*

ありふれたパタヤ沈没の日常。夜の女性との半同棲生活はこんな感じ。

公開日: : 最終更新日:2016/03/10 2015年8月~パタヤ沈没日記 ,

51日目

21歳カラオケ嬢との日常は、あまりにも強固かつ流れ作業的なものになりつつあり、もはや特筆すべき出来事は起こりそうにない。
この日も典型的な一日となった。

朝から昼

いつものように彼女は昼過ぎまで熟睡。
その間にわたしは朝食を済ませて、パソコンやインターネットで時間をつぶす。

で、彼女が起きだすタイミングを見計らって、近所に買い出しに出かけるわけである。

本日の昼飯は、イサーン屋台。
ホーモックガイとパックドーンとカオニャオ。25バーツ。

パックドーン

パックドーンは、野菜の漬け物だ。彼女の好物でもある。
わたしには酸っぱすぎて、あまり食べられない。

それだけでは少ないんで、彼女にはママーも用意しておく。
毎日毎日、よくも飽きもせず、ママーが食べられるものだ。
13バーツは安いけど、毎日は無理。

遅い昼食後は、また昼寝をするカラオケ嬢なのである。
ま、ちょっと添い寝して、乳繰り合ったりもするけど。

夕方から夜

夕方には、また「ヒューカーオ」と言いながら、彼女が起きてくる。
しょうがないんで、飯に連れて行くこととなる。

いつもの食堂が休みなんで、別のローカル食堂へ。
バイクがあるんで、移動がとにかく楽でいい。
二人乗りでどこでも行ける。

手早くすますため、ぶっかけカレーにした。

ゲーンカリーガイイエローカレー

ふたりでイエローカレーを食べて、お会計70バーツ。
これまた、安上がりの夕食となった。

食後、カラオケ嬢はバイクに乗ってそのまま出勤していくと言う。

でも、お小遣いがほしいとねだられた。いろいろと支払いが滞っているらしい。
しょうがないんで、500バーツほど渡しておく。
一応、ニー(借金)ということで。

夜半から深夜

わたしは、一度部屋に戻って、ゆっくりする。
あまり早い時間帯から行動すると、夜が長くなってしまう。
酒の量が増えると予算的に厳しくなるし、あまり酔いすぎると深夜に帰宅するカラオケを待つのがつらくなる。

外出は夜10時か11時くらいがいい。12時前になることもある。

この日も、夜10時過ぎにようやく部屋を出た。

ふらふら歩いていると、バービアやマッサージ屋やゴーゴーバーの呼び込みなどの知り合いに声をかけられるんで、店頭で世間話。
あまり長居すると、店の人に怒られる。てきとうに切り上げて、さらにふらふら歩く。また、声をかけられる。
その繰り返しで、いつしか馴染みのバービアへ。
目を引くバービア嬢が見つかれば、そのバービアに入ることもあるが、最近はどうにも食指が動かない。
よって、いくつかある馴染みのバービアのどこかで、だらだら飲むことになる。

もうこれも毎日の定番コース。

特筆すべきことは何もない。
ただ、ビールを飲んでビリヤードして、たまに屋台でつまみを購入して、またビールを飲むだけ。

つまみは、いくらでもある。屋台が勝手に通りかかるんで、好きなモノを注文すればいい。
スルメかイカのゲソ焼きがうまい。

いか焼きスルメえのきベーコンエリンギ焼き

話し相手には、熟女バービア嬢か常連ファランたち。他愛もない会話ばかりだ。
あまりにもありふれたパタヤの日常である。

ビール3本、ほどほどに飲んだところで切り上げるのもいつものこと。

部屋に戻り、彼女の帰宅を待つ。
バイクに乗って、仕事終わりのカラオケ嬢が帰ってくる。

彼女が腹が減ったといえば、食事を取ることもあるが、今夜は大丈夫のようだ。シャワーを浴びて、そのままベッドにもぐりこんでいた。
ああ、またブンブンしてないや。
まあいいか。

ちょっとだけスキンシップしてから、抱き合って眠る。
おやすみなさい。

パタヤラブサインボード

以上のような感じで一日が終わっていく。
カネはあんまり使っていないようだが、意外と細かい出費はかさむ。
ま、日本に比べればはるかに安い金額で、南国ビーチ特有のぬるい空気の中、若い女性とだらだらいちゃいちゃと過ごすことができるけど。

何とも味気なくも心休まるパタヤの日常ではないか。
意外と規則正しい生活なのが不思議。
これぞパタヤでの沈没ライフですな。

やってみたい人は、ぜひどうぞ。
ダメ人間へ堕落していくか、自分を律して正常を保てるかは、あなたしだい。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

サイクロックつまみ

20歳のコヨーテ嬢がまた部屋へ遊びに来る。最後はスクーターズバーで締める。

7日目 友人3人のうち2人が帰国。あとの一人は残り数日パタヤに滞在予定。 バービア好きの友人

記事を読む

イサーン屋台ムーヤーンと焼き魚 (2)

27歳バービア嬢が泊まるに来るがノーブンブン

30日目 昼過ぎに27歳バービア嬢は帰っていった。 2時間後にまた戻ってくると言っているが、

記事を読む

LINEスタンプ

休息の一日。カラオケ嬢と一緒の姿を19歳ゴーゴー嬢に目撃されてしまう。

38日目 食事はハンバーガーとフルーツで 日中は、ずっと睡眠を取る。 体がだるくて、動く気力は

記事を読む

カラオケ嬢下着

21歳カラオケラウンジ嬢と念願のブンブン。大当たりの夜。

(36日目最後) バービアでカラオケ嬢と飲む 友人のアテンドを終えて、なじみのバービアへ。 ち

記事を読む

ブッカオ洪水 バービア

パタヤ大洪水の夜に

24日目 朝からずっと雨。 昼間も大雨。 ベランダに出てみると、隣のハリウッド出身ファラン

記事を読む

屋台

バービア嬢から21歳カラオケ嬢へ乗り換え。パタヤは無情の世界か。

35日目 夕方、部屋にやって来た27歳バービア嬢を言いくるめて、荷物をすべて持って帰ってもらっ

記事を読む

洪水後のレート

【続々報】パタヤの洪水は、ほぼ収束。円バーツのレートは下落。

雷を伴う集中豪雨にみまわれ、洪水となったのが16日の夜。 その後、夜中になっても、

記事を読む

ワットチャイモンコンのタンブン (4)

ブンブンからのタンブンはタイ夜遊びのよくあるパターン

55日目 朝のブンブン パタヤ滞在は残り3日。 いよいよ、終わりが近づいてきた。 昨晩は

記事を読む

レンタルバイク (3)

レンタルバイク導入で機動力アップ。でも最後はやっぱりバービア呑んだくれ。

48日目 ひさびさにパタヤでバイク運転 昼前、起床。 カラオケ嬢は例によって爆睡中。 しばら

記事を読む

シャンペーン(シャンパーニュ)

初日夜はソイLKメトロゴーゴーバーめぐり。最後はコヨーテさんにすっぽかされる。

初日つづき ソイエキサイト脇道食堂で晩餐 夜、友人たちとまたしてもソイエキサイト脇道の日本語メニ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    ブログ愛読者の私としては。。勝手ながらハプニングネタがほしいところですがw今されてる生活をしてみたいからパタヤにフラフラと行ってみたい!!と思うのであります^^;まぁ私の場合は言葉の壁が立ちはだかりますがwそんなものは気合でなんとかなるだろうとw羨ましいかぎりですwでも!たまには^^;w期待してます!ハプニングをw

    • pattayan night より:

      だらだら過ごすだけなら、言葉の壁はそんなに高くありませんよ。わたしも、タイ人のタイ語は半分以上聞き流してますんで。ファランの英語も3分の1くらいは、笑顔でスルーです。そんなもんですよ。

  2. えいじ より:

    お疲れ様です。
    全然堕落してる様には感じられないです。
    凡人としては羨ましい限りです。

    • pattayan night より:

      いやいや、ただのルーティンワークですよ。惰性で生活しているようなもんです。

  3. biwaheide より:

    パックドーンは私も苦手です。タイ人彼女に日本から持ってきた高菜漬けを試してもらったところご飯に大量にかけて食べてました。えらく気に入ったみたいです。

    • pattayan night より:

      パックドーン好きなら、高菜漬けはウケそうですね。次回、おみやげにしてみようかな。
      それにしても、パックドーンは酸っぱすぎですよ。タイ人は指でつまんで、おいしそうに食べていますよね。

  4. サライ より:

    大きなお世話だと思いつつ、一点指摘させて下さい。ใช้หนี้นะ(チャイニー ナ)は借金を返す時、借りた側が言う言葉で、貸す側が言うことはเป็นหนี้นะ(ペニー ナ)です。上記のシチュエーションですと、相手は500バーツ貰えたと勘違いする筈です。

    • pattayan night より:

      タイ語のご指摘ありがとうございます。
      なるほど、「チャイニー」は借り手が使うわけですね。ニーだけなら、単純に「借金」の意味になるんでしょかね。
      相手は貸付金だと理解はしてくれたみたいですけどね。

アドステア

KIX to CLARK (15)
同日乗り継ぎで関空から香港経由でクラーク(アンヘレス)まで飛んでみた

アンヘレスの最寄り空港であるクラーク国際空港まで日本からの直行便は

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

→もっと見る

PAGE TOP ↑