*

チャイ4のバミーと、友人がペイバーしたバービア嬢はショート1800バーツ先払い

沈没日記37

友人たちのアテンドは毎日続く。

珍しくパタヤの観光にも出かけた。
ビッグブッダやシルバーレイクなどをまわる。

わたしはいずれも過去に訪問済みだったが、友人二人は訪パタヤ歴30回にも及ぼうかというのに、これが初訪問。
どれだけパタヤの夜の世界にはまっているかがわかろうというもの。
わたしも6年ぶりくらいかなあ。スーパーガールのダンサーにバイクで連れて行ってもらった覚えがある。
それ以来、まったく昼間の観光には興味なし。
同じ穴のムジナですな。

観光スポットについて詳しくは個別記事で取り上げるが、地元タイ人の自家用車で案内してくれたので、実に快適だった。
最近パタヤはまた暑さがぶり返しており、昼間の観光はなかなか体力を消耗する。
エアコン付きの移動はやはり楽でいい。

ジョムティエンのチャイ4バミーナム屋

観光旅行の日の昼飯は、ジョムティエンで軽くクイティアオ。

チャイ4 (1)

これは、チャイ4というフランチャイズ店だそうな。丼に上の4の文字が目印。

公式ホームページ(タイ語のみ)
スクリーンショット_021616_065240_AM
http://www.chay4.co.th/home.html

英語表記では、CHYSEE BAMEE KIEW THAI NOODLE
チャイシーバミーキアオタイヌードル

キアオ(ギアオ)はワンタンのことだ。

その名の通り、ワンタンが特徴のバミーナム。バミーお約束のムーデーンもおいしい。
味はしっかりしている。

今回はバミーヘン(汁なしバミー)で食べてみた。

チャイ4のバミーヘン (1)

これもいけるなあ。

友人はバミーナムで。ラーメン好きの友人もスープがうまいと賞賛していた。

具材や味付けのどこからどこまでが店独自のものかはわからないけど、うまいのは間違いない。
ここは一皿50バーツの料金設定だった。

チャイ4 (2)

場所はジョムティエンのセカンドロードをずーっと南へ行ったところ。

この周辺は、コンドミニアムの建築ラッシュで、道路も整備されていて、とても綺麗。
パタヤとは思えない雰囲気だ。

ジョムティエンセカンドロード

ちなみに、このチャイシーのバミー屋の裏手には、ジェントルマンズクラブのウィンチェスター(Winchester Gentleman Club)がある。

地図

(ウィンチェスタークラブの裏手、セカンドロード沿いにチャイ4があります)

パタヤ中心部に滞在している人がわざわざ訪れるエリアではないけど、バミーを食べるついでにウィンチェスターにもどうぞ。わたしもまだウィンチェスターには入ったことがないけれど。

チャイ4のバミーは、パタヤ中心部にも屋台あり。ソイニュープラザのブッカオ寄り。
やっぱりワンタンがおいしいバミーとなっている。
チャイ4は安定しているなあ。
ただ、ソイニュープラザのチャイ4は、営業時間が実に不安定。運良く営業していたら、迷わず食べましょう。
去年食べた時は、ワンタンと焼豚入りで40バーツでした。

ソイニュープラザのバミー屋台 (2)
ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ブッカオ近辺では一押し。

ソイ10のバービアで友人がペイバー

アテンドの日々といっても、友人と一日中一緒にいるわけではない。
わたしもPC作業などがあるし、友人たちはマッサージにでかけたり、プールでまったり過ごしている。

夜遊びのアテンドもほどほど。
友人たちはゴーゴーバーには近づきもしない。
バービアで飲むか、知り合いのタイ女性を誘って遊ぶだけ。

印象に残っていることだけを取り上げてみよう。

ソイ10バービア群 (2)

ビーチロードのソイ10にあるバービア。正確にはセカンドロード沿いにあるが、パタヤ初心者からベテランまで意外とファンが多いバービアである。
友人たちが先に飲んでいて、わたしがあとで合流。

友人の一人が、ちょうどペイバーするところだった。

お相手は、20代後半のスレンダーなバービア嬢。
ルックス的にはゴーゴーバーで働いていてもおかしくないレベル。
バーファインは300バーツ。これは普通。

でも、ショートのチップ希望額は2000バーツ。

ちょっと割引してもらっても1800バーツ。それ以上は1バーツたりとも値引きに応じてくれない。

BFを合わせて、トータル2100バーツ。

なんでも、ゴーゴーバーならバーファインが高いから、合計したらまだ安いくらいよ、ということらしい。
しかも、バービアでは聞いたことのないチップ代込みの先払いを要求していた。

それでも、すっかり気に入っていた友人はさくっと全額先払いで連れて帰っていた。
まあ、サービス的にはごく普通だったそうだけど。

それにしても、バービアでショート1800Bの先払いかあ。
きついなあ。
バービアでのショートの上限は1500Bが妥当だと思う。
基本はショート1000Bかなあ。
まあ、お互いに合意した額が適正価格なんて、外野がどうのこうの言うことじゃないですけどね。

わたしは赤目のせいでブンブン禁止の身。
徐々に回復しているので、もうすぐ解禁しよう。

さあ、早く来い来い、バンコクのデパート嬢。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

焼酎とキムチとサーモン寿司

クリスマスには焼酎とキムチで宴会を。最後はブンブン。

パタヤ沈没日記6 パタヤで焼酎とキムチを求めて カラオケ嬢のおみやげ希望リストにあったのが、焼酎

記事を読む

大みそかのLKメトロ

大みそかは、カラオケ嬢とヤードーンで宴会。そのまま抱き合って眠る。

パタヤ沈没日記9 沈没日記が少しディレイしていますが、すっ飛ばして、大みそかの様子を書きます。

記事を読む

夜のパタヤビーチロード

アテンドの日々。10年来のパタヤ好き40代と、海外旅行好きの元気な70代。

沈没日記32 現在、日本やバンコクから立て続けに友人知人がパタヤへ遊びにきております。

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

ぬいぐるみトゥカター

最低の寝正月inパタヤ。元旦の夜はぬいぐるみを抱えて眠る。

沈没日記10 体調不良の正月 新年を迎えた。 隣にはカラオケ嬢が寝ている。 ハッピーな状況の

記事を読む

元ゴーゴー嬢とわんこそばクイティアオ

続バンコクデパート嬢物語。パタヤでは野獣になるべし。

パタヤ沈没日記39 まさかの元ゴーゴー嬢との再会。一向にやって来ないバンコクデパート嬢。 最

記事を読む

23歳ゴーゴー嬢

深夜のパタヤを徘徊~酔っぱらいゴーゴー嬢にレインメーカー

沈没日記54 バンコクでの集団観光デートを終えて、パタヤへ帰還した。 宿に戻って、シャワーを

記事を読む

パタヤ407バスチケット販売所

タイの夜の女性と一緒にイサーン実家への里帰りを提案されたらどうする?【イサーン・ビエンチャン編スタート】

沈没日記14 カラオケ嬢は、年明けにイサーンの実家に帰郷したいと前々から言っていた。 できれ

記事を読む

ソイレンキー入り口のケバブ屋台

ダイエットに成功したバービア嬢との再会。タイの女性は体重を簡単に教えてくれるよ。

沈没日記26 昼飯は、ブッカオ常設市場へ。 何を食べようか考えるのが面倒になった時は、とりあ

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑