*

パタヤ最後の一日はまったり過ごす

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , , ,

47日目

パタヤに泊まるのも今日が最後。
クーデターに遭遇した初日から数えて47泊目だ。
長かったような短かったような。

 

Nとの朝

朝、Nと一発
もうルーティンワークと化してきたので、特に感想もない。
若い体を堪能するのみ。

 

カオマンガイとラーブガイ

それから近所の食堂で昼食。
またカオマンガイ。
近くの屋台でラーブガイも追加。
皿は食堂で借りた。持ち込み自由。このフリースタイルがローカル食堂の魅力だ。

カオマンガイ

とにかくNはよく食べる。
カオマンガイをぺろりと平らげ、辛いラーブもあっさりと完食。

体重が増えるはずだ。
よし、体重計でチェックしよう。
コンビニ前に置いてある体重計へ。

体重計

ポケットを探っても小銭の1バーツがない。5バーツ硬貨だけ出てきた。
すると手のひらの5バーツを取り上げるN。
てっきりコンビニで両替してくれるのかと思いきや、おもむろに体重計に投入。

こらぁぁぁ
4バーツもったいないやんけ

とは言わず、5バーツ硬貨でもオッケーなのに感心。
10バーツ硬貨でもいけるのだろうか。
重さと大きさで1バーツ硬貨以上なら可能なのか。
1円玉は軽いから無理っぽいなあ、5円玉ならいけそう。
でもそれなら1バーツ硬貨のほうが安いし。
などど無駄なことを想像しているうちに、Nの体重が判明。
軽く55キロオーバー
免停じゃ、免停。
ダイエットしなさい。

 

やっぱり映画へ

実は、怪しいマッサージ屋の美人マッサージ嬢と最後にもう一発したかった。
N一筋と固く誓ったのはいつの話。
やはり浮気の虫がうずくのだ。
あと、濃厚サービスが恋しくなっていた。
Nのサービスはあっさりしたものなので、濃い目のやつが欲しかった。

一度、Nを家に帰してから、また夕方バービアへ迎えに行けばいいかなと。
その間にスペシャルマッサージ屋へ出向き、スペシャルマッサージ(通称ブンブンマッサー)を受ければいいだろう。
よし、この方法でいこう。

が、Nは離れる気がないようだ。
今日も映画を見に行こうと、腕をひっぱる。
あれま、目論見はあっさり瓦解。
ははは。

 

強引に連れられ、セントラルの6階へ。
これでNとは三回目の映画。
もう見る映画がなくなってきた。
しかたなく、アニメーション「How to train your dragon 2」を鑑賞。
子供向けながら、まずまず楽しめた。

 

映画のあとは、Nのバービアへ出向き、さくっとペイバー代を払う。
今日はあっさりと撤収。
部屋へ戻る途中、Nが自腹でカオマンガイを購入していた。
本日2度目のカオマンガイ。それも昼間と同じ食堂だ。
意味不明。

部屋に戻ってダラダラ。

 

ムーカタ再び

夜9時頃、ムーカタを食べに行くことにした。
食べ放題のニンジャではなく、単品で食べられるレストランへ。
最後の夜だから、これくらいの贅沢はいいだろう。

場所は、Rコン・バービア群のすぐ向かい側。
ブッカオ沿いにあるカシコン銀行の手前のソイと言えばわかりやすいかも。

Rコンバービア

ここには2、3軒似たようなオープンテラスタイプのレストランが並んでいる。
内容も似たようなもの。

ムーカタ1

座敷席とテーブル席があり、くつろげるのは座敷席。
場内はこんな雰囲気。

ムーカタ3

大きなテレビも放映中。
メニューは、ムーカタのほか、チムチュム(イサーン鍋料理)、ソムタムなどの一品料理も多数。
イサーン料理が基本かな。

 

メニュー。ムーカタ160バーツ。チムチュム99バーツ。
ムーカタ2

とりあえず料理はムーカタだけ注文。

 

これで1人前だった。
ムーカタ4

 

あっという間に完食。
ムーカタ5

さすがに1人前を二人で食べると、少しもの足りない。
3人で2人前くらいがちょうどいいかも。

コーラを一本ずつ頼んで、会計は250バーツ。
安上がりで済んだ。
わざわざ食べ放題のニンジャへ行くより、こっちらのほうが安いし手軽だ。
これからはちょくちょく利用してみよう。
ソンテウで移動できるエリアなので、日本から友達が来たときでも気軽に連れて行けるし。

追記:2014年10月上旬くらいに、この一角は取り壊しになってしまった。残念
詳しくは以下の記事で。

参考記事:パタヤの中心部でチムチュム

 

最後の夜はダラダラふける

部屋に戻り、またダラダラ。
Nはコンビニでお菓子を買い込んできて、ばりばりとむさぼり食っている。
なにやらワザビ味のスナックらしく、

からい~

と涙声で悲鳴を上げていた。

味見してみると、たしかにワサビ味。
でもそんなに強烈じゃない。ちょっとツンと鼻にくる程度。
あれだけ激辛好きのタイ人が、なぜにワサビが苦手なのか、よくわからん。
そのわりには、ワサビはタイでも人気だ。
バービアの知り合いからは、次回来るときは日本のワサビを買ってきてくれと頼まれている。

 

Nがダラダラしているので、こちらもダラダラ。
買い置きしてあった最後のビール2本を飲み干す。
ちょっとほろ酔い。
Nと一発やろうかと思ったら、いつの間にかNは熟睡体勢。

せっかく最後の夜なのに、ヤらずに就寝。
でも、Nと普通にダラダラ過ごすだけでいいような気がしてきた。
こんなほんわりとした夜もいい。

まあ、明日の朝は必ずヤルけどね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

薬局1

ソムタムにあたって下痢となる

10日目 夜中、腹が痛くなる。 きりきりと締めつけられるような鋭い痛みだ。 若干だが熱もあ

記事を読む

ソイ7

ジャオチューの虫は治らない

23日目 ほどよく酔っ払ったせいか、昨晩は熟睡できた。快適な目覚め。 ケーブルテレビのアスト

記事を読む

LKメトロ

ソイLKメトロの夜間屋台進入禁止。Nがペイバーされてしまう

45日目 この沈没生活も、残すところあと3泊。 いよいよ最後が近づいてきた。 思い残すこと

記事を読む

buakao barbeer

まさかのペイバー強要、でも大当たり

6日目夜の部 ブッカオのバービアへ移動。 ここには以前友人が連日ペイバーしたバービア

記事を読む

barbeer1

今宵もバービアめぐり。スイス人ハーフ(男)と語り合う 

5日目 今日も、昼間からバービア嬢Aに会いに行く。 雑貨屋で合流し、コーラを飲む。Aにも栄養

記事を読む

マッサージ屋個室

怪しいマッサージ屋へ

4日目つづき 【エロマッサージ屋で】 宿への帰り道、とあるソイの怪しげなマッサージ屋密集地帯。

記事を読む

walkingstreet

戒厳令下のウォーキングストリートとバービア飲み歩き

3日目つづき 【戒厳令下のゴーゴーバーへ】 夕方5時頃からウォーキング・ストリートへ。 はたし

記事を読む

ムーカタ

バービア嬢Nが部屋に来る。それからムーカタへ

34日目 昼過ぎ、LKメトロのケバブ屋で昼食。60バーツ。 なんだかんだ言って、週に

記事を読む

THE SEA

ウォーキングのゴーゴーバー「THE SEA」と、いつものバービアめぐり

14日目 昼ごろから145センチのバービア嬢Bと懲りずにメッセージのやり取り。 &nbs

記事を読む

pattaya

沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

トータル48泊のパタヤ沈没生活。 支出はいくらだったのか、公開してみます。 結論から

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑