パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

夜遊び情報

【読者さんレポート】シルバーウィークのバービア遊び

投稿日:2015年9月26日 更新日:

読者MKさんからコメント欄でシルバーウィークのパタヤレポートを頂きました。
こちらで、記事としてアップしておきます。

以下、レポートとなります。

無事帰国しました。
いつものバービアに関する記事が、今回は本当に役立ちました。感謝です。
ソイ7~8では、何れも働きだして間もないいい子に3人出会えました。
ドリンキングストリート、ここも3日ぐらい通っているといい子を見つけられますね。
一番手前右側のバー、ママは以前キャ○ンに勤めていたそうでいろいろ話に花が咲きました。女の子も何人か選べるレベルがいましたよ。

一度だけ痛い目にあいました。
ソイ4のパクソイにあるバービア(LEK A Gogoの隣り)、ここでピカっと光る20歳の子がいます。前日の夜、LDを一杯おごって話をしていたら、自分のことを覚えている、と。聞くと自分も何回かお世話になったソイ6のSOHOバーに以前働いていたとのこと。
自分が知っているそこの子の何人かの名前も合致していたので嘘ではないでしょう。
翌日ショートでPBし、事後に黙って大1枚を渡そうとしたら、もう一枚必要だよと。
チップを小2-3枚あげてもいいな、と思っていましたが、平気な顔で言うのであえていやだ、と言ったらママに連絡するよ、と。
何回かやり取りしましたが、連れも待たせているし、面倒な事も避けたいので小5枚を渡したらスゴスゴと帰ってい行きました。
この子、細身でスタイルも良くバーでは光っているのですぐ判ります。
ママは髪型が典型的な7/3分けのトムボーイ。
女の子も前述の通りパタヤのベテラン(年齢は20歳ですが)いやな感じがしてはいました。
PB代が500だったこと、及び自分も事前にショート代を聞かなかったことが今回の「敗因」かもしれません。今後の教訓にします。
ちなみに、ソイ7~8、ドリンキングストリートのバーは全てショート大1枚で問題なかったです。

 

以上です。
MKさん、投稿ありがとうございます。

当ブログ記事がお役に立ったようで何よりです。
足繁く探せば、新人嬢は見つかります。

わたしは、シルバーウィーク期間中は、ソイ7にもノースパタヤにも顔を出さずじまいでしたが、ブッカオ近辺で新人嬢を見つけました。

一部日本人狙い嬢は、ソイ6でも1500バーツを要求してくることがあります。通常、ソイ6のやり代は700から1000の間です(部屋代別)。
その名残で、日本人相手には1500Bを要求してきたのでしょうかね。
もちろん、バービア嬢でも、1500Bほしいと事前にきっちり伝えてくる子もいます。それでお互いに合意していれば、別に問題ないです。
ロングの相場は1500ですが、たまに2000を欲しがる子もいて、そういった子は事前にきっちりと伝えてくるケースがほとんどです。お互い合意すれば、これも問題なし。

後出しが厄介ですね。対処も難しいです。追加なしで毅然と追い払うか、せいぜいプラス200くらいで、ことを済ませたいところですが。
相場はあくまでショート1000なんで、事前に言わなかった向こうにも責任の一端はあるかと思います。
まあ、難しいところなんで、はっきり言えませんが。

個人的には、バービアの連れ出しで、あんまり事前交渉なんてしたくないんですよね。
ショートかロングかも聞かれずに連れ出して、当然のようにお泊りコースで1500。
もしお互いに合わないなと思ったら、ショート1000を払ってお帰りいただく。
お互い気に入れば、昼間もずっと一緒に過ごす。1500でも一日中一緒にいてくれます。
これがわたしの考えるバービア遊びの王道です。そういった当たり嬢を探すのが、バービアめぐりの醍醐味でしょう。

でもトラブルを避ける意味では、やはり事前にチップの額を確認しておくのが無難なのでしょうが。
それだとどうにも味気がないですしねえ。

まあ、わたしも過去には何度も失敗を重ねてきています。いまだに正解なんてわからないです。

MKさんも、いろんな教訓を得て、さらなるバービア道を歩んでくださいませ。

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-夜遊び情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.