*

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30

ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。
カラオケ嬢とのその後の展開について。

まず、数日後に電話がかかってきた。
いわゆる鬼電で、ひっきりなしに着信音が鳴り続ける。
それでも、わたしは電話を取らなかった。
正直なところ、面倒くさいと思ってしまった。

翌日以降は、電話もLINEも音沙汰なし。

さらに1週間後。
わたしがバービアで飲んでいると、目の前をバイタクに乗って通り過ぎて行くカラオケ嬢を見かけた。
彼女がわたしに気づいていたのかどうかはわからない。
眠たそうに大あくびしていた。
あいかわらずのキーキアットな表情。

彼女はパタヤに戻ってきていた!

まあ、そりゃあそうだ。
イサーンの田舎にいても収入源はない。
早かれ遅かれパタヤへ戻ってくるのはわかりきっていた。
アパートの部屋もそのままにしてある。イサーンへ帰郷する前にわたしが部屋代を払ってあげていた。

それからさらに1週間以上経過したが、お互いに連絡はまったく取っていない。

このままでは、自然消滅していくのは必至。

お互いの居場所はわかっているし、SNSではいまだにつながっている。
会おうと思えば、いつでも会える。

一人暮らしになってからは、わたしもそれなりに節約に励んできたし、予算的にはきつくなくなった。
こちらから連絡すれば、すぐにでも再会できそうだ。

が、一度冷めてしまった情熱を再燃させるのは、なかなか厳しい。

それに、現在は複数のコヨーテ嬢との関係を維持しており、このバタフライ生活も捨てがたい。

とはいえ、カラオケ嬢への未練がまったくなくなったわけでもない。
あのだらだらした同棲生活をまた送りたいとも思う。

タイの夜遊びでは、この課題にいつもぶち当たる。

特定の女性とべったり過ごすのか

それとも

とっかけひっかけのバタフライ生活を満喫するのか

もはや永遠の課題である。

一方に傾きすぎるともう片方が恋しくなり、まるで振り子のように行ったり来たりしてしまう。

半同棲生活をしつつも、たまに浮気するくらいがベストなんだろうけどねえ。

女は怖いというが、男もまたどうしようもない生物である。

そもそもパタヤで夜遊びをしているくせに真実の愛とか情愛とかを求めるのが間違っているのか。
まあ、そういう運命の出会いがどこかに転がっているかもしれないと、ほんの1ミクロンほどの期待を抱きつつ、もうしばらくは夜の街を徘徊しようかと思う。

決してカラオケ嬢のことは忘れてませんよ~

ちなみに彼女がわたしの部屋に置きっぱなしの巨大ぬいぐるみは、クローゼットに隠してあります。
他のレディに見られるわけにはいかないけど、捨てるつもりもないんで。
男って、未練がましいもんですよ。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ビエンチャンノンカーイイミグレーション (1)

ビエンチャンからウドンターニーへ。旅は道連れ、ファラン2人とタイ入国。

沈没日記18 ビエンチャン滞在3日目となった。 個人的には長逗留したい街ではないので、ビザを

記事を読む

ドリンキングストリート

肉と酒とノースパタヤ夜遊びめぐり

沈没日記47 日本から新たに遊びに来た友人。 暗くなってから合流して、まずは食事とビールでも

記事を読む

ココナッツジュース

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

沈没日記13 朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。 酒の飲み過ぎか、単なる

記事を読む

エアアジア機体

パタヤから日本へ。沈没日記最終回と軽いあとがき。

沈没日記57 本日、パタヤラストデイ。 パタヤをあとにして、日本へ帰るだけ。 午前

記事を読む

スクリーンショット_031416_115636_PM

23歳バービア嬢を部屋に連れ込むも、ガップバーンでさようなら

沈没日記49 最近仲良くなってきたバービア嬢がいる。 23歳でちょいぽちゃだが、愛嬌もあって

記事を読む

ルークチン

23歳北部出身新人バービア嬢と過去最悪のバミーナム

沈没日記34 友人たちとのバービアめぐりの日々は続く 昨日からパタヤへやって来たバービア好きの友

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (2)

コヨーテさんと久々にブンブン

沈没日記23 ビエンチャンへビザ取り旅行する前に、某ゴーゴーバーでばったり再会を果たしたコヨー

記事を読む

500バーツガラケー

500バーツガラケーを持つ19歳新人バービア嬢とのやり取り。軽いバービアタイ語入門付き。

沈没日記28 ぶらぶらと深夜のブッカオを歩いていると、見慣れぬバービア嬢がいた。 そ

記事を読む

デパート嬢のLINE

バンコクの学生デパート嬢から誘いが来て、交通費500バーツ送金するの巻

沈没日記36 現在22歳の元バービア嬢がいる。 出会ったのは、かれこれ4,5年前のパタヤ

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    ほんと難しそうですねぇ@@友人が言ってました^^やるだけで感情がないとすぐに暇になって飽きがきて帰りたくなるとwかと言ってマジになるのも怖すぎるともwまぁ夜の蝶はほどほどにして他に楽しみを持っておかないと長期滞在は不可って事ですね^^やはり私はローカル屋台飯!!千夜さんのおかげで行くところが増えて次回の訪タイで何軒まわれるかと楽しみで仕方ないですwもちろん蝶も探し回りますがwカラオケ嬢との今後も楽しみにしておりますww

    • 千夜一夜 より:

      いやあ、ほんとバランス取りが難しいです。
      ローカル飯屋は、サードロードが多くなってしまいますが、美味しい店がたくさんあります。順次、公開していきますね。

  2. TONY より:

    千夜さんもとうとう、誰もが通る道に入りましたか?タイ女特に水商売に引っかかったら、身も金も破綻。これマジワタシの体験。徐々に蟻地獄へ、俗に言う情が移る、、、誰もがかかる病気。タイ女は素人も玄人も同じですよ!

    • 千夜一夜 より:

      まさに蟻地獄ですね。深みにはまる前に、脱出しないと。
      まあ、今のところ、気楽なバタフライ生活に戻りましたんで、破綻は避けられました。

  3. ヨッシー より:

    確かに永遠の課題ですねえ・・。

    私は今年はバタフライをメインに活動したいと思っております(笑)
    オキニとのまったりも良いのですが、お互いに慣れてくるとドキドキ感(トゥーンテン)も無くなり衝突も増えてきますので、今年は出会った時の新鮮さを求めてパタヤを彷徨う年にしようと決めました。
    mai khuy pai sakthii のお店もどんどんと覘いてみようと思います!

    • 千夜一夜 より:

      新しい出会いのドキドキは、やはりたまらないものがあります。特にベッドイン時には。
      ゴーゴーバー、バービア以外の新規開拓をすすめています。順次、紹介していきますね。

  4. ちゃいまい より:

    やっぱりカラオケ嬢との関係は気になりますね♪朝起きていきなりの腹へったは又聞きたいフレーズの一つです、朝というか昼過ぎでも良いですが… 今後も大きな楽しみのひとつですね!!

    • 千夜一夜 より:

      あの目覚めの「ヒューカーオ!」は、懐かしいフレーズです。すぐにママーの湯を注いだのも懐かしい記憶です。
      ある意味、楽しい同棲生活でした。復活する予兆は全然ないですが。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑