パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー

ソイブッカオにSouthern Coffee(サザンコーヒー)屋台が登場

投稿日:

ソイブッカオ北側、テスコロータスエキスプレス前に新しいコーヒー屋ができている。
ショッピングモール内でよく見かける、Southern Coffeeだ。
屋外の持ち帰り屋台スタイル店舗は初めて見た。
さっそく利用してみた。

SPONSOR LINK

Southern Coffee(サザンコーヒー)

サザンコーヒー Southern Coffee (1)

タイ独自のチェーン店なのか、外国由来なのかは不明だが、タイでは増えつつあるコーヒーチェーン店だと思う。
パタヤでは、セントラルフェスティバル、ターミナル21、ビッグCエクストラ内に店舗あり。

ソイブッカオにオープンした屋台スタイルはちょっとめずらしい。

サザンコーヒー Southern Coffee ソイブッカオ

Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (2)

料金表
Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (4)

コーヒーをアップで
Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (3)

エスプレッソ:ホット40バーツ、アイス55バーツ
ラテ、モカ、カプチーノ:ホット45バーツ、アイス60バーツ
アメリカーノ:ホット40バーツ、アイス50バーツ
ブルーマウンテン:ホット50、アイス65バーツ

Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (8)

アイスコーヒー、いわゆるカフェイエンは55バーツ。

どローカル向けのコーヒー屋台と比べると割高だが、コーヒー専門店としてはこんなものかと。

ちなみにターミナル21内のサザンコーヒーの料金表がこちら。

サザンコーヒー Southern Coffee ターミナル21 (1)

ソイブッカオ店より総じて10バーツほど高い。

コーヒーだけでなく、最近流行りのバブルティーも種類豊富。

Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (5)

タピオカ入りで23バーツか。

屋台につき、持ち帰り専門で座る場所はない。
タイ人客が続々と買いに来ていた。流行っているなあ。

アイスカプチーノ

購入したのは、アイスカプチーノ。60バーツ。
甘くするかどうか聞かれたので、ワーンニッノイ(ちょっとだけ甘く)と答えておく。

Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (6)

3人分ほど待ってから完成。
かなり大きめの容器に入っている。重量感たっぷり。

部屋に持ち帰る。

Southern Coffee サザンコーヒーソイブッカオ店 (7)

飲み口がすっきりしている。
苦味と渋味は少なめで、なんともなめらか。
でも旨味はしっかりある。
甘さは控えにしてくれている。
無難なカプチーノで癖はない。でも、それだけに逆に癖になりそう。

ドリンク容器は、しっかりした作り。
数時間経過したあとでも、まだ氷が残っていて冷たいままだった。
大したものだ。
量が多いけれど、これなら時間をかけてゆっくり味わえる。

街角の移動屋台式のカフェイエンは20バーツとか25バーツと安いけど、コーヒーの風味はないし、氷が溶けると薄くなりすぎて飲めたものではなくなる。
その点、サザンコーヒーはいいね。
屋台の2,3倍の価格がするけど、まあ、まったくの別物ととらえたほうがいいと思う。

SPONSOR LINK



地図と周辺コーヒー屋

サザンコーヒーソイブッカオ店地図

サザンコーヒー屋台の近くのブッカオ常設市場には、Cafe Amazonがあるけれど、個人的な好みではAmazonよりサザンコーヒーのほうが好き。
価格はたぶん同じくらい。
Amazonは店内で飲める点で異なるが、持ち帰りにするならサザンコーヒーのほうがおすすめ。

また、ソイブッカオのさらに北側には、アラビカ種コーヒー豆利用のPangPond2号店があったが、つい先日、閉店してしまった。

PangPond2閉店

サードロードの1号店は健在。
アイスカプチーノが55バーツ。
サザンコーヒーとはまた違った味だけど、PangPondもおすすめ。

サザンコーヒーターミナル21パタヤ店

サザンコーヒーのセンタン店、ビッグCエクストラ店、ターミナル21店では店内飲食可能。
過去何度が利用経験あり。

ターミナル21店では、スイーツも販売している。

サザンコーヒー Southern Coffee (2)

ホットアメリカンが55バーツ。

サザンコーヒー Southern Coffee ターミナル21 (2)

濃厚すぎず薄すぎずでちょうどいいアメリカンコーヒー。
買い物に疲れたときに、ちょっと一息つくにはホットアメリカンが落ち着く。

これは、アイスカプチーノ70バーツ。

サザンコーヒー Southern Coffee (3)

やはり量が多めだし、エアコンの効いたターミナル21で飲みきるのは少ししんどい。
アイス系は持ち帰りにして、外や自室でゆっくり飲むのがよさそうだ。

まとめ

コーヒーの好みは人それぞれと言ってしまえば、それまで。
パタヤにはローカルコーヒー屋台がいくらでも出ているんで、自分好みのコーヒーを見つけるのも楽しみの一つだ。
ソイブッカオ界隈には、大手のチェーン店はCha Payomといった屋台系以外はほとんど見かけなかったが、アマゾンに引き続きサザンコーヒーも登場。
本格的なコーヒー競争が激化しそう。
屋台の2倍ほどの価格がしても、タイ人は意外と買っていくものだ。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.