*

チャイ4のバミーと、友人がペイバーしたバービア嬢はショート1800バーツ先払い

沈没日記37

友人たちのアテンドは毎日続く。

珍しくパタヤの観光にも出かけた。
ビッグブッダやシルバーレイクなどをまわる。

わたしはいずれも過去に訪問済みだったが、友人二人は訪パタヤ歴30回にも及ぼうかというのに、これが初訪問。
どれだけパタヤの夜の世界にはまっているかがわかろうというもの。
わたしも6年ぶりくらいかなあ。スーパーガールのダンサーにバイクで連れて行ってもらった覚えがある。
それ以来、まったく昼間の観光には興味なし。
同じ穴のムジナですな。

観光スポットについて詳しくは個別記事で取り上げるが、地元タイ人の自家用車で案内してくれたので、実に快適だった。
最近パタヤはまた暑さがぶり返しており、昼間の観光はなかなか体力を消耗する。
エアコン付きの移動はやはり楽でいい。

ジョムティエンのチャイ4バミーナム屋

観光旅行の日の昼飯は、ジョムティエンで軽くクイティアオ。

チャイ4 (1)

これは、チャイ4というフランチャイズ店だそうな。丼に上の4の文字が目印。

公式ホームページ(タイ語のみ)
スクリーンショット_021616_065240_AM
http://www.chay4.co.th/home.html

英語表記では、CHYSEE BAMEE KIEW THAI NOODLE
チャイシーバミーキアオタイヌードル

キアオ(ギアオ)はワンタンのことだ。

その名の通り、ワンタンが特徴のバミーナム。バミーお約束のムーデーンもおいしい。
味はしっかりしている。

今回はバミーヘン(汁なしバミー)で食べてみた。

チャイ4のバミーヘン (1)

これもいけるなあ。

友人はバミーナムで。ラーメン好きの友人もスープがうまいと賞賛していた。

具材や味付けのどこからどこまでが店独自のものかはわからないけど、うまいのは間違いない。
ここは一皿50バーツの料金設定だった。

チャイ4 (2)

場所はジョムティエンのセカンドロードをずーっと南へ行ったところ。

この周辺は、コンドミニアムの建築ラッシュで、道路も整備されていて、とても綺麗。
パタヤとは思えない雰囲気だ。

ジョムティエンセカンドロード

ちなみに、このチャイシーのバミー屋の裏手には、ジェントルマンズクラブのウィンチェスター(Winchester Gentleman Club)がある。

地図

(ウィンチェスタークラブの裏手、セカンドロード沿いにチャイ4があります)

パタヤ中心部に滞在している人がわざわざ訪れるエリアではないけど、バミーを食べるついでにウィンチェスターにもどうぞ。わたしもまだウィンチェスターには入ったことがないけれど。

チャイ4のバミーは、パタヤ中心部にも屋台あり。ソイニュープラザのブッカオ寄り。
やっぱりワンタンがおいしいバミーとなっている。
チャイ4は安定しているなあ。
ただ、ソイニュープラザのチャイ4は、営業時間が実に不安定。運良く営業していたら、迷わず食べましょう。
去年食べた時は、ワンタンと焼豚入りで40バーツでした。

ソイニュープラザのバミー屋台 (2)
ソイニュープラザのバミー屋はワンタンが名物。ブッカオ近辺では一押し。

ソイ10のバービアで友人がペイバー

アテンドの日々といっても、友人と一日中一緒にいるわけではない。
わたしもPC作業などがあるし、友人たちはマッサージにでかけたり、プールでまったり過ごしている。

夜遊びのアテンドもほどほど。
友人たちはゴーゴーバーには近づきもしない。
バービアで飲むか、知り合いのタイ女性を誘って遊ぶだけ。

印象に残っていることだけを取り上げてみよう。

ソイ10バービア群 (2)

ビーチロードのソイ10にあるバービア。正確にはセカンドロード沿いにあるが、パタヤ初心者からベテランまで意外とファンが多いバービアである。
友人たちが先に飲んでいて、わたしがあとで合流。

友人の一人が、ちょうどペイバーするところだった。

お相手は、20代後半のスレンダーなバービア嬢。
ルックス的にはゴーゴーバーで働いていてもおかしくないレベル。
バーファインは300バーツ。これは普通。

でも、ショートのチップ希望額は2000バーツ。

ちょっと割引してもらっても1800バーツ。それ以上は1バーツたりとも値引きに応じてくれない。

BFを合わせて、トータル2100バーツ。

なんでも、ゴーゴーバーならバーファインが高いから、合計したらまだ安いくらいよ、ということらしい。
しかも、バービアでは聞いたことのないチップ代込みの先払いを要求していた。

それでも、すっかり気に入っていた友人はさくっと全額先払いで連れて帰っていた。
まあ、サービス的にはごく普通だったそうだけど。

それにしても、バービアでショート1800Bの先払いかあ。
きついなあ。
バービアでのショートの上限は1500Bが妥当だと思う。
基本はショート1000Bかなあ。
まあ、お互いに合意した額が適正価格なんて、外野がどうのこうの言うことじゃないですけどね。

わたしは赤目のせいでブンブン禁止の身。
徐々に回復しているので、もうすぐ解禁しよう。

さあ、早く来い来い、バンコクのデパート嬢。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

スカイフォール

スカイフォールとランウェイで遊ぶ。カラオケ嬢はやって来ないが、コヨーテさんとまさかの再会。

沈没日記12 またしてもカラオケ嬢はやって来ない。 日中に電話しても応答すらない。もちろん、

記事を読む

パタヤ407バスチケット販売所

タイの夜の女性と一緒にイサーン実家への里帰りを提案されたらどうする?【イサーン・ビエンチャン編スタート】

沈没日記14 カラオケ嬢は、年明けにイサーンの実家に帰郷したいと前々から言っていた。 できれ

記事を読む

no image

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30 ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。

記事を読む

23歳ゴーゴー嬢

深夜のパタヤを徘徊~酔っぱらいゴーゴー嬢にレインメーカー

沈没日記54 バンコクでの集団観光デートを終えて、パタヤへ帰還した。 宿に戻って、シャワーを

記事を読む

ビーフハンバーガー

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7 結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。 クリスマスの夜も一人寝となった。 電

記事を読む

夜のウォーキングストリート2016

ウォーキングストリートのコヨーテ嬢を部屋に呼び出してロング2000B

沈没日記29 カラオケ嬢とは、しばしの別れ。 そして、コヨーテさんと久々のブンブンをしてから

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

デパート嬢のLINE

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36 現在22歳の元バービア嬢がいる。 出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ

記事を読む

ビエンチャン市内観光 (1)パトゥーサイ

ビエンチャンサイクリング観光と、もうパタヤに帰りたいと泣くカラオケ嬢とのやり取り

沈没日記17 ビエンチャン滞在2日目。 今日こそタイの観光ビザ申請をせねば。 6時過ぎ

記事を読む

バービアパーティ

23歳バービア嬢にふられて、32歳キャッシャーをペイバー

パタヤ沈没日記45 かれこれ10日ほどブンブンしていない。 いくら月単位の長期滞在とはいえ、

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑