*

VIPER(バイパー)BARは、昼間から遊べるコヨーテクラブ@プラタムナックヒル

公開日: : 夜遊び情報

パタヤヒルとも言われるプラタムナック地区。
パタヤからジョムティエンへ向かう途中、右手に見える丘がプラタムナックだ。

その丘のさらに奥にVIPER BARというコヨーテクラブがある。

実際に訪問してみたので、レポート。

VIPER BAR(バイパーバー)

VIPERバイパー外観

読み方は、バイパーでいいはず。ヴァイパーと書いたほうがいいかもしれないが、面倒なんでバイパーとする。
ちなみに、VIPをのことを「ヴィップ」と発音することは、英語圏ではまずない。「ヴィーアイピー」とどうぞ。タイ語風なら「ウィーアイピー」ですね。

開店時の店構え
VIPERバイパー

入店したのが午後3時半過ぎ。

店内中央に、長細いお立ち台兼かぶりつきカウンター席。
バーテンダースペースにも、カウンター席。
反対側と一番奥にソファー席。

入り口は平屋建てのように思えるが、店内部は2階構造となっている。
2階にもイスが置いてあるが、実際に利用可能かどうかは不明。

店頭の電光掲示板には、「ALL BEAR 79B」と書いてあったが、実際には89バーツ。
これは、チャンビールでもサンミゲルライトでも同じ価格。
(月曜日は終日ハッピーアワーでビールがどれでも79バーツのようだ。)
コーラは60バーツだった。
レディドリンクは、メニューによれば125バーツ。

月曜日以外は、日替わりのフリーフードサービスあり。
ドリンクを199バーツ以上注文すれば、利用可能のようだ。おそらくレディドリンクも含まれるだろうから、ビール1本とLD1杯注文すれば、食べ放題となるはず。

バイパーチラシ

開始が午後3時半から。

火曜日と木曜日:バーベキュー
水曜日:パスタ
金曜日:スープとシチュー
木曜日と日曜日:ソーセージ

わたしが訪れた日は、ランジェリーパーティ開催とかで、フードの提供は夜になってからと言われた。
がっつりビュッフェが食べたい人は、夕方くらいに訪れたほうがよさそう。

営業時間は、昼3時くらいから深夜1時くらいまで。
客入り次第では、深夜2時や3時まで営業することもあるそうだ。

まだオープンして間もない時間帯のせいか、ステージ上で踊っているダンサーは一人だけ。
待機中のダンサーが数人いた。
ウェイトレスも数人。
すでにファランの客が7,8人訪れて、昼間からビールを飲んでいる。
こんな辺鄙なところでも流行っているものだなあ。
この時の客はファランばかりだが、ちょこちょこと日本人や韓国人もやって来るらしい。

時間が経つにつれて、ぼちぼちと出勤してくるダンサーが増えてきた。ステージ上のダンサーも二人になった。
まあ、正直レベル的には、ちょっときついかな。やや年齢層は高めの印象。見た目は、20代半ばから後半くらい。
いちおうコヨーテダンサーだけあって、スタイルは比較的まとも。
5人に一人くらいは席に呼んでみてもいいかなというレベル。
ウォーキングストリートのゴーゴーバーを想像して訪れると肩透かしをくらうだろう。

ウェイトレスに話を聞いたところ、午後6時くらいにはもっとダンサーが増えるという。
昼間から遊べるとはいえ、やはり夕方以降に訪れたほうがよさそう。

ペイバーのシステムも教えてもらう。

上階にヤリ部屋があるそうだ。その場合は、バーファイン500バーツ。部屋代込みらしい。
外への連れ出しの場合は、バーファイン1000バーツ。
その他、時間帯によって違いがあるかもしれない。
チップは、もちろん相手次第だが、おおむねショート1500か2000Bとのこと。
思っていたよりも高い。
うまく交渉すれば、ヤリ部屋でのショートでトータル1500くらいまで下がりそうな気もするが、このあたりは不明。

1時間ほど粘ってみたが、これといって目を引くコヨーテダンサーはいなかった。
一人だけ良さげなコヨーテがいたが、ファランにずっと独占されていた。

ただ、ソファー席は実に快適。もちろんエアコンもばっちりきいている。
外は炎天下だが、店内はサバイサバイ。
のんびりドリンクを飲みながら、だらだらダンスを見ながら過ごすのも悪くない。

以前はLKメトロのゴーゴーバーが昼間から営業していたものだが、現在は夕方6時か7時くらいからの営業となっている。
現在のところ、真っ昼間から営業していて、コヨーテが踊っているようなバーは、ここバイパーくらいかもしれない。
ちょっと遠いけど、昼間の時間つぶしにどうぞ。
ついでに、ビッグブッダや展望台で観光するのも悪くないかも。

ビッグブッダ・ワットプラヤイ (1)
関連記事:パタヤヒルのビッグブッダ(ワットプラヤイ)と展望台【パタヤ観光スポット】

あと、ジェントルマンズクラブのキンナリープレイスも近くにある。(これは追ってレポート記事をアップします。)

行き方と地図

プラタムナックのソイ4のほぼ一番奥にある。

ソイ4入り口。右下にVIPERの看板が出ている。
プラタムナックソイ4

地図(キンナリープレイスの場所も掲示しておく)

以前紹介したビッグブッダや展望台から、プラタムナックのソイ4までは意外と近い。ロータリー風の交差点からは徒歩数分程度だ。
だが、ソイ4に入ってからが遠い。

プラタムナックソイ4中

この長い坂道の最果てにバイパーがある。グーグルマップによれば約800メートル。

レンタルバイクがないと厳しいが、無理やりソンテウで行けなくもない。
ウォーキングストリート近くからジョムティエン行きのソンテウに乗って、プラタムナック入り口で下車。(上掲地図参照のこと)

ここがソンテウ下車地点。道路を渡って、プラタムナックへ。
プラタムナック交差点解説入り

そこから延々歩いて、ソイ4の入り口へ。さらに坂道を下ればバイパーへたどりつける。ソンテウ下車場所から徒歩15分はかかりそう。
バイクで行く場合は、このルートでもいいが、ビッグブッダ方面から来たほうが早い。途中のワインディングロードには気をつけましょう。

バイパーの周囲は、小綺麗な住宅地とレストランになっている。コンドミニアムも多い。
向かい側には、老舗のアジアパタヤビーチホテル。

アジアパタヤビーチホテル

プラタムナックの海も至近距離だ。
ここは、小さいながらもゴルフコースを併設しており、ホテル敷地内でゴルフプレイが可能となっている。

アジアパタヤビーチホテルゴルフ場

パタヤ中心部の喧騒から離れて、のんびり過ごすには最適のエリア。
プラタムナックソイ4には、外国人向けレストランやコンビニもあるんで、生活にはそれほど不便はしないだろうが、他の場所へ移動するには足が必須。

アジア パタヤ ビーチ ホテル (Asia Pattaya Beach Hotel)

Agodaでチェックする

Booking.comでチェックする

エクスペディアでチェックする

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

スパイスクラブ (1)

スパイスクラブ訪問レポートとハッピー&ビーチクラブ移転情報

スパイスクラブ(SPICE CLUB) 3月で閉店したビーチクラブ。 旧ビーチクラブ店舗は、その

記事を読む

読者投稿サムネイル

【読者さんレポート】シルバーウィークのパタヤ夜遊び

読者のLensmanさんより、コメント欄を通じて、詳細なパタヤ旅行記を頂戴しました。 コメント欄で

記事を読む

ラムー (1)

ラムー訪問記後編。ペイバー可能、でもバーファインは3000バーツ。

前回のラムー訪問記はこちらから。 ⇒高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。1

記事を読む

インフィニティ (1)

スーパーベイビー閉店。ハッピーとインフィニティ訪問レポート。

昨晩2016年2月3日夜10時過ぎにウォーキングストリートを訪れた。 通り全体の客足はやや少なめ。

記事を読む

walking-street

クリスマス直前のウォーキングストリートとLKメトロの様子。バーファイン値上げ。

すっかりクリスマスモードとなったパタヤ。 あちこちでクリスマスツリーが飾られ、バーではサンタ帽やト

記事を読む

ビーナスラウンジ看板

VENUS LOUNGE( ビーナスラウンジ)は、サードロード沿いにあるジェントルマンズクラブ

サードロードをノースパタヤからパタヤカンへ向けて進んでいると、たまたま目に入ったのが、このお店。

記事を読む

キンナリープレイス (2)

キンナリープレイス(KINNAREE PLACE)訪問レポート。遊び方と行き方も。

パタヤにいくつもあるジェントルマンズクラブ(ジェントルマンラウンジ)の中で最も有名なのが、ここキンナ

記事を読む

ウィンチェスタークラブ (1)

ウィンチェスタークラブは、ジョムティエンにあるジェントルマンクラブ

ジョムティエンにあるジェントルマンクラブ(ジェントルマンラウンジ、ジェントルマンズクラブ、ジェントル

記事を読む

Pattaya klang karaoke street

パタヤの日本カラオケ屋通り調査報告。サクラ、エリコ、キューピッド3店を調べてきた。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)沿いに、日本カラオケ屋が3軒密集するようになった。 以前からあ

記事を読む

テーメーカフェ看板

バンコク・テーメーカフェ2016年6月最新訪問レポート。相場と遊び方情報。

バンコクのテーメーカフェ 2016年6月某日、わたしはテーメーカフェの扉を開けた。

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑