*

サードロードのローカルパブやラウンジを攻略せよ指令

公開日: : 夜遊び情報

新しく日本からパタヤへ遊びに来る友人とメールでやりとり。
なんでも、サードロード方面のパブやラウンジに興味があるそうだ。

うむ。
たしかにわたしも気になっている。

サードロードのパブ

サードロードを夜遅くなってからバイクで走っていると、小さなローカル向け飲み屋がいくつも開店しているのが嫌でも目に入ってくるだろう。

昼間はこんな感じ
サードロードのパブ

サードロードのパブ名称不明

いわゆるパブだ。
看板はほとんどタイ語のみだし、客も明らかにタイ人ばかり。

KARAOKEやトムボーイの店は、女性向けの飲み屋で、ホストがたくさんいて接客してくれる。
この手のホストクラブは、サードロードだけでなく、ブッカオ沿いにもちょっとだけあるし、ソイチャイヤプーンあたりにも多い。
わたしに用はない。
でも、サードロードには、オープンスタイルの店構えで、生バンドが入っていたりDJがいたりして、さらには明らかに客ではなさそうなホステスっぽい女性が店内にちらほら見受けられる店もある。
狙っているのは、こちら。

サードロードには、安くておいしいローカル屋台やレストランがたくさんある。
最近のグルメレポートでも、サードロード近辺を取り上げることが多い。

で、先日取り上げたラーメンチャンピオンでカツカレーを食べている時にも、ちょっと気になる女性を店内で見かけた。

見た目は、20歳前後で、服装はちょっと小綺麗なドレス系。かといって、夜のお姉さん丸出しの格好でもなければ、化粧でもない。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーで働いているような女性とは雰囲気が違う。
それでも、あきらかな素人ともまた違う。
勝手な推測では、ラーメンチャンピオンの近所のパブで働いているホステスではないかと。
なんというか、素人と夜のお姉さんの間くらいの立ち位置か。
まあ、ほんとかどうかはわかりませんがね。

あと、明らかなトムボーイも見かけた。

ラウンジ系

さらには、店先にホステスがずらりと並んでいるようなパブもある。
この手のホステスを揃えている店は、パブと違い、ラウンジと呼べばいいのだろうか。

ブッカオから近いサードロード沿いで有名なのは、ピカソ(Picasso)
ソイレンキーからサードロードに出て、南へ右折してすぐのところ。
夜に通りかかると、店先に女性陣が並んでいるのですぐにわかる。

が、どうやら閉店してしまったようだ。

ピカソ

先日調査してみると、何やら工事中だった。
看板が残っているので、ただの改装工事かもしれないが。要追跡調査。

あと、ソイLKパビリオンにあるTHE TIME(ザ・タイム)もわかりやすい。
ここも夜遅くなると、店先のイスにホステスたちが待機している。

THE TIMEザ・タイム

わたしは実際に飲んだことがないので詳細不明。

 

ほんと、よくわからない世界。
ローカルなことはローカルタイ人に聞くのが一番。バービアのマネージャーをしている20代のタイ人男に事情を聞いてみた。

やはり、サードロードにはパブやラウンジがいっぱいで、高い店から安い店まで、ピンきりだという。
タイ人の飲み方としては、ウィスキーをボトルで入れて、ミキサー(ソーダとかコーラとか氷)で割って、みんなで飲むのが一般的。
でも、ビールだけもいい店もあるそうな。

遊び方は、パブに入って、ホステスのお姉さんと一緒に飲む。
ペイバーのシステムは基本的に無し。
仲良くなって、電話番号を交換して、仕事終わりにアフターで遊ぶ。
これが流れらしい。

まあ日本のキャバクラみたいなもんかな。

サードロードでもノースパタヤ方面に行くと、ラウンジやパブの大型店が多い。明らかな韓国系ラウンジや日本式カラオケ店もあるが、これらは除外しよう。

パタヤカンからサウスパタヤの間は、小さなローカルパブが多い。

で、ローカルタイ人の友人にすすめられたのが、ラムーというパブラウンジ。

ラムー外観 (3)

ミーサオスワイユーユー(綺麗な女いっぱいだよ)」と力説していた。
でも、高いそうだ。

とりあえず第一候補に入れておく。

ただ、ローカル向けパブの中には、治安の悪いところもあって気をつけろという。

このPing!あたりは、あまり客層が良くないとか。
パブping!!

よくパタヤのローカルニュースでも、未成年者入場や薬物検査で警察の手入れを受けたなんてニュースが流れてくる。
乱闘騒ぎも珍しくないみたい。
スクンビットまで行くと、さらに危ないとか何とか。
夜のスクンビット通りでは、警察の検問をよく見かけるしね。

そういったところには気をつけつつ、サードロードのパブやラウンジを調査することにしよう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

Bachelor (2)

【LKメトロ】カオスは混沌、レディラブは盛況、バチェラーは門職人

先週訪問したLKメトロのゴーゴーバー3軒のレポート。 一週間で3軒だけかよと我ながら突っ込まないで

記事を読む

ビーチクラブ

【昨晩のウォーキングストリート】改装後のビーチクラブとインフィニティ、あとバカラ

一週間ぶりにウォーキングストリートへ足を運んでみた。 深夜0時半頃だったが、客足は多い。

記事を読む

スクーターバー4

ブッカオの新しいバービア、スクーターズがモッズテイスト満載でイカす。おっと、もちろんペイバーも可能だよ。

深夜のソイブッカオを千鳥足でふらふらと歩いていると、耳慣れたビートとサウンドが耳に飛び込んできた。

記事を読む

pattaya20161014night-2

昨晩のパタヤ。バービアはほぼすべて通常通り、ゴーゴーバーも一部営業。

昨日10月14日夜のパタヤの様子を、日中編に続いてレポート。 国王死去のニュースが流れた当日は

記事を読む

Songkran wanrai walking street (6)

ワンライ当日夜のウォーキングストリートの様子。ライトハウスとハッピー入店。

4月19日ワンライの夜。 ワンライの昼間の水かけの様子はすでにお伝えした。 関連記事:2

記事を読む

エリア51 (1)

ソイダイアナにあるコヨーテバー、エリア51(AREA51)訪問レポート

ソイダイアナのブッカオ寄り、LKメトロ入り口の斜め向かいあたりにオープンした新しいバー「エリ

記事を読む

Walkingstreet20170210 (1)

禁酒日前夜のウォーキングストリートとLKメトロ。今晩の営業は?

禁酒日前夜のパタヤの様子を軽くレポート。 本日2月11日は、マカブーチャという仏教の祝日にあた

記事を読む

bachelor-2

LKメトロのゴーゴーはパーティ三昧。バチェラー、オフィス、クリスタルクラブ。

9月20日のパタヤは、夜から雨が降ってきた。 ソイLKメトロを訪れてみると、ゴーゴーバ

記事を読む

baccara

パタヤバカラの開店時間は午後7時半。オープニングに乗り遅れるな。

昨日12月28日の時点で、パタヤバカラの開店時間は午後7時半となっている。閉店は午前3時半。

記事を読む

ナックルアバービア群 (3)

【2016年更新版】パタヤの主なバービア群まとめ情報。相場と地図付き。

【更新情報】2016年7月16日 2016年度版に更新しました。 バービア群自体には変化なし

記事を読む

アドステア

アドステア

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

→もっと見る

PAGE TOP ↑