*

トゥッコム裏にある10バーツわんこクイティアオルア。あなたは何杯食べられる?


以前、バイクで通りかかった時に気になっていた10バーツの看板が掲げられたクイティアオ屋。

パタヤタイの10バーツクイティアオ

実際に食べてみると、意外とうまかったのでご紹介。

看板に偽りなく、一杯10バーツだ。好きなだけおかわりしましょう。

SPONSOR LINK

10バーツクイティアオ屋

場所は、パタヤタイの電脳ショッピングビル・トゥッコムTUKCOMの裏手。

トゥッコム
TUKCOM2

地図

行き方は簡単。トゥッコムの東側のソイを進んで行くと右手に見つかる。トゥッコムから歩いて2,3分くらい。

トゥッコムとカシコーン銀行の間のこのソイを進む
トゥッコム横の道

外観
トゥッコム裏手の10バーツクイティアオルア屋 (3)

内装
トゥッコム裏手の10バーツクイティアオルア屋 (2)

メニュー
トゥッコム裏手の10バーツクイティアオルアメニュー

クイティアオ小(タマダー):10バーツ
クイティアオ大(ピセーッ):40バーツ
クイティアオ麺なし(ガオラオ):50バーツ

トムヤムスープのクイティアオ:60バーツ

ルークチンが一串5バーツ
その他、少々あり。

ドリンクは、ペットボトルの水が10バーツで、コーラが15バーツ。

クイティアオの注文は、麺の種類と丼の大きさを指定するだけ。

センミー:細麺
センレック:中太麺
センヤーイ:極太麺
ウンセン:春雨

この店では確かめていないが、おそらくバミー(中華麺)やママー(インスタント麺)も置いてあるはず。

「センレック タマダー」で、中太麺の小どんぶりサイズとなる。

クイティアオルア

この手のわんこそばスタイルのクイティアオ屋は、クイティアオルアと呼ばれる。
ルアはボート(船)のこと。
昔、運河にボートを浮かべて営業していた頃の名残りだとか何とか。
現在は店頭に小さなボートの模型を置いていあるところが多い。

この店の船は、ただの舟型のハリボテだけど
トゥッコム裏手の10バーツクイティアオルア屋 (1)

クイティアオルアのスープは、ナムトックとなる。タイ人に聞いたところ、これはお決まりらしい。
スープのナムトックは、濃厚な色合いが特徴で、豚の血を混ぜてあるみたい。

わんこクイティアオ

今回は二人で来店。
わたしが4杯、もう一人が3杯の計7杯食べましたね。

センミー
10バーツクイティアオルア (4)

センレック
10バーツクイティアオルア (1)

センヤーイ
10バーツクイティアオルア (2)

ウンセン
10バーツクイティアオルア (3)

小どんぶりは、かなり小さくて初めて見る人はびっくりするかも。
本当に小さい。
少しだけ大きめのお茶碗サイズといったところか。

タバコと比較
10バーツクイティアオルアサイズ比較

わんこそばと違って、さすがに一口では無理だけど、麺だけなら3口もあれば完食できる。

この店のナムトックスープは、臭みがなくて、けっこうおいしいです。
何杯でもいける味。
つるつるっと食べられます。

麺は、センヤーイが一番おすすめ。次がセンレック。
センミーとウンセンは、もう一つかな。

最初に4杯注文して、追加で3杯オーダーした。
店の人は嫌な顔ひとつせず対応してくれる。まあ、元々それがコンセプトのわんこクイティアオ屋だ。
遠慮せず、好きなだけがんがん追加注文していきましょう。

少食のわたしでも余裕で4杯。

 

物足りなかったので、焼きルークチンも追加注文。
ルークチンは、豚肉のつみれですな。
1本5バーツを6本で30バーツ。

串のことをタイ語でマイという。6本注文するなら「ホックマイ」と告げればオッケー。

注文を受けてから、網で焼いてくれる。

カオタローテパシット15Bクイティアオ 080

もちもちした食感で、屋台のルークチンよりもおいしい。
これもおすすめのメニュー。

10バーツクイティアオルア食後

わんこクイティアオ合計7杯、ルークチン6本、コーラと水で合計125バーツでした。
二人でわいわい言いながら食べて、このお値段。

一人で限界まで挑戦するもよし、お気に入りの女性と一緒に食べに来るもよし。

立地条件がいいんで、昼間の時間帯に気軽に食べに行って下さいませ。

営業時間は、朝9時から夕方6時くらいまで。
まあ、昼間に訪れましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

MALEE3マリーレストラン (1)

MALEEレストランの日替わり99バーツセット。ソイレンキーに新MALEEオープン。

MALEE(マリー)は、パタヤで数店舗展開しているレストラン&ゲストハウス。 今回訪れたのは、

記事を読む

Hot pot chimchum (1)

コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐりをしてから、チムチュムを食べる

記事を読む

フライヤータックスフィッシュアンドチップス (1)

ファラン飯がいつでも99バーツから。ソイレンキーにあるフライヤータックス。おすすめはチキンカツ。

毎日タイ料理ばかり食べていると、たまには洋食(つまりファラン飯)を欲してしまう。 パタヤはファ

記事を読む

LKメトロケバブ屋 (4)

ソイLKメトロとソイダイアナ周辺のケバブ屋台を食べ比べ

ソイダイアナのLKメトロ入り口付近からソイレンキーにかけては、さながらケバブ屋銀座になっ

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

フランドリア (1)

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。 サードロードやパタヤタイま

記事を読む

アドステア

アドステア

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

→もっと見る

PAGE TOP ↑