*

Nと映画デート。おそるべき10代の食欲

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , , ,

43日目

【Nと待ち合わせ】

本日は、Nをペイバーする約束。
さっそく、昼過ぎにNからメッセージが届いた。
また映画を見に行きたいとのこと。
30分後にセンタンで待ち合わせね、と一方的に約束させられる。

あわててシャワーを浴びて準備。
が、間に合わず、遅刻。
Nはすでに到着済み。
タイ人に待ち合わせて負けてしまった。

 

まず食事。
カオカームゥ。煮込み豚足ご飯。ドリンク代と合わせて135バーツ。

カオカームー

 

食後、6階の映画館へ。平日なので料金は一人160バーツ。

上映開始まで、ゲームセンターで暇つぶし。
ハンマーゲーム。
Nは相変わらずパワフルだ。ハンマーを振り下ろす姿にガクブル。ケンカしたら負けそうだ。

ゲームセンター

 

映画「MILLION DOLLAR ARM」

選んだ映画は、「ミリオンダラー・アーム」
日本公開は10月4日からのようだ。ずいぶんと先の話。

映画チケット

インドではクリケットが大人気。
人口が10億人。
クリケット競技人口も多い。
クリケットと野球は似ている。
よし、インド人の中には野球がうまい奴がいるはずだ。
発掘しろ。
そんな安直かつ大胆な発想で、インド中でオーディションを展開。
カルチャーギャップにとまどいながらも、見事二人のインド人ピッチャーを発掘。
アメリカへ連れていき、史上初のインド人メジャーリーガーを誕生させるのだ。

という、実話に基づいたストーリー。

けっこうおもしろかった。
昔バックパッカー時代に訪れたインドを思い出した。
とにかくインド人は、はたから見ている分には、とても愉快だ。
パタヤにもたくさんインド人が遊びにきているけど、あまり積極的には絡みたくないのが正直なところ。

Nも笑いながら見ていたが、上映中でも平気で携帯電話でおしゃべりしていた。
どういう神経してるんだか。
インド人並だ。

【バービアで食事】

映画を見終わってから、Nのバービアへ移動。
まだ夕方5時。
特にすることもないので、だらだら飯を食べる。

ソムタム、ミンチカツ、ゆで卵、カオニャオ
夕食

ソムタムは、カノムジン(そうめんみたいな麺)入りなので40バーツ。
ミンチカツとゆで卵はおかず屋台で購入。ミンチカツが20バーツでゆで卵が1個7バーツだ。
Nがゆで卵を自腹で3つ追加購入していた。
が、食べるのは黄身だけ。白身はこっちにまわってきた。
困った小娘だ。

さらにデザートでフルーツをたっぷり。
スイカ(テンモー)、パイナップル(セパロット)、すっぱいマンゴー(マムアン・プリアオ)で40バーツ。
さすがに食べきれずにお持ち帰り。

ほどなくバーファイン代を払って、Nもお持ち帰り。
帰り道、Nはドリアンを自腹で購入していた。どんだけ食べる気だ。

パックに入ったドリアン。90バーツ。意外と高い。
ドリアン

 

部屋に帰ってから、Nはドリアンとお菓子をむさぼり食う。
すごい食欲。
とりあえず満足したようなので、こちらの性欲も満足させてもらう。

さくっと一発。
Nとは何発目だろうか。
行為自体は早くもマンネリ気味だが、情がうつってきているので、ドーピングの必要もなくフィニッシュできた。

 

【Nのおそるべき食欲は止まらない】

一発後、部屋でだらだらしていると、

ヒューカーオ(腹減ったよ~)!!!

と、Nが主張。

まじっすか?!

あれだけ、ご飯とフルーツとお菓子食べたのに、もう空腹ですか。
育ち盛りの10代の胃袋、おそるべし。

というわけで、再度外出。
クィッティアオ屋台へ。

ここの屋台のスープはナムトックがメイン。
ナムトックとは豚もしくは牛の血が入った濃厚なスープ。

Nはセンミー(極細麺)でオーダー。

唐辛子と砂糖をたっぷりとかける。
クィッティアオ1

それを、ぐちゃぐちゃとかき混ぜてから、
クィッティアオ2

一気に完食。
おぞましい色のスープだけが残された。
クィッティアオ3

 

こちらはバミー。スープはナムトック。唐辛子と砂糖は少なめで。
バミー

ふう、食った食った。もう満腹だ。

 

部屋に戻ってからも、Nはさらにお菓子を食べていた。
食べすぎだろ。

2時頃ようやく眠りにつく。

なんか、食ってばかりの一日だった。


関連記事

M150

大卒バービア嬢Fをふたたび連れ出す

16日目 【連れ出し作戦】 3日間まったくペイバーせず。 そろそろ欲しくなってきた。 例の大

記事を読む

クリスタルクラブ

LKメトロのクリスタルクラブ。新たなバービア嬢との出会い。

22日目 寝苦しい夜だった。 ベランダへ出るドアに隙間があり、そこから蚊が侵入してきていた。

記事を読む

soi7

ソイ7のバービアでペイバーして連れ出す

2日目続き 初日はクーデターで夜遊びどころではなかった。 2日目にして初の夜遊びだ。 向か

記事を読む

パラダイス

屋台、ゴーゴーバー、バービア

7日目 一夜をともにしたSを宿の下まで送っていく。 タイ語で、 「パイ・ソーン・カンラーン

記事を読む

スワンナプーム空港

パタヤ沈没生活終了。クアラルンプール経由で日本帰国。

48日目最終日 Nとお別れ パタヤ最後の朝。 ぐずるNを叩き起こして、最後の一発。 濃厚なや

記事を読む

マッサージ屋個室

怪しいマッサージ屋へ

4日目つづき 【エロマッサージ屋で】 宿への帰り道、とあるソイの怪しげなマッサージ屋密集地帯。

記事を読む

pattaya

沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

トータル48泊のパタヤ沈没生活。 支出はいくらだったのか、公開してみます。 結論から

記事を読む

クイジャップ3

ガパオプラームック、クイジャップ、大雨

35日目 早朝まで日本代表戦を見ていたので、起床は昼過ぎ。 曇り空であまり暑くない。

記事を読む

party3

バービアの従業員たちとパーティへ遊びに行く

27日目 やはりNのことが気になる。 今日こそNをペイバーして昼間から映画を見に行こう。

記事を読む

Fちゃん1

大卒バービア嬢を連れ出す

12日目 もうすっかり下痢は完治。 タイ語で言うなら、トーン・シア・ハーイ・レーオ。

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑