*

ビエンチャン・タラートサオバスターミナルの場所が少し移転。タイ行き国際バス乗り場と売り場も変更に。2016年1月情報。

公開日: : 空港やバス関連


ビエンチャンタラートサオバスターミナル (1)

2016年1月、ビエンチャンを訪れてみると、タラートサオ・バスターミナルが移転していた。
といっても、すぐ近くに分散して仮移転している様子で、それほど移動しているわけではない。

タイ(ウドンターニーやノンカーイ)とビエンチャンを結ぶ国際バスの乗車場所は、ほとんど動いていないような印象。

上掲写真は、国際バスチケット売り場前にある看板。
ラオス語は読めませんが、英語表記では、「VIENTIANE CAPITAL BUS STATION」となっている。
現地のトゥクトゥクドライバーには、タラートサオバスステーションで通じます。

SPONSOR LINK

タラートサオバスターミナル

2016年1月現在のタラートサオ・バスターミナルの様子
ビエンチャンタラートサオバスターミナル (4)
ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス乗り場 (1)
ビエンチャンタラートサオバスターミナル (5)
ビエンチャンタラートサオバスターミナル

以前のタラートサオ・バスターミナル(2012年と2014年頃に撮影)
ラオス国際バスビエンチャン・タラートサオ・バスターミナル
ビエンチャン・タラーサオ

現在のものはかなり小規模となっている。
バスがぎちぎちに詰まっている。

はっきりしないが、国内路線の多くが、他の場所へ移転しているものと思われる。

とりあえず、国際バス乗り場の地図がこちら

以前よりもほんの少しだけ南側に移転。道路に面しているので、同じように思えるが、実は方角が変わっている。
以前は南北にのびる道路沿い、現在は東西にのびる道路沿いにある。

国際バスチケット売り場

国際バスの切符売場は、乗り場からわずかに離れた場所にある。
ちょうど交差点の角。

ビエンチャンタラートサオバスターミナル (2)

バス乗り場付近に案内板が出ているので、すぐにわかるはず。
ビエンチャンタラートサオバスターミナル (6)

仮設のバス事務所兼販売所って感じですかね。

ビエンチャンタラートサオバスターミナル (3)

タイ国際バスの時刻表と料金表

ビエンチャンから、タイ各地(コンケーン、ウドンタニー、ノンカーイ)行き国際バスはこれまで通りに運行されている。
最新の時刻表と運賃は以下のとおり。

ビエンチャン発ウドンターニー行き
ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス時刻表 (1)

1日8便。
料金は22000kip。
タイバーツ払いにすると100バーツ。以前は90バーツだったはずだが、為替の影響か値上がりしている。
また、土日祝日に料金アップするのは同じ。2000kip上乗せで、24000kipとなる。2000アップはノンカーイ、コンケーン行きも同様。
ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス時刻表 (2)

ビエンチャン発ノンカーイ行き

ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス時刻表 (4)

1日6便。
料金は、15000kip。タイバーツ払いは未確認だが、60バーツか70バーツくらいだろうか。

ビエンチャン発コンケーン行き
ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス時刻表 (3)

1日2便のみ。
料金は5万kip。タイバーツ払いは不明。250バーツくらいか。

国際バスの乗り場

ビエンチャンタラートサオバスターミナル国際バス乗り場 (2)

チケット売り場から、ターミナルへは歩いてすぐ。
この乗り場は、主に国際バスが利用しているようだ。あと、日本の資金援助で運行されている緑バスも見かける。

国際バスだけを利用するなら、ターミナル移転はほとんど影響ないと思われる。
わたしは、ウドンターニーから国際バスに乗車してビエンチャンにやって来たが、停車後すぐに客引きのトゥクトゥクに乗ったため、移転していたことにすら気づかなかった。
また、タイのビザ取得のため訪れたタイ領事部から、乗り合いトゥクトゥクで国際バス乗り場までやって来たので、これまた影響はまったくなし。トゥクトゥクの降車場所は、国際バスチケット窓口の道路向かいだった。

ビエンチャンを徒歩や自力で移動する場合は、ちょっとだけ注意すれば、それほど困ることはないはず。すぐに見つけられる。
タラートサオは、相変わらず昔のままだし、ターミナル周辺には屋台がたくさん出ているんで。

ビエンチャンタラートサオバスターミナル付近

それにしても、ビエンチャン市内に車が増えたなあ。
旧バスターミナル前の道路では、整備工事の真っ最中。
バスターミナルも古かったし、根本的な都市開発が必要な時期にきているのだろう、ビエンチャンは。

わたしが初めてビエンチャンを訪れた16年前(2000年)は、そりゃあもう、とてつもない田舎だった。川沿いのゲストハウス付近の道は砂利と土で、夜8時には真っ暗になっていたというのに。

ああ、あのど田舎ビエンチャンはいずこへ。
ちょっと寂しいような気がするのは、先進国と呼ばれる国からやって来た旅行者の自分勝手で傲慢な思い上がりだろうかね。

SPONSOR LINK

関連記事

サプライススクリーンショット (5)

LCCもタイ航空も一律5000円引き!Surpriceがクーポン配布中。バンコク片道8970円も可能。

サプライスという格安航空券販売サイトで、開設1周年を記念した5000円クーポンが配布されている。

記事を読む

スクート (2)

片道7870円。関空・バンコク間に新規就航LCCのスクートがプロモーション中。

スクートとNOK SCOOT 日本とタイを結ぶ新規LCC路線がまた一つ増えた。 SCOO

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (1)

パタヤからバンコクへバス移動する方法:2016年6月最新版。パタヤ市内のソンテウ乗り継ぎ方法も。

パタヤからバンコク市内へ移動するには、いくつか方法がある。 タクシー、バス、乗り合いバン(ロッ

記事を読む

モーチットからドンムアン空港行きバス (1)

モーチットバスターミナルからドンムアン空港へ行く方法。料金14バーツ。

バンコクの北バスターミナルであるモーチット。 ここは、タイ北部や東北部方面行きのバスが

記事を読む

ノースパタヤバスターミナル (2)

ノースパタヤバスターミナルからパタヤ中心部(ビーチロードやブッカオ)へ移動する方法、ソンテウやバイクタクシーについて。

バンコクからのパタヤ行きバスは、ノースパタヤにあるバスターミナルに到着する。 また、ス

記事を読む

KIXエアポートラウンジ (12)

関西国際空港「KIXエアポートラウンジ」は意外と使える。しかもJCBゴールドなら2時間無料。

関空の一般エリアにあるKIXエアポートラウンジを利用してみた。 ここは、チェックイン前に時間を

記事を読む

cabin-zero-classic-44l-6

LCC機内持ち込み可能。バックパッカー個人旅行向けのおすすめバックバック、キャビンゼロクラシック44L。

LCCは安い。 安いが、大きな荷物を預けるには別料金が必要となる。 せっかく安い航空券を購入

記事を読む

香港空港エアポートA21バス (1)

香港空港から市内(尖沙咀・チョンキンマンション)への移動方法はバスがおすすめ。往復で買うと割り引き。クレジットカードも使えるよ。

香港国際空港到着後、香港中心部へ移動するには、いくつか手段がある。 ・エアポートエクスプレ

記事を読む

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバス乗り場 (4)

パタヤ発スワンナプーム空港行きエアポートバスは、前売り購入がベター。3日前から買えるよ。

パタヤからスワンナプーム空港へ行くには、大きく二つの方法がある。 1 タクシー 2 バス

記事を読む

スクートうるう年プロモ (5)

スクートが4年に1度のキャンペーン中。本日2月29日限定。

LCCのスクート(SCOOT)が、うるう年の2月29日だけに展開するというキャンペーン。 まあ

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑