*

ASEAN自由化で、ベトナム人バービア嬢やゴーゴーダンサーが誕生するのか?

公開日: : エッセイ

ベトナム人バービア嬢がやって来る?

去年の暮れ頃のこと。
知り合いのバービアママさんと話をしていると、アセアンの話題となった。
2016年から、アセアンオープンとなって、人の移動が自由化して、どうたらこうたらと。

確かに、そんなニュースを日本でも見かけていたなあ。

で、商売熱心なママさんは、ベトナムから女性を呼ぼうと画策しているという。
すでに手配済みで、実際にオープンとなる年明けには、パタヤへ呼びたいそうだ。

ベトナム 女性

ベトナム女性は、色白でスレンダーだし、日本人や韓国人の好みでしょというわけだ。
おお、確かに、ベトナム女性は、肌も綺麗だし、顔も整っている印象。
日本人には受けそうだ。よくわかっているママさんだなあ。

でも、ベトナム人はタイ語ができないから英語だけ。
しかも、パタヤへ呼ぶ費用がかかるから、通常300バーツのバーファインを、ベトナム人に限っては値上げするという。タイ人バービア嬢のBFは据え置き。

英語はまったく問題ないけど、バーファインの値上げはちょっとなあ。
まあ、でもしょうがないかあ。
ベトナム人バービア嬢には、興味があるぞ。

で、実際、年明けにバービアに顔を出してみると、まだベトナム女性は到着していなかった。
いろいろと問題があって、なかなか難しいようだ。
アセアン自由化といっても、関税が撤廃されるなどモノの往来は激しくなるが、人やサービスの交流はまだまだ時間がかかるみたい。

特に周辺国からタイへの外国人流入は、軍事政権になってから厳しくなってきているし。
ウドンターニーのラオス人置屋が壊滅させられたのは記憶にあたらしいところだ。

タイの夜の世界での外国人

ご承知の方も多いだろうけど、バンコクのMPには、外国人が少なくない。特にミャンマーから出稼ぎに来ているようだ。まあ、これまたご承知だろうが、ナタリーあたりの若い嬢は、ミャンマー出身となる。

MPナタリー (2)

また、あまり多くはないかもしれないが、ナナプラザやソイカウボーイのゴーゴーバーでも働いているかも。
ラオス人も混じっていそうだ。
パッポンのゴーゴーバーで、カンボジア人ダンサーを見かけたこともある。

パタヤではどうか?
バービア、ゴーゴーバー問わず、ラオス出身者はちょこちょこ見かける。
外見上も話しているタイ語も、タイ人との見分けはまったくと言っていいほど、わからない。
イサーン地方とラオスは文化的なつながりが深くて、民族文化的にはほとんど一緒らしいんで。
本当はラオス出身でも、イサーン出身と答える人もいるかな。実際に国籍がラオスでも、ずっとイサーンに住んでいる人もいるんで、間違いではない。
ただ、ホテルに連れて帰って、IDチェックをするときに、タイのIDカード(バートプラチャーンチョーン)ではなくて、ラオスのパスポートを提出するので、そこでわかってしまうが。

ラオス人以外には、カンボジア人のバービア嬢には会ったことがある。
パタヤのゴーゴーバーでは、いまだにカンボジア出身ダンサーを見かけたことがない。まあ、わたしはそれほどゴーゴーバーを訪れないんで、知らないだけかも。
カンボジアと国境を接しているブリラムやスリン出身者は、カンボジア語(クメール語、カメーン)も話せる人が多い。
それと同じで、カンボジア人でも、タイ国境付近出身者はタイ語が話せるのだろう。
外見上もわからないし、それこそ実際にペイバーしてホテルでIDチェックしてみないことには、はっきりしない。

 

アセアン自由化で、ミャンマー人、カンボジア人に続き、ベトナム人も加わってくると、タイの夜遊びも選択肢の幅が広がってくるかもね。
ベトナムとタイは、陸路での国境を接していない。
それでも、より稼げるとわかれば、ベトナム女性がタイへやって来るだろう。
しかも色白、スレンダー、美人系の多いベトナム女性だ。日本人をはじめアジア系旅行者からは人気となりそうだ。
もちろん、本国ベトナムで遊ぶよりかは高くなってしまうだろうけど、ゴーゴーバーで踊るベトナム人ダンサーは、ちょっと見てみたいなあ。
アオザイ姿のバービア嬢でもいいや。

軍事政権の取り締まりがきつい現在は少々厳しいとは思うけど、たぶんそのうち登場してくるでしょう。
ASEAN自由化は、タイ夜遊び界にとって吉と出るか凶と出るか、それとも何の影響もないのか、しばらくは様子見ですね。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

childdriver

パイナイ?と聞かれたら、こう答えろ。とにかく便利なタイ語、ミートゥラ。

パイナイとパイナイマー タイにある程度滞在していると、顔見知りが増えてくる。 毎日のよう

記事を読む

southside-kimuchi サウスサイドキムチ

キムチとキモチイイ。Southsideのヒップホップナンバー「KIMUCHI」でコーシアンノイ。

サウスサイドのキムチ とあるバービアでの話。 バービア嬢から、「キモチイイ」と「イク」と「イタイ

記事を読む

ソイブッカオ標識

ソイブッカオ、ブアカーオ、ボッカオ、ブーカオ、ブァッカーオ?どれが正しいの?

タイやタイ語に関する日本語の文章を書いていると、どうしても悩ましいのが、カタカナ表記だ。 どこ

記事を読む

パタヤ新年LKメトロ花火

パタヤの大みそかは、打ち上げ花火と爆竹で大騒ぎ

年末年始の休暇を利用して、現在、パタヤへ遊びに行っている人も多いでしょう。 わたしは日本で大人しく

記事を読む

禁酒日夜のLKメトロ (1)

タイ国民投票による禁酒日夜のパタヤ。LKメトロ最新の様子。

旅行記の更新が著しく滞っていますが、実は、こっそりとパタヤ入りしています。 ハードな旅が続いて

記事を読む

東南アジア周遊ルート地図

夜遊び的東南アジア大周遊旅行を考える

ほぼ、前回の続きのような内容。 下川裕治の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」に触発されたわた

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

ドリンキングストリートバービア群

日本人彼氏がいるバービア嬢へのインタビュー。彼女の秘密を知るべきか知らざるべきか。

ふらりと入ったパタヤのバービアでの話である。 酒とビリヤードと70年代ロックに酔いしれるファランた

記事を読む

ウォーキングストリート2015

タダってありなのか?パタヤでなるべく安く夜遊びする方法のつづき。

前回の続き。 パタヤでの夜遊び代を減らす方法。 1 ひたすら交渉して、支払額をまけてもら

記事を読む

ウォーキングストリート夜景2015年2月

パタヤでなるべく安く夜遊びする方法は?値引き交渉とバーファイン代ゼロを目指す

円安とチップの高騰により、遊びづらくなってきた感のあるパタヤ。 それでもやっぱりパタヤが好

記事を読む

アドステア

Comment

  1. パッタイ より:

    ASEAN理解できてますか?w労働移民の制度は変わらないので、来るならもう来てますよw

    それに、来るとしても稼げるゴーゴーバーでしょう。

    • 千夜一夜 より:

      別にアセアンには詳しくないですが、「ASEAN自由化でも人やサービスの交流にはまだまだ時間がかかる」と、書いておきましたが。
      他の読者の方のコメントでは、もうすでにベトナム人コヨーテが働いているようですね。
      バービア経営者タイ人には、がんばってバービアに呼び込んでほしいですね。

  2. sinji より:

    wsのsoiダイアモンドのgogoに去年あたりから一人ベトナムのコヨーテいますよ。自分でベトナム人だと。パスポートも見ました。性格サービス良い娘です。リピートしてます。

    • 千夜一夜 より:

      おお、もうベトナム人コヨーテが働いてますか。知りませんでした。
      そのうち、増えてくるかもしれませんね。

  3. yuu より:

    ナタリーでメーサイ出身という子はかなりの確率でミャンマー出身とか聞いたことあります。ナナプラのR4にいたダンサーではラオス出身の子を数人知っています。パタヤのGOGOでは現役のかわいいカンボジア3姉妹が結構有名です。ベトナム人のGOGO嬢はまだ聞いたことありませんが見てみたいです。

    • 千夜一夜 より:

      実際にいちいち国籍を確かめたわけではないですが、ナタリーにはミャンマー出身者が多そうです。
      パタヤのカンボジア3姉妹は知りませんでした。ソイ8のバービアにはかわいいカンボジア人がいますねえ。
      ソイダイヤモンドにベトナム人コヨーテがいるみたいです。わたしも見てみたいです。

  4. Johnny より:

    マレーシア、クアラルンプールのビーチクラブという援交バーでは、ほぼ100%がベトナム人でした。
    観光ビザの期限いっぱい働いて、祖国に帰るというのを繰り返しているとのこと。まあ、LCCのおかげでかもしれませんが、ビジネス?の広がりを感じました。

    ちなみに女性はというと、すらっとしているわりには天然の巨乳という子が多く、日本人好みの子が多かったですねー

    • 千夜一夜 より:

      そういえば、マカオのサウナにもベトナム人はいますよね。あと、シンガポールのゲイラン地区にも多いみたいです。
      カンボジアの置屋は昔からベトナム人が多いですし、ラオスのマッサージ屋にもベトナム人がいます。
      ジャカルタのSPAにもいるとかいないとか。
      とすると、タイだけ妙に少ない気がします。これから増えるんですかね。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑