*

AIS(12コール)の残高トランスファーの方法。日本からでもタイへプレゼントできるよ。

タイのプリペイド携帯電話サービスでは、自分の残高を他の人に分け与えることが可能だ。

ここで紹介するのは、AIS(12call)のやり方。

AIS12コール (1)

自分と相手のキャリアがともにAISなら、簡単に送金できる。
英語で「CREDIT TRANSFER SERVICE」と呼んでいる。

ものの1分もあれば、残高のトランスファーが可能だ。

なお、国際ローミング対応の機種を持っているなら、日本からでも送信できる。
(チャージ金額が残っていることが条件だが。)

SPONSOR LINK

トランスファーの方法(CREDIT TRANSFER SERVICE)

一番シンプルなのがこちら。

*140*1*相手の電話番号*送る金額#

たとえば、080123456という電話番号に50バーツを送金したいなら、

*1401*1*080123456*50#

と打ち込んでから通話ボタンをプッシュする。最後のシャープをお忘れなく。

スマホスクリーンショット (1)

これでオッケー。
あっという間に送金完了となる。
プレゼントされた側にはSMSで通知がいく。こちら側の電話番号が表示されるはずなんで、誰が送ったかはわかるシステムだ。

金額は10バーツ単位で、最大100バーツまで。
手数料が、1回につき3バーツかかる。

より詳しい説明は、以下からどうぞ。

AIS12コール (2)
http://www.ais.co.th/3g-one-2-call/en/service-detail.aspx?type=3&id=11

 

ちなみに、有効期限の延長をプレゼントすることもできる。
5日、10日、20日のいずれか。

*140*2*相手の電話番号*送る日数#

となる。
実際に使ったことはないが、たぶん、自分の有効期限が減らされるんだと思う。
まあ、あんまり使う意味はないと思うけど。
手数料は3バーツ。

http://www.ais.co.th/12call/en/balance-validity-transfer.html
また、インターネットからでも残高のトランスファーは可能。
AISのEサービスを使う。

AISのE Serviceの使い方

まずはAISのホームページへ。
http://www.ais.co.th/3g-one-2-call/en/

AIS12コール (3)

右上にあるEservieの欄に自分の電話番号を打ち込む

すると、AISから携帯電話にSMSが送られてくる。

スマホスクリーンショット (2)

AIS OTP:0322(4桁の数字)

これがワンタイムパスワードとなる。
(パスワードは毎回ランダムで変わり、有効期限は15分。)

そのパスワードを、AISのホームページが打ち込めばログインできる。
AIS12コール (4)

ログインできれば、このような画面となる。
残高や有効期限などが確認できる。パスポート登録してあれば、自分の名前がきちんと表示される。
AIS12コール (5)

トランスファーするには、「One Number for Service」を選択してから、「Balance&Validity Transfer」を押す。
AIS12コール (6)

あとは同じこと。

相手先の電話番号と送金金額を入力すればオッケーだ。
AIS12コール (7)

手数料は1.5バーツ。電話を使った方法の半額だが、まあ、どっちでも。

まとめ

残高のトランスファーは、プッシュするだけで実に簡単です。
が、いつも肝心の番号を忘れてしまうんで、忘備録的に記事にしておきました。

AISの12コール以外のキャリア(DtacやTrue)は、利用したことがないのでよくわかりません。おそらく同じようなシステムのはず。

プリペイド式SIMカードを使っているタイ人は、計画性もなく使いきってしまう場合が多い。
そんな時はさらっとプレゼントしてあげると意外と喜んでくれるかも。
国際ローミング対応機種なら日本からでもオッケー。
せいぜい50バーツで充分なんで、気が向いた人はためしてみてほしい。

ただし、自分の残高がないとトランスファーはできない。
というわけで、次回は、日本からタイの携帯へチャージ(トップアップ)する方法となります。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

vasu-exchange

バンコク・ナナ駅のお得な両替所、VASU(ワス)とスーパーリッチ

バンコクで有名な高レート両替所といえば、スーパーリッチ、タニヤスピリットなどいくつかある。

記事を読む

スクリーンショット_030616_073717_AM

本日朝10時からスクートがプロモ開始。バンコクまで8000円。

何かというとプロモーションばかりやっている印象のLCC、スクート(SCOOT)。 今回のプ

記事を読む

新旧フィリピンペソ紙幣

ひさびさにフィリピン旅行する人は、旧フィリピンペソ紙幣が使えなくなっているのでご注意を。2016年旧紙幣から新紙幣への移行終了。

2016年7月、今回4年ぶりのフィリピン旅行となった。前回が2012年のこと。 それ以前にもフ

記事を読む

パタヤタイカオマンガイ (1)

ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台の鶏肉が肉厚かつジューシーでおいしかった。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

クイジャップ屋台 (6)

屋台のクイジャップがうまし。手作り麺とスープが絶妙。

ほてほてとソイメイドインタイランドを歩いていると、クィッティアオ風の屋台に遭遇。 でも、ちょっ

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル (2)

パタヤカンにある新築ホテル、BED TIME PATTAYA(ベッドタイム)

ベッドタイムパタヤホテル 場所は、パタヤカン・ソイ16。 パタヤカン沿いの屋台村

記事を読む

AIS12コールトップアップマシーンキオスク

AISの1・2コールを20バーツでトップアップして有効期限を延ばす方法(手数料なしで最長1年)

タイの携帯電話会社といえばAISの1・2call。 他にも会社はあるが、ワンツーコールを使って

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

NHKおとなの基礎英語

新年度。NHK「おとなの基礎英語」で旅行英会話を習おう。タイ旅行にも役立つよ、たぶん。

タイをはじめ、海外旅行の際にどうしても必要なのが外国語。 特に英語は欠かせない。 もっと

記事を読む

アドステア

Comment

  1. yuu より:

    AISを使ってるスマホ利用者ならeServiceのアプリをインストールしておくといいですね。日本にいてもwifiで使えますし、タイにいてAISの電波を掴んでる時はパスワード認証も不要です。プロモーションの一覧もあってアプリから簡単にapplyできますのでとても便利です。AISのホームページは非常にわかりにくいので、このアプリは利用価値大だと感じます。

    • pattayan night より:

      AISのアプリがあったんですか。知りませんでした。情報ありがとうございます。
      プロモーション一覧は便利ですね。今度使ってみたいと思います。
      それにしても、AISのホームページはわかりづらいですよね。知りたい情報になかなかたどり着けないし、あったと思ったら急に英語からタイ語に切り替わったりして、いらいらします。

アドステア

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

→もっと見る

PAGE TOP ↑