*

まったく動かないカラオケ嬢と食っちゃ寝生活

公開日: : 最終更新日:2016/10/15 2015年12月~2016年パタヤ沈没日記 ,

沈没日記13

朝起きると、足がつった。激痛でのたうち回ってしまった。
酒の飲み過ぎか、単なる加齢か。
ビタミン不足だなきっと。

スマフォチェックしてみると、カラオケ嬢からの着信とLINEメッセージが何通も入っていた。
アパートにいるから会いに来いと言っている。
わたしの返事が遅れているものだから、怒りのステッカー付きだ。

いやいや、こっちからの電話には出ないくせに、自分がかけるときは己の都合最優先かよ。
それがタイ人スタイル。いや、タイの夜の女性スタイルか。

カラオケ嬢と再会

ほどほどに放置しておいてから、会いに行く。
本気にしていたら疲れるだけ。

昨日はどこに行っていたのか聞いてみると、友だちのところと答えていた。
ちょっと怪しいなあ。ほんとかなあ。
かくいうわたしも、ウォーキングストリートで遊んでいたわけで、人のことは言えない。
お互い遊べばいいのだ。

カラオケ嬢から、さっそくおねだり。
まずは、携帯のトップアップ代50バーツ。
食事代120バーツ。
フルーツ代30バーツ。
化粧品代40バーツ。
合計240バーツ。
個別では大した額ではないが、ちりも積もればバカにならない額となってくる。

本日の昼食はこんな感じとなった。

パットプリックゲーンムー
パットプリックゲンムー

定番のぶっかけ飯。甘辛いペーストを絡めた豚肉炒め。ご飯がすすむ。

カラオケ嬢は、なぞの料理を注文していた。名前を聞いたが、はっきり聞き取れない。ウォキンとか聞こえたが、さてなんだろう。ナムプリックの一種だろうか。ミンチ肉を使っているのは確か。

謎の激辛料理

とにかく激辛。半端ない辛さだ。
イサーン出身のカラオケ嬢でさえ、あまりの辛さに涙を流していた。
わたしはほんの一かけら食べただけでキブアップ。これは無理。イサーン人でもきついのに、日本人では太刀打ちできるはずもない。なにものだ、この料理?

辛さを中和するために、ココナッツジュースを。

ココナッツジュース

臭みがちょっとあるけれど、あま~い。30バーツ。

ひたすら動かないカラオケ嬢

一度、カラオケ嬢とはお別れ。
夕方になって、わたしの部屋にやって来た。
今日はお泊りコースのようだ。

それにしても、ほとんど仕事に行ってないな、カラオケ嬢は。
年明けから出勤しているところを見たことがない。

でも、彼女の仕事の収入がないと、わたしへの依存が高くなってしまう。

これはお互いのために良くない。特にわたしの財政が厳しくなってくる。
仕事に行けとは言ってあるんだけど、なかなか腰が重たいようだ。
想像以上のキーキアットぶりだった。

今回のような1ヶ月分全額前払いの長期同棲スタイルは、わたしにとっても初の試みなんで、いろいろとうまくいかない。
前回同様に、単純にブンブンすればチップを渡すというシンプルなスタイルのほうがわかりやすいか。
部屋代や借金や実家への仕送りなどを肩代わりして最初にどんっと面倒を見てあげたら、もっとなびいてくるかと思ったんだけどなあ。
まとまったカネが入ると安心してしまい労働意欲が失せてしまうのだろうか。それとも、もっとカネを引き出してやろうと画策しているのか。
難しいもんだなあ。

 

まったく動く気配のないカラオケ嬢。ぬいぐるみを枕にスマフォで遊んでいる。
夜7時くらいに、腹が減ったから食事を買ってきてくれと言われる。
外へ出かけるのは面倒だそうな。

しょうがない。
わたし一人で買い出しに。

イエンターフォーとカオムーデーンを買ってきて、部屋で食べる。

汁物は後片付けが面倒だからやめてくれ~
しかも、片付けるのはわたしだし。
やっぱり屋台で食べるほうがいい。
カラオケ嬢が外出したがらないんで、どうしようもないが。
ああ、もっと動いてくれ、カラオケ嬢。

一人寂しくバービアへ

カラオケ嬢は、食後、寝入ってしまう。
わたしはたまっているPC作業をこなすが、深夜12時を過ぎるとさすがに飽きてくる。
暇だ。

深夜1時頃、我慢できずに、外出。
ブッカオをバイクで北へ南へ。
特にめぼしいバービア嬢も見当たらず、結局、知り合いのバービアへ。
新人はまだ入荷しておらず、他のバービア嬢もすでにペイバーされているか、休日とのこと。
年明け数日後のパタヤは、年末年始のハードワークの疲れで休みを取っているバービア嬢やゴーゴー嬢が多いみたい。
すぐに深夜2時となり、強制的にチェックビンさせられた。
何か調子が出ないなあ。

ソイLKメトロ内を通ってみたが、この時間になると呼び込みのやる気もほとんど残っていない。
声がかからない。
知り合いの呼び込み嬢を見かけたが、ぐったりとうつむいた状態。

もういいか。
帰って寝よう。

部屋に戻ると、カラオケ嬢は絶賛熟睡中。
あっちへごろり、こっちへごろりと、しきりにボジションチェンジしながら、豪快に寝ている。
わたしがベッドにもぐりこむと、う~んとうなりながら、抱きついてきた。
こういうところは可愛いんだよねえ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(9月20日更新3軒追加)


関連記事

no image

カラオケ嬢とのその後。同棲生活かバタフライ生活か?

パタヤ沈没日記30 ウドンターニーでカラオケ嬢に見切りをつけて一人でパタヤへ戻ってからの話。

記事を読む

エアアジア機体

パタヤから日本へ。沈没日記最終回と軽いあとがき。

沈没日記57 本日、パタヤラストデイ。 パタヤをあとにして、日本へ帰るだけ。 午前

記事を読む

夜のLKメトロ2016年1月

年明け1発目のブンブン。最後は一人でバービアめぐりして新人バービア嬢とファラン裸祭りに遭遇。

沈没日記11 ムーピンとカオニャオの朝食 朝は意外と早起き。 まだ午前10時前だった。

記事を読む

ブッカオ常設市場のパッタイ屋のタレートート (1)

フリーになった初日は、気ままな食めぐりとバービアめぐり。食費と飲み代で1日240バーツ。

沈没日記21 というわけで、イサーン・ビエンチャン編はあえなく終了。 ここからは、通常のパタ

記事を読む

チャイ4 (1)

チャイ4のバミーと、友人がペイバーしたバービア嬢はショート1800バーツ先払い

沈没日記37 友人たちのアテンドは毎日続く。 珍しくパタヤの観光にも出かけた。 ビッグ

記事を読む

シーシャと炭火七輪 (1)

寒いパタヤの夜は、シーシャの七輪で暖を取る

沈没日記27 昨晩の話。 タイから寒波が抜け出さないようで、パタヤの夜は寒いまま。 特に深

記事を読む

夜のウォーキングストリート2016

ウォーキングストリートのコヨーテ嬢を部屋に呼び出してロング2000B

沈没日記29 カラオケ嬢とは、しばしの別れ。 そして、コヨーテさんと久々のブンブンをしてから

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

バンコク在住の友人がパタヤへ。エキサイトクラブでプレイ後は、ひたすらバービアめぐり。

沈没日記41 バンコク在住歴10年以上になる友人がパタヤへ遊びに来た。 年齢は同じくらいだが

記事を読む

スワンナプーム空港パタヤ行きバス

バービア好き友人が訪パタヤ。バービアめぐりで夜はふける。

沈没日記33 友人がパタヤ入り 本日から、また別の友人二人が日本からパタヤへ遊びに来る。

記事を読む

バンコク銀行ATM送金

22歳バンコクデパート嬢と、23歳バービア嬢とのやりとり

パタヤ沈没日記44 22歳バンコクデパート嬢 元パタヤのバービアで知り合い、その後、バンコクのデ

記事を読む

medi8サイドバートップ300×250

Comment

  1. kobori より:

    いつも楽しく拝見さしていただいてます。勉強になります。自分も15日からパタヤにいきます。バービアの地図参考になりました。それと頻繁に足が攣るようであれば糖尿病の疑いありです。心配ないと思いますが。もしお時間があるよであれば返事下さい。パタヤでも是非!飯でもおごりますよ。

    • 千夜一夜 より:

      足がつるのは年に1回か2回くらいです。たぶん疲れているんでしょう。

  2. 猫大好きパパ より:

    う~ん。。なんからしからぬ状態になってきてますねぇww後々波乱の予感がしますw好き勝手言ってすいません^^;しかし屋台の持ち帰りのサービスの良さは感激ですね^^日本なら倍ほど料金取られそうな勢いですよねぇw前回訪タイ時にしぬほど不味かったボロネーゼに120B払った自分を叱ってやりたい気分です@@;

    • 千夜一夜 より:

      どうなるんでしょうかねえ。自分でも楽しみです。

  3. Ratchada3 より:

    カラオケ嬢が頼んでいた料理は、恐らくコアキンだと思います。タイ南部の名物料理ですね。
    タイ南部の料理はイサーン料理よりもさらに辛いと言われており、コアキンもスパイシーな炒め物として定番です。
    私は普通に食べちゃいますけどねー。

    • 千夜一夜 より:

      コアキンですか。たしかに、何とかキンとは言ってました。
      いやあ、あれは辛すぎでしょ。わたしには無理ですわ。あれを普通に食べれる人を尊敬します。

medi8サイドバートップ300×250

ソイ7バービア Soi 7 beer bar
ファランに囲われ、イサーンへ帰るバービア嬢

パタヤ沈没日記4 数年前から仲良くしているバービア嬢がいる。

ソイブッカオ常設市場ぶっかけ飯 (3)
【新版】ソイブッカオ常設市場のぶっかけ飯

貧乏節約型長期滞在者の心強い味方といえば、ソイブッカオにある常設市

ソイ6 soi 6
大喧嘩したのにロング1000バーツでいいからペイバーしてと懇願するバービア嬢をお持ち帰り

パタヤ沈没日記3 ソイブッカオのバービアの話である。 21歳の

R-con bar restaurant breakfast ブレックファースト (6)
R-con Barのイングリッシュブレックファースト120バーツ

ソイブッカオ北側のクランクコーナーに建つのがRコンレジデンスホテル

ソイ8 Soi 8
ソイブッカオ20歳新人バービア嬢を仕事終わりに部屋へ召喚

パタヤ沈没日記2 元ゴーゴー嬢との関係は継続しつつ、日々のバーめ

→もっと見る


PAGE TOP ↑