*

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

公開日: : エッセイ

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。
仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート1000バーツ+チップ300バーツだった。

関連記事:二転三転の末、LKメトロのコヨーテ嬢をお持ち帰り。ショート1000B+チップ。

いろいろと世間話をしていると、過去の男の話題に。
つい最近まで、ファランの彼氏がいたらしい。まあこの場合、彼氏というより上客と言うべきかもしれない。
例によって毎月送金してもらっていたそうだ。

もうこの手のネタには少々食傷気味なのだが、今回はすごかった。
なんと、ファランからの毎月の送金額は、驚きの30万バーツだ。

3万バーツではない。
30万バーツでっせ。
ほぼ100万円!

1年ほどもらい続けたと言っていた。

いやいや、ファランよ、どんだけ金持ちなんだよ。
たしかにそのコヨーテ嬢はまだ若いし、ルックスもそこそこいいし、色黒なだけに欧米人からは受けそうだ。
でも、30万バーツはあげすぎだろ。

さらにすごいことには、コヨーテ嬢は毎月30バーツバーツもらっていても、すべて使い果たしというのだから、まったく呆れるしかない。

家を買ったのかと質問すると答えはノー
かろうじて車は買ったらしい。

それでも30万バーツを12ヶ月もらい続けたとしたら、合計360万バーツ。1000万円以上となる。
車を購入しても、まだまだ残っているはず。
でも、友だちや親戚との飲み会やショッピングで散財し、あげくの果てにはギャンブルで1バーツ残らず使い果たしたという。

これだよ、これ。
これぞ、タイの夜の女性だ。
(あえてタイ人全体に当てはまるとは言わないけど、あながちハズレていないような気もする。)

もう、ザルだよ、ザル。
穴だらけのザルに水を一生懸命かけているようなもの。
何も残らず、流れ落ちていくだけ。

ファラン彼氏と別れたとたん、月収100万円から財産ゼロに一気に転落。
そして、わたしのような渋ちんの日本人にバーファインなしのショート1000バーツで体を売るようになる生活へ逆戻り。

でも、本人はあっけらかんとして笑っている。

だって、使っちゃったんだから仕方ないじゃない
楽しかったんだからいいじゃない
また働いて、金持ちの男を探せばいいのよ

そこがまたタイの夜の女性らしい。
この底抜けの脳天気さがたまらない。
底が抜けているのか、底が見えないのか、底が知れないのか、あそこだけで生き抜くのか、まあ、あっぱれだ。

うん、いいよね。
もう大好きだ。

 

日本人がカモにされたり、高額チップを要求されたり、送金してしまっているなんて話はよくきくが、ファランに比べればかわいいもんだ。
日本人は甘くないよ。というか、ファランとかアラブとかシンガポーリアンに比べれば、明らかにカネを持っていない。
激甘日本人なんて、ほんとごく一部じゃないか。
ファランこそ激甘だ。

まあ、パタヤで遊んでいるのはファランが圧倒的多数で、さらにファランといっても国籍はさまざまなうえ、貧乏系からリッチ系まで幅広いだけの話とも言えるけど。
ソイ6でドリンクも奢らずショート500バーツで速攻2階の部屋に上がるファランや、ゴーゴーバーで小指一本分のドリンクを残したままずっとカウンターにしがみついているファランもちょこちょこ見かける。
と同時に、わたしのまわりには、毎月5万バーツや10万バーツを送金しているファランなんて何人もいる。果ては毎月30万バーツだ。

懇意の女性の気を引くために、5000バーツや1万バーツを送金しようかどうしようか悩んでいるわたしのような日本人のなんと卑小なことか。

 

いやもう、そんな外国人たちとタイの夜の女性たちとのやりとりを観察しているだけでも、パタヤは楽しいところだ。

国際的な経済力の比較や金銭感覚の違いが、この狭い地域で何となくわかってくるんだから、大したものである。
勢いのある国がどこかもすぐにわかる。
ロシア人が増えたと思いきやルーブルが暴落して、ロシア人が激減。
中国人はずっとうなぎのぼりで、最近では若い韓国人や台湾、香港、シンガポールが増えてきた。

何が言いたいかというと、「がんばれタイの夜の女性たち」と素直に応援してあげたいのである。

カモは次から次へと現れるけど、あなたはいつまでも若くはいられない。
できれば、もうちょっとだけでいいから、経済観念はしっかり持ってほしいなあ。
ま、余計なお世話ですけどね。

 

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

southside-kimuchi サウスサイドキムチ

キムチとキモチイイ。Southsideのヒップホップナンバー「KIMUCHI」でコーシアンノイ。

サウスサイドのキムチ とあるバービアでの話。 バービア嬢から、「キモチイイ」と「イク」と「イタイ

記事を読む

Baccara

昨晩のパタヤバカラにて思うこと

ソンクラーン直前のウォーキングストリート。 日増しに観光客が増えているような印象。

記事を読む

flag

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。

記事を読む

タイ語メモ (4)

タイ語と英語のちょっと危険なスラング、ヒーとカント

タイ語ノート タイ語の料理名を書いてもらったり、メモを取るために、タイ滞在時にはいつも小さなノート

記事を読む

ベトナム 女性

ASEAN自由化で、ベトナム人バービア嬢やゴーゴーダンサーが誕生するのか?

ベトナム人バービア嬢がやって来る? 去年の暮れ頃のこと。 知り合いのバービアママさんと話をしてい

記事を読む

Yak

タイ語の早口言葉で遊ぼう。アーヒアリー アーリーヒア。

タイ語は発音が難しい。 ただでさえ難しいタイ語を早口言葉にするともっと難しい。そして、おもしろ

記事を読む

addiction

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_100116_123329_pm

PPAP!ペンパイナッポーアッポーペン(PEN-PINEAPPLE-APPLE-PEN)!なぜかタイで人気沸騰ピコ太郎

最近、タイのSNSのタイムラインでよく流れてくる変な動画がある。 怪しさ200%のおっさんが、

記事を読む

謎のオブジェ

タイ夜遊び旅行を楽しむには、テキトーさと笑い飛ばす力があればいい

タイにかぎらず、東南アジアやインドなどを旅行していると、どうしてもイライラしてしまうような事

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Tak より:

    驚愕してしまいますが金持ちからしたら端金なんでしょうね。
    コートのポッケに金がない
    使い果たしちまった
    私なら呆気なく破産です〜
    ただこの手の逸話、大好きだったりします。

    • 千夜一夜 より:

      まあ、30万バーツはむちゃですよね。わたしもそんな話を聞いたのは初めてです。
      4万や5万Bは、よく聞きます。最近も、知り合いのゴーゴー嬢がファランから月4万バーツもらう約束で、ゴーゴーを辞めて田舎へ帰って行きました。
      バンコクからバスに乗る写真は見ました。ま、本当に田舎へ引っ込んでいるかは怪しいところですが。

  2. hn より:

    自分も送金は毎回悩みます。うまく断る理由を探します。別に送金する義務もないので、ケチと思われない水準で、少しだけ送金するようにしています。最近感じるのは金額は多くなくても良いのではないか?それこそ4,000バーツでも良いのではないか?と感じます。とにかく、彼女たちは「言ってみるだけ」でそれ程期待をしていなのでは?と感じます。うまく断っても次回会うときに問題が起きていません。気持ちだけの送金でつながるなら、5,000バーツ以下(月1回)でも十分だと感じました。
    最近はこんな感じです。もちろん、1泊2日終日付き合ってくれれば2,000バーツ+食事代です。バーにはゆかないのでパイバー代金はかかりません。
    管理人さんから見て、このお金の使い方は適正ですか?
    自分は時間は自由ですが、お金は節約したいほうです。

    • 千夜一夜 より:

      わたしは日本から送金したことはないですが、携帯電話のトップアップくらいは援助してあげますかね。500バーツ分あげるだけでも、かなり喜んでくれますよ。
      1日のお手当としては適正じゃないですかね。期間の長さにもよりけりですが。一週間以上連続なら、もうちょっと少なくても大丈夫なような気もします。逆にわたしのように1ヶ月単位とかになると、直接のお手当以外の部分で、かなりお金がかかります。アパート代とか実家への送金とかの無心が来るもので。
      わたしも骨身にしみていますが、うまくバランスを取るのが非常に難しいです。

  3. ナムケン より:

    そういう話は私もよく聞きますが、ほとんどが嘘です。
    もちろん100%嘘とはいいませんが、何故そんなに簡単に信じるのでしょうか?
    記事にされるなら、ある程度は裏をとった方がいいと思います。
    普段の記事についてはとても参考にしておりますので、厳しいことを言わせ手頂きました。

    • 千夜一夜 より:

      さすがに30万バーツは無茶な額でほんとかよと思いますが、ファラン彼氏や送金は嘘ではなさそうです。ファランの名前のタトゥーを彫ってました。それ以上のウラ取りはしてませんが。
      この手の話のほとんどが嘘ってことはないですね。過去、ウェスタンユニオンのレシートや本国からのEMSとか何度か見せてもらったことがあるんで。
      まあ、額面やら家族の事情や借金の話に誇張が含まれているのは、当たり前でしょうけど。

  4. 反町隆男 より:

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませてもらってます。
    特定のカラオケ嬢よりバタフライ情報を期待してます。

    読んでてパタヤに行きたい気持ちが抑えられず3月4日から行こうかと考えてます。清原並の禁断症状ですね(笑)

    2点質問させてください。

    1.ジョムティエンからスワンナプームまでのチケットですが、前日に事前予約可能とのことですが、時間指定も可能なのでしょうか?10時か11時で迷ってます。

    2.この時期は繁忙期なのでスワンナプームまでは2時間以上かかるのでしょうか?去年中国の春節ど真ん中で2時間待ち、エカマイまで4時間かかりました。

    • 千夜一夜 より:

      抑えられないこの禁断症状。もう止まりません。
      遅れましたが、質問にお答えします。
      1 時間指定可能です。乗り遅れた場合は、空席さえあれば、次便以降のバスに乗れるようです(当日限定)
      2 パタヤからスワンナプーム行きのバスは、すぐにトールウェイに乗ってしまうため、道路工事や事故が無い限り、ほとんど渋滞しません。安全運転でも2時間以内到着します。エカマイ方面は渋滞すると3時間以上かかりますよね。

  5. ノークチャイ より:

    バンコクからスワナプームまでのタクシーのお兄さんとの会話。
    「バンコクやパタヤの女は良くない。浮気者だ。」
    「恋人がいても金持ちと知り合うとすぐついてく!」
    「田舎の女は浮気しない。」
    だそうです。笑
    ほんまかいなって感じですが。笑

    • 千夜一夜 より:

      バンコクやパタヤの女も、もともとは田舎の女なんですけどね(笑

  6. プロパン より:

    日本人なんかよりも欧米人や中国人のほうが羽振りがいいのは同意見ですが
    タイ人が未だになぜ日本人は金を持っているイメージを持っているのかわかりません
    やはりバブル時代の影響が強いのでしょうかね

    金もちアジア人も多くなっているので
    ますます日本人は珍獣扱いになるのでしょうか

    • 千夜一夜 より:

      全体的平均的に見れば、日本人もまだまだ金持ちですよね。ただ、一部羽振りのいいアジア系新興国のほうが目立っています。
      まあ、イメージ的にはやはりバブリーな頃のカネバラマキ日本人のイメージも残っているかと思いますが。今でも派手に遊ばれる日本人もたくさんおられますしね。
      ファランは、ピンキリですね。ひたすらカネを使う人もいれば、ろくに使わない人もいます。日本人もファランのような立ち位置になりつつあるような気がします。金の使いかたや遊び方が多様化してきているんじゃないかと。

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑