*

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

公開日: : グルメレポート ,


大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。
予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問してみたところ、何やタイ語で料理名を言っている。

グラポプラー?
ガポップラーとも聞こえるし、クラポプラーとも聞こえる。
プラーは魚だろうが、パーに聞こえるんで、すべて縮めて発音すると、ガボパーとなる。
とりあえず、ここではグラポプラーとしておく。

でも、さっぱりわからん。
何でもクィティアオのようなものらしいが、要領をえない。
ま、わからなければ、食ってしまえばいい。

タイ人に付き添ってもらい屋台で注文。

寸胴の中身は、ぐつぐつとマグマのように煮え立っていた。

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (6)

どろどろとしたスープと具材が器に盛られる。

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (1)

胡椒をふりかける。
グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (2)

あとは、唐辛子も足したら出来上がり。

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

見た目はモツスープみたいだ。
血のかたまりが目立つ。

混ぜ返してみると、センミーなのかカノムジンなのか細麺が入っていた。なるほど、それでクィティアオみたいなものと言っていたのか。

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (4)

あとは、ウズラの卵とかタケノコが入っている。
小さな油揚げのような形と色をしたものが、魚の浮袋(グラポプラー)だそうな。中には煮込みすぎて、ほぼ無色透明になってしまったものもある。

さて、食べてみましょうか。
とろみのある濃厚なスープである。

はて、どこかで食べたような味だなあ、と思案していたら、タイ人に料理の由来を教えてもらう。
元々は中華料理で、本来は「シャークフィン」を入れるものではないかとのこと。
でも、シャークフィンは高いから、魚の浮袋で代用しているとか何とか説明してくれた。

シャークフィン、ああ、フカヒレか。

つまり、フカヒレスープの廉価版みたいなものか。

どこで食べたか思い出した。
神戸の南京町の屋台で食べた安いフカヒレスープの味だ。
うん、よく似ている。

ただし、魚の浮袋スープのほうが濃厚だ。

魚の浮袋の味は、ほとんどしない。
麺の量も少なくても、麺料理を食べている実感はわかない。
血の固まりの量が半端ではない。別に嫌いではないが、これはちょっと多すぎるな。
具材の中では、うずらの卵が一番うまかった。

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (5)

わたしは完食できなかった。
でも、スープはおいしい。
最後はスープだけを飲むようにした。

あまり唐辛子や胡椒は入れ過ぎないほうがいいだろう。
完全タイ人仕様にしてしまうと、普通の日本人の味覚にはちょっときつい。

ちょっと調べてみると、やはりグラポプラーは中華料理のようで、バンコクのヤワラー(チャイナタウン)の名物だそうな。
高価なフカヒレスープに大して、グラポプラーは安い価格で提供されているみたい。

そういえば、パタヤにもフカヒレスープ屋はいくつかあるよなあ。
食べたことないけど。
日本でも南京町の安いフカヒレスープしか食べたことないんだよなあ。

このグラポプラーは一人前40バーツ。
貧乏人にはグラポプラーで充分のようだ。

SPONSOR LINK

関連記事

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

Terminal 21 Pier 21 (5)

バンコクターミナル21のフードコードでナムトックコームーヤーンを食べる

バンコク・スクンビットにある巨大ショッピングモール・ターミナル21。 都会のど真ん

記事を読む

ジョーク

タイの朝食にはお粥を。ジョークとガオラオ屋台@ソイニュープラザ。

タイの定番朝食といえば、ジョーク。 お粥のことだ。 ごはん粒の形がなくなるほどに煮込んで

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

ヌアヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。

パタヤカンのフードランド斜め向かい側にあるレストラン、カオトムプラジャンバン。

記事を読む

ベイクンブルーテラス席 (1)

ソイエキサイトのBake n’ Brew。テラス席が気持ちいいカフェベーカリー。

以前から気になっていたカフェがある。 Bake n' Brew おそらく2015年く

記事を読む

RAINBOW24 Pattaya (15)

RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。 といっても見つけたのは2軒だ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 猫大好きパパ より:

    いやぁいつもながらw南京町の屋台フカヒレw解りやすい説明ですw

    • pattayan night より:

      まあ、本物のフカヒレスープを食べたことがないんで、それくらいしか表現できませんでした。
      魚の浮袋スープよりも、南京町のフカヒレスープのほうが日本人向けで食べやすいですけどね。

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑