パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ムーガタとチムチュム

ひさしぶりに食べ放題のムーガタへ。ソイARのR'E barbecue。

投稿日:

ひさしぶりの食べ放題のムーガタ屋に行ってきた。
ビュッフェスタイルの食事自体ひさしぶりだ。

規制によって、レストランの店内飲食禁止期間が長かったし、解禁後もビュッフェスタイルはしばらく禁止されたままだった。
Shabushiでも、回転レーンが利用できずに、単品オーダー制になっていたほど。

ムーガタは食べ放題ではなくセットで食べることができていた。

関連記事:数ヶ月ぶりのムーガタを堪能。でも深夜はアルコール提供なし。

その後、徐々に規制緩和が進み、いつの間にか、ビュッフェスタイルが解禁となっていた。
Shabushiの回転レーンもまわるようになったし、食べ放題のムーガタ屋も営業再開。
すでに食べ放題解禁から2ヶ月ほどは経過しているようだが、今回ひさしぶりに食べ放題ムーガタへ。

SPONSOR LINK

アーイームーガタ

訪れたのは、パタヤカンのソイ12(ソイAR)のアーイームーガタ。
ローカルの間では評判の高い店だ。

ずっと前に紹介済み。

関連記事:ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

地図

ハリウッドディスコの近くで、実はソイ6からも歩いて行ける距離。

白い大きな屋根が目印。

アーイームーガタ (1)

平日の午後6時半過ぎに入店した。
入店時の検温やチェックイン登録はなかった。
アルコール消毒液は置いてあるので自分でちゃんと消毒しておく。

客入りは2割ほどだろうか。
席は余りまくっている。
もともと広い店内で余裕のある作りのため、客が多くとも少なくとも気にならない。

一番奥に説明書きあり。

アーイームーガタ (13)

店名の英語表記は、R'E barbecueとなっている。
タイ人に教えてもらったのも、英語でREと発音すればいいというものだった。
実際にはR(アール)のルはほとんど発音しないので、アーイーという感じになる。
よって、この店を日本語表記すれば、アーイームーガタないしムーガタアーイー。
タイ人相手には、アーイームーガタと言えばほぼ確実に伝わると思う。

営業時間:午後5時半から11時半まで
食べ放題大人259バーツ
食べ放題子供109バーツ(130センチ)
食べ物を取る前にドリンクオーダー
取り過ぎぎて、残した場合は50バーツ
ドリンク料金は食べ物とは別
飲料の持ち込みは禁止(持ち込む場合は料金がかかる)
一人で来店した場合は50バーツ追加(250+50=309バーツ)
鍋と炭火の交換は無料

システムは以上。
料金はここ数年値上がりしていないようだ。

席についてしまえば、食べ放題のムーガタのシステムなんてどこも同じようなもの。
注意書き通り、食材を取りに行く前にドリンクのオーダー。
コーラの大瓶が60バーツ。氷入りバケツが40バーツだ。
ビールも売っている。価格は不明。

ムーガタ食材

アーイーの食材コーナーは広くて、種類も豊富。

アーイームーガタ (2)


アーイームーガタ (14)

ムーガタ用のシーフードもあり。

アーイームーガタ (15)

野菜は、巨大なボウルに山盛り。

アーイームーガタ (9)

惣菜もたくさんある。

アーイームーガタ (3)

サラダもあり。

アーイームーガタ (6)

なんちゃって寿司。

アーイームーガタ (7)

大型シーフードは、エビ、イカ、カニ、貝、魚など。

アーイームーガタ (4)

専用のグリルで焼くことができる。

アーイームーガタ (16)

コームーヤーンや、ホルモン焼きもあり。専用のコックが作っているのを好きに取っていけばいい。

キムチとコームーヤーン。

アーイームーガタ (5)

コームーヤーンはなかなかうまい。
イサーン料理屋でコームーヤーンを頼むと一皿80バーツくらいするので、3皿食べれば元が取れる計算。

実食

食材が揃ったところでムーガタ開始。

アーイームーガタ (8)

ひさしぶりの食べ放題のムーガタにテンションが上がる。
もうそれほど量を食べなくなったので、別に食べ放題でなくてもいいのだが、それでも食べ放題ムーガタというのは心が躍るもの。
開放的な雰囲気とあいまって、気分が高揚する。

アーイーのスープとタレの味はそこそこいける。
普通においしいムーガタだ。

やっぱりいいねよ、ムーガタ。
タイにいたら、食べ放題のムーガタは欠かせない。
たまのささやかな贅沢気分を味わえる。

食後にはデザートを。

これはタイ風のかき氷みたいなやつ。

アーイームーガタ (10)

アイスクリームも当然あり。

アーイームーガタ (11)

フルーツも揃っている。

アーイームーガタ (12)

すっかり満腹で満足。

まとめ

アーイーのムーガタ食べ放題料金は一人259バーツ。
200バーツ程度の食べ放題店も多い中では、やや高く感じる。
ただ、食材は豊富で、質も高めだとは思う。
コームーヤーンなんかも食べ放題だし、もちろんエビもイカも魚もグリルで焼き放題。
あれもこれもとひたすら食べまくりたいタイプの人にはおすすめ。

エビとイカなどをグリルで焼き放題にするなら、サードロードのセーチュアンでもいい。ここなら199バーツだ。

関連記事:セーチュアン。199バーツでシーフード焼き放題のムーガタ屋。

アーイーのいいところは、会場が広々としていて、食材コーナーも清潔で使いやすい点だろう。
セーチュアンは体育館みたいな作りで狭苦しいし、食材コーナーは不潔ではないにしてもこれまた狭苦しい。食材の種類も少なめ。
その点、アーイーは全体的に広くて、開放感がある。食材も豊富で楽しめる。

なんにせよ、食べ放題のムーガタの復活は喜ばしいこと。
規制はほぼなくなったし、普通に食べ放題を満喫できる。
当たり前だったことを今こうして当たり前に味わえることの喜びを味わいたい。

SPONSOR LINK

-ムーガタとチムチュム

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.