*

ASEAN自由化で、ベトナム人バービア嬢やゴーゴーダンサーが誕生するのか?

公開日: : エッセイ

ベトナム人バービア嬢がやって来る?

去年の暮れ頃のこと。
知り合いのバービアママさんと話をしていると、アセアンの話題となった。
2016年から、アセアンオープンとなって、人の移動が自由化して、どうたらこうたらと。

確かに、そんなニュースを日本でも見かけていたなあ。

で、商売熱心なママさんは、ベトナムから女性を呼ぼうと画策しているという。
すでに手配済みで、実際にオープンとなる年明けには、パタヤへ呼びたいそうだ。

ベトナム 女性

ベトナム女性は、色白でスレンダーだし、日本人や韓国人の好みでしょというわけだ。
おお、確かに、ベトナム女性は、肌も綺麗だし、顔も整っている印象。
日本人には受けそうだ。よくわかっているママさんだなあ。

でも、ベトナム人はタイ語ができないから英語だけ。
しかも、パタヤへ呼ぶ費用がかかるから、通常300バーツのバーファインを、ベトナム人に限っては値上げするという。タイ人バービア嬢のBFは据え置き。

英語はまったく問題ないけど、バーファインの値上げはちょっとなあ。
まあ、でもしょうがないかあ。
ベトナム人バービア嬢には、興味があるぞ。

で、実際、年明けにバービアに顔を出してみると、まだベトナム女性は到着していなかった。
いろいろと問題があって、なかなか難しいようだ。
アセアン自由化といっても、関税が撤廃されるなどモノの往来は激しくなるが、人やサービスの交流はまだまだ時間がかかるみたい。

特に周辺国からタイへの外国人流入は、軍事政権になってから厳しくなってきているし。
ウドンターニーのラオス人置屋が壊滅させられたのは記憶にあたらしいところだ。

タイの夜の世界での外国人

ご承知の方も多いだろうけど、バンコクのMPには、外国人が少なくない。特にミャンマーから出稼ぎに来ているようだ。まあ、これまたご承知だろうが、ナタリーあたりの若い嬢は、ミャンマー出身となる。

MPナタリー (2)

また、あまり多くはないかもしれないが、ナナプラザやソイカウボーイのゴーゴーバーでも働いているかも。
ラオス人も混じっていそうだ。
パッポンのゴーゴーバーで、カンボジア人ダンサーを見かけたこともある。

パタヤではどうか?
バービア、ゴーゴーバー問わず、ラオス出身者はちょこちょこ見かける。
外見上も話しているタイ語も、タイ人との見分けはまったくと言っていいほど、わからない。
イサーン地方とラオスは文化的なつながりが深くて、民族文化的にはほとんど一緒らしいんで。
本当はラオス出身でも、イサーン出身と答える人もいるかな。実際に国籍がラオスでも、ずっとイサーンに住んでいる人もいるんで、間違いではない。
ただ、ホテルに連れて帰って、IDチェックをするときに、タイのIDカード(バートプラチャーンチョーン)ではなくて、ラオスのパスポートを提出するので、そこでわかってしまうが。

ラオス人以外には、カンボジア人のバービア嬢には会ったことがある。
パタヤのゴーゴーバーでは、いまだにカンボジア出身ダンサーを見かけたことがない。まあ、わたしはそれほどゴーゴーバーを訪れないんで、知らないだけかも。
カンボジアと国境を接しているブリラムやスリン出身者は、カンボジア語(クメール語、カメーン)も話せる人が多い。
それと同じで、カンボジア人でも、タイ国境付近出身者はタイ語が話せるのだろう。
外見上もわからないし、それこそ実際にペイバーしてホテルでIDチェックしてみないことには、はっきりしない。

 

アセアン自由化で、ミャンマー人、カンボジア人に続き、ベトナム人も加わってくると、タイの夜遊びも選択肢の幅が広がってくるかもね。
ベトナムとタイは、陸路での国境を接していない。
それでも、より稼げるとわかれば、ベトナム女性がタイへやって来るだろう。
しかも色白、スレンダー、美人系の多いベトナム女性だ。日本人をはじめアジア系旅行者からは人気となりそうだ。
もちろん、本国ベトナムで遊ぶよりかは高くなってしまうだろうけど、ゴーゴーバーで踊るベトナム人ダンサーは、ちょっと見てみたいなあ。
アオザイ姿のバービア嬢でもいいや。

軍事政権の取り締まりがきつい現在は少々厳しいとは思うけど、たぶんそのうち登場してくるでしょう。
ASEAN自由化は、タイ夜遊び界にとって吉と出るか凶と出るか、それとも何の影響もないのか、しばらくは様子見ですね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ケッティシリーハウスセーフティボックス (3)

【盗難・睡眠薬強盗】タイの夜遊びでホテルの部屋に連れて帰る時の注意事項

タイの夜遊びでは、自分のホテルに連れて帰って、一晩楽しむことができる。 これはタイ夜遊びの醍醐味の

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

addiction

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

タイ観光局統計

タイ・パタヤの観光客数。その人数と消費金額など。パタヤだけで数千億円?

先日、2014年度のタイへの旅行者数の統計が発表された。 このニュース記事で知った。 P

記事を読む

びっくり

パタヤはやっぱり狭い街。浮気現場の目撃に注意せよ。

先のパタヤ滞在中は、ずっと特定の女性と一緒だった。 昼間は二人で食事に出かけたり、センター

記事を読む

ラン島 (10)

ラン島などパタヤで昼間の観光に付き合ってもらった場合のチップは?

バービア嬢、ゴーゴー嬢、その他、いわゆる夜の女性たち。 彼女たちと仲良くなり、昼間の観

記事を読む

LKメトロ

毎月30万バーツ送金、残高ゼロ。はたして日本人とファランはどちらがカモなのか。

前回の沈没日記に登場したソイLKメトロのコヨーテ嬢。 仕事終わりに部屋へ連れて帰って、ショート10

記事を読む

bangkok

バンコク夜遊び最新情報2015年2月。パタヤとバンコクをちょっとだけ比較してみる。

パタヤからバンコクへ向かった友人のバンコク夜遊び情報をいくつか紹介。 この友人は、最初

記事を読む

カシコーン銀行パタヤブッカオ支店

コヨーテ嬢からの送金依頼来たる。送金してしまう男の気持ちとは?

送金依頼 パタヤ滞在中にずっと付き合っていたコヨーテ嬢。 日本に帰ってからも、そのコヨー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. パッタイ より:

    ASEAN理解できてますか?w労働移民の制度は変わらないので、来るならもう来てますよw

    それに、来るとしても稼げるゴーゴーバーでしょう。

    • 千夜一夜 より:

      別にアセアンには詳しくないですが、「ASEAN自由化でも人やサービスの交流にはまだまだ時間がかかる」と、書いておきましたが。
      他の読者の方のコメントでは、もうすでにベトナム人コヨーテが働いているようですね。
      バービア経営者タイ人には、がんばってバービアに呼び込んでほしいですね。

  2. sinji より:

    wsのsoiダイアモンドのgogoに去年あたりから一人ベトナムのコヨーテいますよ。自分でベトナム人だと。パスポートも見ました。性格サービス良い娘です。リピートしてます。

    • 千夜一夜 より:

      おお、もうベトナム人コヨーテが働いてますか。知りませんでした。
      そのうち、増えてくるかもしれませんね。

  3. yuu より:

    ナタリーでメーサイ出身という子はかなりの確率でミャンマー出身とか聞いたことあります。ナナプラのR4にいたダンサーではラオス出身の子を数人知っています。パタヤのGOGOでは現役のかわいいカンボジア3姉妹が結構有名です。ベトナム人のGOGO嬢はまだ聞いたことありませんが見てみたいです。

    • 千夜一夜 より:

      実際にいちいち国籍を確かめたわけではないですが、ナタリーにはミャンマー出身者が多そうです。
      パタヤのカンボジア3姉妹は知りませんでした。ソイ8のバービアにはかわいいカンボジア人がいますねえ。
      ソイダイヤモンドにベトナム人コヨーテがいるみたいです。わたしも見てみたいです。

  4. Johnny より:

    マレーシア、クアラルンプールのビーチクラブという援交バーでは、ほぼ100%がベトナム人でした。
    観光ビザの期限いっぱい働いて、祖国に帰るというのを繰り返しているとのこと。まあ、LCCのおかげでかもしれませんが、ビジネス?の広がりを感じました。

    ちなみに女性はというと、すらっとしているわりには天然の巨乳という子が多く、日本人好みの子が多かったですねー

    • 千夜一夜 より:

      そういえば、マカオのサウナにもベトナム人はいますよね。あと、シンガポールのゲイラン地区にも多いみたいです。
      カンボジアの置屋は昔からベトナム人が多いですし、ラオスのマッサージ屋にもベトナム人がいます。
      ジャカルタのSPAにもいるとかいないとか。
      とすると、タイだけ妙に少ない気がします。これから増えるんですかね。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑