パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ホテル情報

朝食付きで1泊250バーツから。ローシーズンパタヤのお得な長期滞在ホテル。

投稿日:2015年9月21日 更新日:


シルバーウィークで日本人旅行者が増えてきたとはいえ、基本的にはローシーズンで客の少ないパタヤ。
大雨が降って洪水になったと思ったら、また暑さがぶり返してきている。
昼間はとにかく暑い。
旅行者が少ないのも当然。その上、バンコクでの爆弾騒ぎがまだ尾を引いている。
タイへの観光客が何割か減少したなんて話も聞こえてくる。

そんな中、少しでも客を呼び込もうと、ホテルが積極的なプロモーションを展開している。

中心部でもセカンドロードからソイブッカオ界隈を歩けば、いくらでも見つかる。
いくつか紹介していこう。

パタヤのロングステイ割引ホテル

サワディーサイアム

サイアムサワディーホテル

ソイブッカオとソイハニーインの交差点にある大きな老舗ホテル。

サイアムサワディー

電気代、水道代、無料Wifi付き、しかも朝食付きで一ヶ月9,9900バーツ。
一週間なら、4,000バーツ。

一泊あたり333バーツ。
朝食代込みで333バーツは、なかなかのもの。
正直なところ、サワディーグループの朝食は、おすすめできないけど。
でも、ここはプール付きなのはうれしい。
この価格帯のホテルでプール付きは貴重だ。

アゴダ(Agoda)

サワディーパタヤ

サワディパタヤ

これもサワディーグループ。ソイダイアナにある。
電気水道代込み、無料のWi-Fiと朝食が付いてくる。

一ヶ月8,500バーツ
一週間3,000バーツ

一ヶ月滞在なら一泊あたり、わずか283バーツ。
一週間滞在でも、一泊428バーツ。

アゴダ(Agoda)

サワディーサバイ(サワディーコート)

サワディサバイ (2)

ここは、セカンドロードのソイ10にある。つまりソイハニーインの横、わかりやすく言えば、MPのHONEY1の裏手にある。

サワディサバイ (1)

一ヶ月7,900バーツ。
一週間3,000バーツ。

アゴダ(Agoda)

サワディーサンシャイン(サワディーマンション)

サワディサンシャイン (2)

これまたサワディーグループ。もう、このグループは集客に必死だな。
ソイハニーインにある。

サワディサンシャイン (1)

驚くなかれ、一ヶ月7,500バーツだ。

サワディーパタヤよりも1,000バーツ、サワディサバイより400バーツ安い。
一日あたり、250バーツという破格値。

電気代水道代込み。さらに無料朝食、無料Wi-Fi付きと書いてある。
本当に朝食付きだとすると、朝食代99バーツを引けば、宿泊代が151バーツとなる。
空室で非稼働にするよりはマシという考えなのだろうが、ほとんどやけっぱちのような価格設定である。

一週間では3,000バーツと、サワディパタヤと同じ価格。

アゴダ(Agoda)

 

パタヤには他にもサワディーグループのホテルがある。
おそらく似たような料金設定になっているはずだ。

サワディー シー ビュー パタヤ ホテル

サワディーシービューは、ビーチロードのソイ10にあって、立地条件は抜群。ビーチまで至近。

サワディーグループは、老朽化も進んでいるし、朝食もレベルが低い。
サービスの評判もよろしくない。値段相応とも言える。
ホテルとしては、あまりおすすめできないが、この価格で朝食付きはお見事というしかない。
(本当に朝食代込みなのかは、直接確認はしていないので、現地で確認のほどを。)

R-コン レジデンス (R-Con Residence)

Rコンレジデンスホテル
こちらもチェーン系の有名ホテル。
ソイブッカオ北側のクランクコーナーにそびえ立っている。

Rコンレジデンス

一ヶ月9900バーツ

ただし、おそらく電気水道代は別だろう。要確認。
(昔、月極ホテルを探している際に直接確認した時は、電気水道代別で部屋の掃除は週に2回とのことだった。)

デイリーなら一泊650バーツだ。

アゴダ(Agoda)

スタスコート(Sutus Court)

SUTUSコートホテル

ソイブッカオ中心部にある節約系滞在者向け有名ホテル。安い価格帯ながらプールもあって、定宿にしている人も多い。とにかく便利な立地。
特にプローモーション表示はない。
飛び込みで確認したところ、一泊900バーツとの答え。
一ヶ月なら、26,000バーツ
ほとんど長期割引なし。
スタスコートは以前から、ほとんど割引しないスタイルだったが、変化なし。
こういったところは、ホテル予約サイトを通したほうが安くなる。

スタスコートは棟が分かれていて、ホテルのフロントは一つだが、予約先は別々となっている。
値段もばらばら。
それぞれチェックしたほうがいい。

Sutus Court1
Sutus Court2
Sutus Court3
Sutus Court4
Sutus Court5

現地予約かネット予約か

表立って看板を出してアピールしていないが、他のホテルも各社プロモーションを行っている。
基本的には直接予約のみとなる。

数日ほどの短期滞在の人は、あまり気にせず予約していったほうが無難。

一週間や二週間程度滞在予定の人は、まず最初の1、2泊だけ予約しておき、あとは現地で安いプランを探していくのもあり。

ある程度の規模とランクのホテルは、あまり表立ってはプロモーションを展開しておらず、むしろホテル予約サイトを通したほうが安い場合が多い。

ホテル予約サイトでも、部屋が余っている場合は、直前大幅割引プロモーションを行っている。
普段は横並びの価格帯だが、直前割引に関しては、空き部屋状況次第。これまたチェックは欠かせない。

現地でウォークイン価格とホテル予約サイトの価格を比べたうえ、安いほうで取ればいい。
アゴダなどは、当日の予約でも問題ない。どうしてもタイムラグで出るので、数時間ほどチェックインに時間がかかることがあるけど。できれば、前日がベター。

ホテル以外にも、ゲストハウス系では、一日450バーツや500バーツもざら。
サワディサンシャインよりも安い、一ヶ月7000バーツのところもある。

ブッカオゲストハウス料金表

これまた、ソイブッカオ近辺を歩いていれば、すぐに見つかるだろう。
こういったゲストハウス系は、そもそもホテル予約サイトでの取り扱いがないところが多い。
自分の足で探そう。

どこも客が少なくて、ホテルは選び放題だ。
さすがに11月になると、ハイシーズンとなり、客足も戻ってくると思われる。

大雨による洪水の影響はもうすっかりなくなった。
天気は快晴続き。
とはいえ、4月や5月の酷暑期に比べると、まだマシな気温と陽差し。
意外と快適で過ごしやすい。

あえてシルバーウィークを外した日程で旅行を考えている人もいるのでは。
ハイシーズンになると、ホテルの値段は1.5倍に跳ね上がる。
9月終わりから10月半ばあたりは、わりと狙い目だ。

SPONSOR LINK

-ホテル情報
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.