヤ・ウォーキングストリートの様子を少しレポート。

記事を読む

テパシットソイ8ローカル置屋

テパシットのローカル置屋続報。ショート900バーツなり。(NAKATAホテル追記あり)

先日、バイクで通りかかったテパシットのソイ8にあるローカル置屋。 通りがけで見た限りでは、若くてか

記事を読む

Patpong special body massage venue (1)

バンコク・パッポン周辺の怪しい客引きの怪しいマッサージ屋へ付いて行ってみた

タニヤからパッポンにかけて歩いていると、次々と怪しい客引きに声をかけられる。 タニヤ内は少ないが、

記事を読む

shark-1

【ウォーキングストリート】新規ゴーゴー店フロッグクイーンとシャーク復活

年明け以来、ひさしぶりにウォーキングストリートを訪れてみると、いくつか変化があった。 簡単にレポー

記事を読む

Walking Street 201701

【2017年改訂版】パタヤとアンヘレスを比較。夜遊び、ゴーゴーバー、ホテル、治安は?

楽園とも言うべき、パタヤとアンヘレス。 海外夜遊び好きなら避けて通れない二大スポットだ。 特にゴー

記事を読む

Walkingstreet20170210 (1)

禁酒日前夜のウォーキングストリートとLKメトロ。今晩の営業は?

禁酒日前夜のパタヤの様子を軽くレポート。 本日2月11日は、マカブーチャという仏教の祝日にあた

記事を読む

club-sin-pattaya-2

【新店レポ】CLUB SINは、ソイボンコットCLUB4隣の新しいジェントルマンズクラブ

ソイボンコットからソイアルノタイへ抜ける閑静な一角に、CLUB4がある。 クラブ4は老舗のジェント

記事を読む

Tantra タントラ (3)

ウォーキングストリート新規オープン、TANTRA(タントラ)訪問レポート

8月10日、オフィシャルでの予告どおり、TANTRA(タントラ)がオープンした。 場所は、ウォーキ

記事を読む

バチェラー Bachelor

今週のソイLKメトロ訪問レポート。バチェラー、パラダイス、クイーンクラブ、レディラブ、シュガーシュガー。

今週訪れたソイLKメトロのゴーゴーバーのレポートをまとめてお届け。 素直な感想として、ウォーキ

記事を読む

アドステア

アドステア

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

Bachelor バチェラーの門 (1)
【昨晩のLKメトロ】天蓋付きバチェラーと、アラーム付きカオス

日本はお盆休み真っ盛りで日本人がめっきり増えたパタヤ。 昼間のソイブ

Green bottle breakfast グリーンボトルのブレックファースト (5)
食べ放題の朝食。GREEN BOTTLEのビュッフェブレックファースト。

先日、ボススイートパタヤに宿泊した際、朝食を取ったのがホテルのすぐ

→もっと見る


PAGE TOP ↑