*

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。MP編

公開日: : 最終更新日:2014/11/16 2007年初タイ夜遊び旅行 , , ,

thailand-flag

 

1999年のカンボジア旅行のあとも、タイ、ラオス、インド、シンガポールなどへ旅行していた。

が、風俗や夜遊びはまったく無し。
これまた、いたって健全なバックパッカーだった。ま、インドやラオスあたりでは紫の煙に吹かれるヒッピーくずれだったけど。
21世紀に入ってからは、しばらく海外に行かなかった。

ふたたび、外へ目を向けたのは 2007年のことだ。
30代になり、日本の風俗でちょこちょこ遊ぶようになっていた。
で、国内で一緒に遊んでいた友人が、海外に行ってみたいと言い出したのだ。
友人は家族でハワイに行ったことがあるだけの、ほぼ海外旅行初心者。
バックパッカーのまねごともしたいし、夜の遊びもしてみたいという。

じゃあ、タイに決まりでしょう

と、7年ぶりの海外旅行を決断。

わたしも久々の海外にワクワクした。
それまでタイにはバックパッカーとして何度となく訪れていたが、夜遊び経験はゼロ。
バンコクで宿泊するのは、カオサン通りばかり。
シーロムやスクンビットエリアには足を踏み入れたことすらなかった。

今回のタイ旅行はバックパッカーと夜遊びの両方。
持参したのは、「地球の歩き方」と「Gダイアリー」。
まさに王道スタイルである。

意気揚々と久方ぶりのバンコクへ降り立つ。
いつの間にか、ドンムアンからスワンナプームへと国際空港が移転していた。
が、空港を出た瞬間の、体中にまとわりつくような熱気は少しも変わらない。
これだよ、これ。
独特の匂いが鼻孔をくすぐる。
これこそ東南アジアだ。タイだ。バンコクだ。
テンションが上がる。

【カオサン通り】

エアポートバスでカオサン通りへ。
昔は70バーツだったのが、いまや150バーツ。
しばらく来ないうちにタイの物価も上昇したようだ。

 

カオサン通りtuktuk

 

舞い戻ってきたバックパッカーの聖地カオサン。
昔よく利用していた安ゲストハウスへ投宿。ダブルの部屋が200バーツ。こちらも、ちょっと値上がりしていた。

カオサンのレストランでカオパットを食べてから、いざ夜遊びへ。
Gダイアリーやネットで少しだけ予習していたものの、バンコクでの夜遊びと言えば、パッポンとしか思いつかなかった。
地球の歩き方にも載ってるほどのメジャースポットだからだ。

というわけで、まずはパッポンへ向かう。
カオサンからは、タクシーとMTRを乗り継ぐ必要がある。
カオサンは不便な場所にあるのだ。でも、わたしがバックパッカーをやっていた頃のバンコクには、地下鉄もBTSもなくて、もっと不便だったけど。

 

【パッポン】

ようやくシーロムへ。
歩いて、パッポン到着。
道の真ん中に露天がひしめき、両サイドにはゴーゴーバーやバーがびっしりと連なっている。

おお、これが噂に聞こえたパッポンか。
素直に興奮した。

ゴーゴーバーへ入りたかったが、初心者の二人にはその勇気がなく、ただぶらぶらするばかり。
夜も更けてきた。
長旅の疲れもある。
ええい、とりあえず入りやすいMPに行くぞ。
と、名前は忘れたが、パッポンにあるお風呂屋さんへ。プラザかJCのどちらかだったはず。

金魚鉢にはドレス姿のあでやかな女性たちが並ぶ。
圧倒的な光景(あとから考えれば大したことはない)。
日本語と英語をあやつるコンシア(当時はこんな言葉も知らなかったけど)に、べらべらとセールストークを受ける。
雰囲気に呑まれているものだから、3000バーツというプチぼったくりプライスに値切りもせずに応じてしまった。

選んだのは、ちょっとエキゾチックな雰囲気のお姉さん。26歳くらいか。
プレイルームはとても広くて清潔だった。
とにかく雰囲気に呑まれまくりのおのぼりさん状態である。言われるがままのカモネギ状態。
あっさりとゴム付きスモークで1発抜かれてしまった。
お姉さんからは、2回戦やるにはプラス500バーツね、とこれまたカモられる。
帰り際にもチップ200バーツを要求されて、計3700バーツ

今振り返ると、なぜパッポンのMPなんかに行くんだと、過去の自分を小一時間ほど滔滔と説教したいところだが、初心者なんてそんなものである。何事も勉強だ。

 

とりあえずやることはやった。
ひとまず、バンコク夜遊び初体験は成就できた。
友人も満足したようで、ほんのりと上気した顔でロビーに降りてきた。

 

MTRとタクシーを乗り継ぎ、カオサンに戻る。
シンハービールで乾杯。
こうして、はじめてのタイ夜遊び旅行の初日は終了。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。


関連記事

パタヤビーチ1

はじめてのパタヤ夜遊びは、ロング500バーツと破格値だった

バンコクからパタヤへ ナナプラザへたどり着けずに終わった翌日、パタヤへ向かった。 東京音頭の宿泊

記事を読む

pattaya-walkingstreet

パタヤ2日目は賢者モード。ひたすら友人を待つ

【パタヤで友を待つ】 さて、初めてのタイ夜遊び旅行。パタヤ2日目である。 一晩で3発もやった

記事を読む

bangkok

はじめてのスクンビットは都会のジャングルだった。ナナプラザへの遠い道のり

【スクンビットへ】 無事(?)にパッポンでゴーゴーバーの筆おろしを終えた翌日。 友人は所

記事を読む

MP嬢

はじめてのナタリーはとんでもないラインナップだった/初タイ夜遊び旅行まとめ

ふたたびバンコクへ 初タイ夜遊び旅行も本日が最終夜。 狂った町パタヤをあとにして、バンコクに戻る

記事を読む

スコータイ

はじめてのタイ夜遊びはパッポンだった。ゴーゴーバー編

翌日にはバンコクを離れ、スコータイ、アユタヤなどを普通に観光してまわった。 アユタヤやスコータイで

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑