*

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

公開日: : グルメレポート


セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOTAMUSというステーキレストラン。
フランス発祥のステーキグリル店のようだ。海外にも支店がたくさんあるらしい。

HIPOPOTAMUSパタヤセンタン店

食事を取るつもりはなくドリンクだけの注文でも問題なく入店できた。
センタン6階のテラス席から眺める景色がすばらしい。

SPONSOR LINK

HIPPOPOTAMUSパタヤ店

セカンドロードから入った場合、センタンの6階をひたすらビーチ方面へ進む。
もしくは、ビーチ側のエレベーターで6階に上がるとすぐ脇に入り口がある。わかりやすい。

タバコが吸える席を希望。
するとテラス席に案内してくれた。
ウェイターはフィリピン人で、タイ語で話しかけると「タイ語は苦手だから英語でお願いします」と言われた。
多少はタイ語も通じます。

テラス席からレストラン入り口を見たところ。右がビーチ沿いのエレベーター。
ヒポポタマスセンタンパタヤ店眺望 (5)

一番奥のエリアに4人で陣取った。

ヒポポタマスセンタンパタヤ店眺望 (2)

とにかく眺めがすばらしい。

ソースパタヤ方面は遮るものなし
ヒポポタマスセンタンパタヤ店眺望 (3)

ウォーキングストリート方面は、柱のような木の枠組みが邪魔
ヒポポタマスセンタンパタヤ店眺望 (4)

ちょっと場所をずらせば、こんな感じ
ヒポポタマスセンタンパタヤ店眺望 (1)

サンセットの時間はさぞ美しい夕日が見られそう。

メニュー

HIPOPOTAMUSパタヤ店メニュー (1)

今回はドリンクメニューのみ。

HIPOPOTAMUSパタヤ店メニュー (3)

HIPOPOTAMUSパタヤ店メニュー (4)

HIPOPOTAMUSパタヤ店メニュー (5)
コーヒー:59バーツ
コーラ:39バーツ
ボトルビール:89バーツ

このロケーションにしてはかなりお得。

ウェイターおすすめは、スムージーとのこと。

どれも129バーツ。

HIPOPOTAMUSパタヤ店メニュー (2)

各スムージーによって、入っているフルーツの種類が違う。
ヒポスムージーは、パイナップル・ストロベリー・バナナの果肉を入れて、オレンジジュースとパイナップルジュースを混ぜたもの。
スムージーなので、もちろん氷とミックスしたシェイクになっている。タイ語でいうところの「パン」ですね。

これがHIPO SMOOTHIE
ヒポポタマスのヒポスムージー

フルーツ感と清涼感たっぷりで、南国ビーチによく合う雰囲気だ。

センタン6階からパタヤビーチを見下ろしながら、スムージーを飲む。
ちょっと贅沢な気分にさせてくれる。

タバコもプカプカ吸える。

わりといいんじゃないでしょうか。

 

料理はまったく頼んでおらず、詳細不明。
ステーキがメインのようです。
サーロインステーキ250gが、599バーツ。

ヒポポタマスパタヤ店フードメニュー (2)

ベーコンバーガーが、259バーツ。

ヒポポタマスパタヤ店フードメニュー (1)

それなりのお値段だが、写真を見るかぎりは、とてもおいしそう。

トリップアドバイザーの口コミはこちら

Hippopotamus Restaurant

BAR ITALIAとの比較

少し前に紹介したセンタン2階にあるBAR ITALIAと少し比較してみよう。

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)
センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

眺めは、ヒポポタマスのほうが抜群にいい。
イタリアは2階。ヒポポタマスは6階。当然の結果。

ドリンク代も、ヒポポタマスのほうが安い。ソフトドリンクにかぎって言えば、20バーツか30バーツほど安い。

よって、コストパフォーマンスでいえば、ヒポポタマスのほうが良さそう。

料理の比較はできないけど、イタリアン好きならバーイタリアに行きましょう。パスタはおいしいですよ、バーイタリア。

どちらもテラス席でタバコが吸えるのは一緒。

ただ、ヒポポタマスのテラス席は手狭、というかごく普通のテーブルとイス。

バーイタリアが広すぎるんですよね。
バーイタリアは、ソファー席があって、ゆったりできる。
まったりのんびり過ごすには、バーイタリアのほうがおすすめ。
あそこのソファー席の快適さは、他ではなかなか味わえない。

眺めを楽しむなら、ヒポポタマスで決まりです。
おすすめは、一番奥のビーチ寄りのエリア。
ここにはテーブルが2脚だけ置いてあり、パタヤビーチを一望するには、どちらかのテーブルを確保する必要あり。
夕方からは混みそうな気がするけど。

一人で行くと寂しいんで、できるだけお気に入りの女性を連れて行ってあげましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

パタヤタイのクィティアオ屋 (6)

パタヤタイ、トゥッコム裏手のクイティアオ屋

今回のパタヤローカルグルメレポートはパタヤタイにあるクィティアオ屋。 ここも読者さんからいただ

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

Patonko (1)

ソイブッカオの新しいパートンコー屋台

パートンコーとは、タイの朝食を代表する揚げパンのことだ。 パタヤでパートンコーといえば、ソイブ

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

ソイカオタローの踏切 (2)

パタヤの踏切とソイカオタロー市場の焼き鳥

ソイカオタローの踏み切り スクンビットからパタヤダークサイドのソイカオタロー方面へ進ん

記事を読む

take-away-breakfast-5

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。 白

記事を読む

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

malee-breakfast-5

MALEEのブレックファースト69バーツと99バーツは、可もなく不可もなし

MALEEは、洋食が気軽に食べられるパタヤの有名店だ。 ソイハニーやブッカオの病院前脇道に店舗

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑