*

70歳の友人はパタヤを訪れるのが最高の気分転換

36日目

27歳バービア嬢からの着信音が何度も鳴っている。
でも、ここで出てしまうと、また部屋に押しかけられそうで、ずっと無視を決め込んだ。
ちょっと心が痛むが、しょうがない。

彼女はわたしのことを好いてくれているはず。一発500バーツは、なかなか応じてくれないものだ。
(まあ、その他でちょろちょろと細かい額を請求されるんで、体の良い小遣い稼ぎ相手と思われているだけかもしれないけど。)
こういうシチュエーションは、ちょっと困る。
むしろ、嫌いになってくれて、愛想をつかされて出て行かれるほうが、気が楽だ。
かといって、わたしの体は一つしかないし、金銭的にも使える額は限られている。うまく分散させないと、体も財布も持たない。難しいところだ。

ちなみに、21歳カラオケ嬢とは、昼間に電話してみたものの、うまくつながらない。
電源くらい入れておいてくれよ。

日本の友人たちとシャブシへ

夕方、友人から電話。
友人二人、数日前からタイ滞在中で、本日バンコクからパタヤへ移動。
昼過ぎにパタヤへ到着して、これからセントラルフェスティバル(センターン)で食事とのこと。

友人の一人は、すでに齢70を数えんとする年代。失礼ながら、すでにおじいちゃんと呼んでもいいかもしれない。
歯も歯茎も悪くなってしまい、堅いものが噛めなくなっている。おまけに刺激的な食べ物はきつい。唐辛子まみれの激辛タイ料理はもってのほか。

というわけで、無難な食事処であるSHABUSHIへ行くことが多い。
ここなら、野菜も肉も何でも食べられる。

しゃぶし (1)

1時間15分食べ放題で、380バーツ。さらに値上がりしたかな。
店内がリニューアルしていた。席数が増えたかも。
ドリンクバーの場所が反対側に移っていた。

寿司の種類も増えたような気もする。味は相変わらずだけど。

プロモーションキャンペーン中で、いくらの乗った寿司が一つだけ食べることができた。

シャブシ (2)

おでんは前からあったっけ?

シャブシ (4)

一人で食べに来ているファランもちらほらと。

ひたすら豚肉と白菜とスシもどきを食べた。
ごちそうさまでした。

シャブシ (3)

シャブシ (1)

ちなみに、カラオケ嬢とはシャブシで食事中にようやくLINEでつながった。
シャブシで食べているというと、激おこスタンプが飛んできた。
なんで誘ってくれなかったのよ、と怒っている。電話したけど繋がらなかったんだよ。
そんなにシャブシが好きなのかねえ。

関連記事:Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

老後はタイ詣で

古希の友人は、普段は日本の山間部の田舎でひっそりと暮らしている。
何の刺激もない環境だそうな。あるのは村祭りだけ。それも親戚近所付き合いが面倒なんで、本当は祭りも嫌らしい。

でも、毎日がお祭り状態のパタヤの雰囲気を味わうのが大好きという。
海があって、ネオンサインもきらびやかなパタヤの雰囲気を味わうと、心が軽やかになるそうだ。

ウォーキングストリート2015

ちなみに下半身はすでに卒業。

やる気はあるんやで。でも、まったく体がついてこんのや

わしがあと10歳若かったら、パタヤでコンドミニアム買って住むのになあ

としきりにぼやいておりました。

年をとってからでは、遊ぶに遊べない。好きなものも食べられなくなる。

遊ぶなら体の自由がきく若いうちだぞ」とありがたい言葉をいただきました。

パタヤで70歳まで遊んで暮らせたら天国だろうなあ。
今のうちに、せいぜい遊んでおこうっと。

そんなわけでパタヤの夜は、ウォーキングストリート付近で雰囲気だけを味わうのが古希友人のスタイル。
ゴーゴーバーには入るけれど、ペイバーはもう何年もしていないようだ。
昼間はマッサージしてから、散歩するだけ。
たまに屋台で焼き鳥やフルーツを買い食いする程度だ。
はっきり言って、淡白なものである。

でも、日本とはまったく違う雰囲気が大好きで、年に2,3回はパタヤを訪れている。気分転換には最適だそうな。
そういう老後もいいかもね。

もう飛行機に長時間乗るのはしんどいから、これが最後や」と毎回言いながら、ちゃっかりパタヤを訪れているのは、やっぱりタイやパタヤが大好きなんだろうね。

元気なじじいになりたいものだ。

(つづく)


関連記事

焼き鳥バーベキュー (2)

バービア嬢が部屋に来て一発。あと、18歳新人バービア嬢との出会い。

31日目 パタヤ沈没生活後半戦スタート。 とはいえ、いつもと変わらぬスタイルである。 ブッ

記事を読む

クィティアオバミーガイ

19歳ゴーゴー嬢と麺をすするラーメン深夜3時

18日目 臨時洪水速報のため、時系列が少々ずれておりますが、これは、自称19歳ゴーゴー嬢をペイ

記事を読む

ボム熟睡_016_102515_043327_PM

タイ女性へのお土産は美白クリーム。でも渡す相手は変更した。

49日目 カラオケ嬢は熟睡。 今日は一段と睡眠時間が長い。 すでにぶっちぎりで連続12時間

記事を読む

クラブ4ヤリ部屋 (3)

最初で最後(?)の浮気はクラブ4で濃厚なショートタイム

56日目 パタヤ滞在は残りわずか。二日後の飛行機で日本に帰国予定だ。 昨晩は深酒したせい

記事を読む

イミグレーションO-I書き込み

タイ入国拒否寸前? 空港イミグレーションでO-I認定されてしまうがパタヤ沈没スタート。

そろそろパタヤ沈没生活の時期である。 日本の夏には飽きた。蒸し暑すぎる。タイへ避暑へ出かけよう。

記事を読む

リビングドール1

タイ初心者を連れて、軽くパタヤ夜遊び案内してみる。ソイハニー、ソイ7、ウォーキングストリート。

2日目 パタヤ二日目の朝。 前日の疲れと酔いで、かなりのグロッキー状態だ。 コヨーテさ

記事を読む

屋台つまみ枝豆

500バーツ借金するカラオケ嬢と、親子二代でバービア遊びするファラン

43日目 案の定、カラオケ嬢はずっと寝ている。 わたしは先に起きて、コーヒーを飲んだり、パソ

記事を読む

屋台

バービア嬢から21歳カラオケ嬢へ乗り換え。パタヤは無情の世界か。

35日目 夕方、部屋にやって来た27歳バービア嬢を言いくるめて、荷物をすべて持って帰ってもらっ

記事を読む

カラオケ嬢下着

21歳カラオケラウンジ嬢と念願のブンブン。大当たりの夜。

(36日目最後) バービアでカラオケ嬢と飲む 友人のアテンドを終えて、なじみのバービアへ。 ち

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没生活前半戦終了。一ヶ月の出費とこれからの展望。

いよいよパタヤ沈没生活も一ヶ月が経過し、前半戦が終了した。 残り滞在は、約1ヶ月。 軽く

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑